« ハンドレ・ページ O/400製作記-その2 | トップページ | キャメル祭-GRIFFONさん、2機目完成です! »

2009.02.14

ハンドレ・ページ O/400製作記-その3

005

内部構造。

バレンタイン・ディのせいだか何だか知りませんが、犬がハイパーで4時半から起こされ仕方なくブログの更新をはじめたKazuです、皆さんおはようございます。

どうもハナは最近早起きで、起きてからひとしきり遊んで、飯食って、そしてまた寝やがります(怒)。それで、睡眠不足な今日この頃…。

犬はさておき、O/400の方は、胴体を組み立てました。
(眠いせいか、画像のピントが全体的に甘いです(汗)。ご容赦ください。)

エアフィックスの歴史的キット、パーツのディティールはなかなか気合いが入っているけど、合いはもう涙もの(泣)。
単純な箱組みの機体なのに、あちこち削って、ポリパテ、プラパテ、瞬間接着剤を総動員して組み上げることになりました。

001 002

当然エッジがきっちり決まらないので、サンドペーパーから角を出します。600番位から1500番位まで、番手を上げて角を整えます。
私の場合、サンドペーパーは、400番から2000番まで両面テープでカマボコ板に貼って使っています(削りにくくなったら貼り替えます)。籠清のカマボコ板が使いやすいです(嘘)。
で、胴体が組み上がった姿が、こちら。

003 004

内部構造はこんな感じです。自己満足ですが、なかなかクラシックな感じが出ていていいかも(笑)。
こんな木と布でできた飛行機で、よく夜間爆撃に行ったもんですねえ…。

007 009

中身はこれで見納めです。機体上部のパーツを取り付けると、これだけしか見えません。
ただし、サイドの窓が大きめなので、少しはのぞきこめるような気がします(苦笑)。

010

次は、いよいよ翼の整形過程に入ります。

ハイパー犬は、さっきまで外をのぞいて、救急車のサイレンにう~う~唸ってましたが、さきほどお休みになりました(怒)。

006

|

« ハンドレ・ページ O/400製作記-その2 | トップページ | キャメル祭-GRIFFONさん、2機目完成です! »

Handley Page O/400」カテゴリの記事

コメント

おはようございますkazuさん
起こされてですか。。。お疲れさんっすw

僕の体内時計は睡眠3時間と決められたそうですが、出社時間となると勝手に延長が入るので困ったものですw

まっハンドレもワンコも手がかかって可愛いと言う事でFAでしょう(ニヤリ

投稿: | 2009.02.14 05:55

kazuさんこんにちは。
今日も模型日和ですね!合いは涙ものですか・・・このあたりは海外物が敷居がたかいなーと感じてしまうところです。サンドペーーパーはいままで紙のままつかってましたが、そうか、板につけるといいのですね。(memomemo)クラシックな内部にちょい萌えです。(^^)

投稿: 腹ペコ | 2009.02.14 16:03

こんばんは、kazuさん
内部、凝っていますね 精密感出ていて、窓から光が射せば見えそうです。
合いの方はアレでしたか… 
合いの悪いのもあれば、神がかったパチピタのキットもあるし
不思議なメーカーですね(笑

投稿: mabo | 2009.02.14 18:42

進んでますね。
河っちは暫くバイク道楽と自転車道楽に忙しくて・・・。
旧作アップが終われば、そろりそろりといじり始めようかと・・・。
WWⅠ旧作はあと両手を切ったので・・・。
でも大戦間もあるんで・・・。
何時になることやら。トホホ。

投稿: 河っち | 2009.02.14 22:19

こんばんは。
複葉機で張線でエアヒクスなのに臓物まで作るとは流石Kazuさんですね。
この続きも楽しみにしております。

後姿も綺麗なお嬢さんですね。

投稿: おとしぶた | 2009.02.15 00:17

早起きは三文の得、であります。
今回も流石の緻密で味わい深い内部構造。
これを見ているとカマボコが食べたくなって・・・

投稿: Limahl | 2009.02.15 02:05

おはようございます。
胴体が出来てきましたね~
中身の見納めの気持ち……よ~~っく分かります(笑)
カマボコ板ペーパー、いいアイデアですね。いただき!
さらにじっくりと、がむばってください

投稿: 作左 | 2009.02.15 03:20

こんにちは。
ここまで凝った作りなのに
組んじゃうと見えない所が悲しいですね・・・・・。

今回もkazuさんの塗りに注目です。
また新たな技が観られるか?

投稿: JW | 2009.02.15 16:08

かなりご苦労されてる様子がわかりますね(模型にもハナちゃんにも)
私もローデンのユンカースの胴体で苦労しましたがあれよりもっとデカイ(長い)んですもんね。お疲れ様です。

籠清は熱海の行きと帰りに店の前を通りましたが買いませんでした。でも釜つるのひものはしっかり買ってきましたよ。(笑)

投稿: ヒロシ | 2009.02.15 18:11

> 雪さん
いつもコメント、ありがとうございます。
今朝も4時半に起きやがりました(泣)。
まあ早起きすれば、色々なことをする時間が取れていいんですが、どうも熟睡感がないのがいただけません…。
ま、眠けりゃ昼寝するんですけどね(苦笑)。
しかし、雪さん、睡眠3時間でよくもちますね…。

投稿: Kazu | 2009.02.15 18:40

> 腹ペコさん
いつもコメント、ありがとうございます。
昨日今日と、いいお天気でしたね。ウチは奥さん孝行で、箱根の温泉に行ってました。
海外ものは、敷居が高いかどうかはさておき、当たり外れは大きいですね。
そこを弄って形にするのが、M的に楽しいという話もありますが(笑)。
サンドペーパー、これに水をたらしてパーツの整形をすると、エッジがきれいに出ますよ。

投稿: Kazu | 2009.02.15 18:43

> maboさん
いつもコメント、ありがとうございます。
内部構造は、ほとんどすべてキットパーツです。
これだけ凝ったことするのに、合いはダメダメというアンバランスがこのメーカーの魅力かもしれません(笑)。
確かに、不思議なメーカーです。

投稿: Kazu | 2009.02.15 19:40

> 河っちさん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ、静岡に出そうと思ってますので、ぼちぼちですが進めてます。
バイクや自転車が一段落したら、ぜひ複葉機戦線に復帰して下さい。
フェリクストウも期待してます!

投稿: Kazu | 2009.02.15 19:44

> おとしぶたさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや臓物はキットパーツなんで、とりあえず組みました。
貧乏性なんで、パーツがあると組まないといけないような気がして(苦笑)。
ハナのお尻は、ちょっと評判いいみたいです(笑)。

投稿: Kazu | 2009.02.15 19:48

> Limahlさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや今日も4時半起きで、六文くらい貯金がたまったかなあ(違)。さっき、昼寝して貯金はきだしました(泣)。
内部構造は、基本的にキットのデフォルトです。
カマボコ、美味しいですよね。今晩は、板わさを食べました。

投稿: Kazu | 2009.02.15 19:51

> 作左さん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ、機体内部ってのは、所詮自己満足で手を入れる部分なんで、仕方ないですね。
前に作ったウェリントンも結構ごちゃごちゃやりましたが、全く見えまへん(苦笑)。
まあ、自分としてはヴァーノンに次ぐ双発複葉機なんで、地道にやります。

投稿: Kazu | 2009.02.15 19:55

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ、見えなくなるのは残念ですが、自分なりに満足できればそれでいいかと(笑)。
それなりに大きな機体なんで、のっぺりしないよう外側の塗装にはメリハリをつけようと思ってます。

投稿: Kazu | 2009.02.15 19:56

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
海外キットは、ポリパテが必需品ですな(笑)。塗って拭いて削って磨いてで、ようやく箱型の胴体になりました。
熱海はいかがでしたか?暖かったですよね。
釜鶴の干物、美味しそうだなあ…。

投稿: Kazu | 2009.02.15 20:02

あー・・・。
難物の製作、ご苦労様です。
さすがエアフィクスという感じの合いですか。
うーん。以前、バッカニアで悩まされましたよ。
あれは大変でした(遠い目)

木板にペーパーは、バQの削り出しでは重宝します。
あれでガンガン削ると、すぐですよ。

投稿: 雪風 | 2009.02.16 22:43

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。
ええ、難物です。機体はまだしも、エンジンとか結構厳しそう…。
ていうか、これからは自作パーツが増えそう(苦笑)
まあ、エアフィックスなので、じっくりと作業します。
ばQ、楽しみにしてますよ!

投稿: Kazu | 2009.02.17 13:23

こんばんは
かまぼこ板作戦、ウチもやってますよ。
但し80番と120番が貼ってありますが(笑)
内部工作、ステキです。
キャビンは2階建てなのでしょうか?

投稿: ドカ山 | 2009.02.19 19:58

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
そうですか、D-Styleにカマボコ板サンドペーパーは必需品でしたか(笑)。
でも、80番と120番って、もう一桁違うじゃんって感じ(爆)。

キャビンは、中2階建てです。後部銃座のみ中2階にあって、その下は胴体下面の銃座になります。
胴体下面の銃座にはルイス機銃がセットされたみたいですが、ガンナーはおそらく座ったか腹ばいで機銃を打ったんだと思います。

投稿: Kazu | 2009.02.20 10:11

お疲れ様です。 せっかくの胴体内部が見えなく成るのは残念ですね。 しかも、ちゃんと組み立てるだけでも難儀するキット、最近の良くできた簡イの方がよほど楽に思えるんじゃないでしょうか(^^ゞ

 私は普段は自分には出来ないと思って複葉機に手を出した事は無いですが、当会の凧一会員や銀翼会の毛利会長の作品を見るにつけ、一度は挑戦して見たいと常々思っております。
 明日はお会いできるのを楽しみにしております(^.^)

投稿: Maj. AGGRESSOR | 2009.02.20 21:41

> Maj.AGGRESSORさん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ、胴体内部は自己満足の世界だと割り切ってますんで、表面処理が勝負かなと思ってます。
複葉機、Maj.AGGRESSORさんほどの技量があれば、意外と簡単だと思いますよ。
そのうち、ぜひトライしてみてください。

明日は、よろしくお願いします。

投稿: Kazu | 2009.02.20 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/44053609

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドレ・ページ O/400製作記-その3:

« ハンドレ・ページ O/400製作記-その2 | トップページ | キャメル祭-GRIFFONさん、2機目完成です! »