« ハンドレ・ページ O/400製作記-その1 | トップページ | ハンドレ・ページ O/400製作記-その3 »

2009.02.07

ハンドレ・ページ O/400製作記-その2

010

ゆるゆる進行。

立春も過ぎ少しずつ春の兆しも見えはじめた今日この頃ですがいかがお過ごしですか、Kazuです皆さんこんばんは。

公私ともどもバタついてますが、静岡まで100日を切ったということもあり、HP O/400、ゆるゆるですが進めています。

今日は天気もよい塗装日和だったので、機体内の工作・塗装を行いました。
筒型のものは燃料タンク、アブラムシみたいなものは胴体内に収容される爆弾です。機体内に組み込まれるので、さっくりと組み上げて、塗装しています。
スノコは後部銃座、座席は、なかなかご機嫌なクッションのモールドが入っています。

006 011

胴体内部の塗装は、桁とワイヤ部分にあらかじめフラットブラックでシャドウを入れて、まず桁の部分を中心にウッドブラウンを吹きます。
その後、帆布の部分を調色したセールカラーで塗っていきます。

007 009

で、一部の機体内のパーツを組み込んだのがトップ画像。ほとんどキットパーツで、エアフィックスの金型師の意地が感じられます。
窓はさすがにキットの透明パーツは苦しいので、透明プラバンを窓のサイズに切りだして、はめ込んでいます。

明日は、胴体を組み上げたいと思います。
さて、ムスメのハナは、冬の間にすっかり怠惰な犬になり、今日も毛布にくるまって寝ています(苦笑)。

001

|

« ハンドレ・ページ O/400製作記-その1 | トップページ | ハンドレ・ページ O/400製作記-その3 »

Handley Page O/400」カテゴリの記事

コメント

こちらも天気は良かったんですが
風が強かったです(冷たい風)

中々よさげなキットじゃないですか!
やはり自国の機体には力が入るんでしょうかね?(笑)

いつものkazuさんの塗装技術が炸裂ですね。
立体感がでていますね。
問題は機体表面の再現でしょうか?

がんばってください!

投稿: JW | 2009.02.07 22:25

なるほど、こんなふうに塗装していくのですね。今日は本当によい塗装日和でしたね(^^)多くのモデラーさんたちの作業が進んだことでしょう。

投稿: 腹ペコ山男 | 2009.02.07 23:01

今日は風が強くてなんだか花粉も飛んでいるようです(汗)
胴体内のものが完成するとあまり見えなくなってしまうのでしょうか?
この先も楽しみにしています。

投稿: ヒロシ | 2009.02.08 13:18

こんにちは、kazuさん 進んでいますね^^
BMの件ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
このキットはエアフィックスですよね? うちのスパルビエロは、こんなに愛のあるモールドは入っていませんでしたよ? フルマーの箱絵には撃墜シーンが描かれているし。なんか納得いかないです(笑
それにしてもお見事な塗りで綺麗なグラデで参考になりました。
なんかすごいモノが出来上がる予感が 頑張ってください!

投稿: mabo | 2009.02.08 16:21

こんばんは
実にお見事ですね
最近はちょっと枯れた感じがお気に入りですか?
スゴイの期待しちゃいます。
こちらもそろそろネタを決めねば。

投稿: ドカ山 | 2009.02.08 21:57

おはようございます。
静かに着々と進行しているご様子が伺えまする。
う~む、大物感が感じられてワクワクでございます(笑)
頑張ってください。

ハナ殿のキュートな目つきにキュンですた(笑)

投稿: 作左 | 2009.02.09 04:42

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ディティールは結構キアイ入ってるんですよ、このキット。
でも、合いはかなりキツいですねえ…。

内部の塗装はほとんど見えなくなっちゃうんですが、機体表面の塗装に応用するための練習をしています。

投稿: Kazu | 2009.02.09 11:55

> 腹ペコ山男さん
いつもコメント、ありがとうございます。
ええ、天気がいいので、引きこもって塗っておりました(違)。
しっかし、天気のいい日に全国のモデラーさんが引きこもって塗装してしてるって、それなりに笑えますな(笑)。

投稿: Kazu | 2009.02.09 12:29

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そうなんです、胴体内の工作は、ほとんど見えなくなってしまいますね(泣)。
でもまあ、そこは自己満足の世界ということで(笑)。
花粉、ご愁傷様です。お大事に。

投稿: Kazu | 2009.02.09 12:32

> maboさん
いつもコメント、ありがとうございます。
BMの件、こちらこそよろしくお願いします。そのうち、どこかでリアルにお会いしましょうね。
エアフィックスのこのキット、金型師の意気込みは感じられますが、パーツの合いはやはりエアフィックスですた(泣)。
現在、胴体の箱組みの合わなさに四苦八苦しております(汗)。
塗装はまあ、雰囲気重視ということで(苦笑)。

投稿: Kazu | 2009.02.09 12:44

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
枯れたのは自分自身だったりして(苦笑)。最近は、すっかり脂も抜けてきている今日この頃でゴザイマス。
スゴイのなるかどうかは、外側の塗装で決まりますね。
お互いに、がんばりましょう。

投稿: Kazu | 2009.02.09 12:46

> 作左衛門さん
いつもコメント、ありがとうございます。
う~ん、着々というか、とりあえずというか少し進みますた。
しかし、この先翼の整形やらエンジンの組み立てやら、まだまだ難関が待っております。
ハナは最近、すっかりだらけて、寒い日は朝の散歩も行きたがりません(苦笑)。

投稿: Kazu | 2009.02.09 12:48

胴体内部の塗装も一色でなく陰影があるの
ですね 見えなくなる所は手を抜いてしまうのに
見習わなくてはいけません まだ難関が待ち構えているようですが、乗り越えてください 

投稿: あきみず | 2009.02.09 21:33

どうもおはようございますっ。
綺麗にシャドウが入ってますね~。
キットのモールドを生き生きさせるのは最終的には塗装なんだよという見本のような気がしましたですっ。
PS.ハナちゃん・・・。和みますね~。犬君達って、天然ですもんね~(笑)

投稿: 小春好 | 2009.02.10 10:51

ご無沙汰してます。
久しぶりの書き込みです。

胴体内の塗装、凝ってますね。
こういった見えないところまでしっかりと作るところはさすがです。私だと、見えないところは手を抜いてしまうので・・・(汗)。
それにしても、爆弾は変な搭載の仕方ですね。
縦置きというのは変わってます。

今年の静岡、バQを持って行きますョ。

投稿: 雪風 | 2009.02.10 19:39

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、見えないところは塗らなくてもいいんだと思いますよ。ワタシも実は、見えそうなところしか塗ってません(笑)。
難関は地道に乗りこえていくしかないですね。
がんばります。

投稿: Kazu | 2009.02.10 21:45

> 小春好さん
いつもコメント、ありがとうございます。
どうも最近、絵画的な表現にこだわって、ちょっとくどめな陰影をつけたりしています。
まあ、金型師の思いを少しでも立体化してあげられればと思うのですが、パーツの合いは大変なものです(泣)…。

投稿: Kazu | 2009.02.10 21:53

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。
こちらこそ、お久しぶりです。
いや、ワタシも見えないところは手を抜きますが、この機体の場合、見えなさそうで見えそうで、ちょっと広めに塗ってみました。
静岡にばQですと!
これは楽しみです!

投稿: Kazu | 2009.02.10 21:54

塗装テクが参考になります。

ご存知のように自分は金属のエッチングをいじくり回すのが好きで四角で直角な戦車やスターウォーズ模型をとことんいじり倒していますが、最近
「複葉機の骨組みを金属で作って表面を薄いシート張りすれば、私好みの模型作業を楽しめそう。」
という妄想が頭から離れません。でもそんなことしたらタダでさえ少ない完成品がますます少なくなるので、絶対にそんな邪の道に手を出さないよう気をつけます。(笑)

投稿: うろたけ | 2009.02.13 19:04

> うろたけさん
いつもコメント、ありがとうございます。

> 「複葉機の骨組みを金属で作って表面を薄いシート張りすれば、私好みの模型作業を楽しめそう。」

見たいなあ、それ!(笑)。実際、ストリップダウンと称して桁構造をエッチングで再現したキットがあったと思います。
ぜひ複葉機の暗黒面に、金属加工で落ちてください(笑)。

投稿: Kazu | 2009.02.14 05:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/43986937

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドレ・ページ O/400製作記-その2:

« ハンドレ・ページ O/400製作記-その1 | トップページ | ハンドレ・ページ O/400製作記-その3 »