新作

2004.11.09

ウクライナからの贈り物

しまちゃんさんからご紹介いただいたウクライナのショップから、オーダーした品物が届きました。
10月28日のオーダーですので、やはり10日程度でデリバリー。Hannantsより早いかもしれません!

続きを読む "ウクライナからの贈り物"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.10.04

懲りないヤツ…

モノ・コンで「締め切りあり」のコンペには懲りたと思ったんですが、どうも仕事や家のことを言い訳にして製作が進まないので、自分をモーチベートするために、テキサスさんご主催の「艦載機コンペ 2004」に参加することにしました(バカだね~)。

続きを読む "懲りないヤツ…"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.07.04

The Spirit of St. Louis 製作記-その2

しばらくRAFネタが続きましたが、今日は久しぶりに模型にさわれたので、The Spirit of St. Louis 製作記の第2弾をお送りします。前回の記事以降、ボチボチ基本工作を進めていましたが、一応サーフェーサーがけまでほぼ終わり、細部の部品をいじってます。

103_0350_edited 翼は長くプラの質も柔らかいので、補強材入れました。
103_0352_edited 見えないけど、機内フレームを一応再現しました。
103_0353_edited 椅子は籐製。エデュアルドの複葉機用をコンバート。
103_0359_edited 胴体と翼を組んだら、こんな感じです。シンプルでしょ?

次は塗装に入れそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.06.12

The Spirit of St. Louis 製作記-その1

まずは、Frog 1/72のLyan NYP "The Spirit of St. Louis"のキットを紹介したいと思います。古いキット(1960年代)なんですが、実にいい雰囲気!箱絵も、資料的価値はほとんどないんですが、見てるだけで作りたくなります。

103_0340_edited The Trail Blazersって副題がいいすね~。
103_0345_edited 箱絵の裏もクール。全然塗装の参考にならないけど。
103_0341_edited シンプルを地で行くインスト。ま、何とか組めるでしょう。
103_0343_edited で、これがパーツ。機首のバフがけも再現されてます!

次回は、製作に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.09

The Spirit of St. Louis

Frogの"The Spirit of St. Louis"が次回作になりそうです。Matchbox(Revell)のFiat CR42 Falcoが製作途中なんですが、前のコラムでも書いたように、リンドバーグの偉業にはロマンを感じます。Amazonで資料も手配したので届き次第、製作に入ってみたいと思います。

以前、takaさんが、「人を殺したことのない飛行機っていいよね」と仰っておられましたが、"The Spirit of St. Louis"はその典型。古き良き時代の飛行機を再現してみたいと思っています。

ちなみに、入手した資料はこの2冊。前者は、US Amazonから調達しました。

the_untold_story_of_the_spirit_of_st. Louis spirit_and_creator

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.01

LYAN NYP来ました

Models for Sales Ltd.で購入したFrog 1/72のLyan NYP "Spirit of St.Louis"が着きました。さすがに、パーツがランナーから外れていたりしてますが、60年代のキットとは思えない繊細なモールド…。機首には、一応バフがけまで再現されています。もちろん、現代のタミヤやハセガワのキットと比較するまでもありませんが、金型を作っている方の思いが伝わるような温もりのあるキットです。苦手の張り線も、塗装の塗り分けとかもないので、早速作ってみたくなっています。

続きを読む "LYAN NYP来ました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.25

「翼よ!あれがパリの灯だ」

なんてカッコいいタイトルですが、実はまた、レア物キットを購入してしまいました。今回は、Frog 1/72のRyan NYP "Spirit of St.Louis"とMonogram 1/72のBoeing F4B-4です。"Spirit of St.Louis"は、いうまでもなくチャールズ・リンドバーグが大西洋無着陸横断飛行に成功した機体です。「翼よ!あれがパリの灯だ」というジェームズ・ステュアート主演の名画で一躍有名になりました。実は、Testorの"Spirit of St.Louis"持ってるんですが、シリアル・ナンバーや"Spirit of St.Louis"の文字が、キットにモールドされていて、今一つ作る気になれなかったところ、60年代のFrogのキットをネットで見つけ、購入したもの。この時代のFrogのボックスアートは秀逸で、"Spirit of St.Louis"も思わず「かっこえ~」と思ってしまうのは私だけでしょうか?
SpiritofStLouis ← かっこえ~。これからパリに向かうんですね。

MonogramのBoeing F4B-4は、モノ・コン参戦用です。すでに、Curtiss Goshawkで参加を申し出ていますが、このF4B-4と、別に入手したCurtiss P-6E Hawkの1/72トリオで参加したいと思ってます(こんなちまちま飛行機ばかりでいいのかとも思いますが、主催者のとりさん・ダッズさん、よろしくお願いします)。Monogramは凸モールドですが、下手に筋彫りなんかしない方がいいと思ってます(どうせうまく筋彫りなんてできないし、1/72の複葉機ではよくわからないしと開き直る)。
F4B-4 ←かわいい艦上戦闘機です。P-12Eの海軍版ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.25

新作アップ

Matchbox 1/72のBoeing P-12E(95th Attack Squadron, U.S. Army)です(2004年4月製作)。今年の1月に暖房機の前で乾かしていた際に「大破」したもの。キットは最近、ほとんど見当たらないので、この週末に突貫工事して何とか修復できました。日本の90式艦戦と同サイズの小さな複葉機ですが、アメリカ陸軍独特のカラーリングが気に入ってます。

boeing_p12e_1 boeing_p12e_2 boeing_p12e_3 boeing_p12e_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.22

とか何とかいいつつ、また「ご購入」

       hawker_hart.jpg

イギリスのなじみのショップ Models for Sales Ltd. のサイトを物色していたら、なんとAirfixのHawker Hartを発見!超レア物だけに、即「ご購入」してしまいました(23ポンドだって。これは、Yakkoちゃんに何か言われるな。言われる前に言っとこ)。しかし、未だに出回るんですね、オドロキです。これで、Hawker Woodcock(AeroClub)、Hawker Hart(Airfix)、Hawker Demon(Airfix)、Hawker Fury(Matchbox)の四兄弟が揃いました(どれも作ってないって)。ハセガワのHawker Hurricane Mk. IIcもある(これも作ってないって)ので、「Hawker 戦前航空史」ができそうです。最近、めっきりアンティークキット・コレクターになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (71)

2004.04.19

Fiat CR42 Falco製作

先週末はコクピットを組み上げ、胴体を貼り付けて、尾翼を取り付けるところまで終了。下翼にエアインテーク(?)の穴あけなどの加工が必要ですが、全般的に組みやすいキットです。エンジンなども、このスケールにしては上出来で、プッシュロッドを追加する程度の工作で見栄えがよくなりそうです。来週には、全体が組み上がる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)