« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その6 | トップページ | ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その8 »

2008.09.22

ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その7

Img_0129

陰影。

いや阪神弱すぎで何もする気力のわかないKazuです、皆さんこんにちは。
今日はお休み。今年は夏休みを取っていないので、振替の休日をいただいて4連休を満喫しています。

で、プロ野球は、ジャイアンツが補強パワー全開で、タイガースを3タテ…。
もうすっかり元気のないトラキチの私ですが、気を取り直してこの休みはウェリントンを進めました。

まずは迷彩用の型紙作りから。
Warpaintの裏表紙にカラースキームが掲載されている機体を製作する予定なので、このページを1/72サイズに拡大コピーして型紙にします。

Img_0128 Img_0127

型紙やマスキングテープを使ってマスキングし、Mr.COLOR特色369番のダークアースを全面に吹きます。ダークアースの塗装に際しては、下地の黒がパネルラインや桁材のモールドに薄く残るようにしています。
その後、同じく特色361番のダークグリーンで塗り分け。特色のダークアースとダークグリーンは、ともに暗い調色なので、この後ハイライトを入れて明度を高めていきます。

Img_0130 Img_0132

基本塗装に若干のハイライトを入れて、ややくどめに陰影を出してみました。勢いで、デカールも貼ってしまったのが、この状態。

Img_0127_2 Img_0129_2

なお、たまたま秋葉原に出かける機会があったので、発売されたばかりのD/FループアンテナをQuick Boostのレジンパーツを購入しました。
どうもキットパーツの形状が気に入らなかったので、ちょうどいいタイミング。早速交換してみました。

Img_0129_3

この後、つや消しクリアを吹いて、ウェザリングにチャレンジです。

ところでウチのお嬢さんは、顔を胴もこんなに長くなりましたが、何となくウェリントンのような感じがしたので写真を載せておきます(笑)。

Img_0101


|

« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その6 | トップページ | ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その8 »

Vickers-Armstrongs Wellington」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
ウェリントン出来上がってきましたね。
どういう仕上げになっていくのか楽しみです。

で、唐突ですが。
ハナちゃん、可愛い~!(*´д`*)ハァハァ

投稿: Hood | 2008.09.22 17:03

お嬢様、ホントにウェリントンにそっくしかも。
…ああ、女の子に対して失礼な発言でしたか(汗

投稿: 躍人 | 2008.09.22 20:58

今晩は。
お~迷彩が素敵です。
私もこんなの作りたいです。
娘さんも大きくなりましたね(笑)。
うちの息子(犬のほう)もかなり大きくなったそうです(現在 単身赴任なので)。

投稿: satonobu | 2008.09.22 21:12

ウエリントンはちょっと暗めの色味がイカシてますね。
つや具合も絶妙です。
お嬢さんはとても器量良しですね。
毛並みのつや具合も絶妙ですw。
それにしても
こんな目で見つめられたらまいっちゃうなあ。

投稿: おとしぶた | 2008.09.22 23:52

こんにちは
ウエリントン、あと少しですね。
枯れた感じの塗装がステキです。
この辺はセンスの良さを感じる次第です。
やっぱり蛇の目ボマーはいいなぁと再確認する次第。

投稿: ドカ山 | 2008.09.23 13:08

> Hoodさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ウェリントンは元のキットがいいので、大体イメージ通りに組み上がりましたが、塗装は色々試行錯誤をしております(汗)。
ハナは、すっかり大きくなりました。

投稿: Kazu | 2008.09.24 13:23

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
そうなんです、ウェリントン、顔が犬系なんですよ(笑)。
ハナは最近ノーズが伸びてきたので、なおさら爆撃機に似てきましたねえ(苦笑)。

投稿: Kazu | 2008.09.24 13:25

> satonobuさん
いつもコメント、ありがとうございます。
迷彩は、まだまだ試行錯誤中です。何とかくたびれた感じの塗装を再現しようとしています。
単身赴任でワンちゃんに会えないのも、寂しいですね。
週末は足繁くご実家に!

投稿: Kazu | 2008.09.24 13:31

> おとしぶたさん
いつもコメント、ありがとうございます。
現在、フィルタリング中です。ただし、油彩だと乾くのが遅そうなので、タミヤエナメルで色々やってます。
おとしぶたさんの作品のような色の深みを出したいのですが、なかなかうまくいきませんね(苦笑)。
ハナは、結構がんばって毎日手入れしてますよ~(親バカ)。

投稿: Kazu | 2008.09.24 13:34

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
昨日Bomb bayをやっつけたので、最後の仕上げ段階に入っています。
表面の塗装にもう少し手をいれようかなと思っています。
久々の蛇の目ですが、楽しんで作ってますよ。

投稿: Kazu | 2008.09.24 13:36

こんにちは、kazuさん 
雰囲気ありますね かっこいいです
ここからさらに仕上げですか
どんな感じになるんだろう
楽しみにしています^^

投稿: mabo | 2008.09.24 15:54

全面黒に塗られた意味が解りました
パネルラインが残るようにするのですね ダークアースとダークグリーンは
どちらも暗いのですが色はそのまま
使われてますか 思うような色に
調合されたのですか

投稿: あきみず | 2008.09.24 20:54

> maboさん
いつもコメント、ありがとうございます。
AFVのように、ちょっとフィルタリングなどを試しています。
砂漠の機体なので、思い切ってウェザリングしてみようと思ってます、

投稿: Kazu | 2008.09.24 21:31

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ダークアースとダークグリーンは、ともに特色のビン生を吹いた後、徐々に明度を上げていきます。
ダークアースにはカーキを、ダークグリーンには薄松葉色を少し混ぜ明るくしたものを凸部に吹き、最後にこれらの色にさらに白を数滴加えたもので、ハイライトを入れています。
ウェザリングを終えた機体の様子を上の記事でご紹介していますので、ご覧ください。

投稿: Kazu | 2008.09.24 21:35

着々と素晴らしい作業で完成させられますね。
今回のウエリントンも楽しみにしております。
完成へ向け頑張ってください。
ps.皆さん同様^^ワンちゃん可愛いです!
癒されますね^^

投稿: QZQ | 2008.09.24 21:53

> QZQさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、全然着々じゃありません(汗)。
でも、このウェリントンは、色々試行錯誤させてもらってます。

PS. ウチの犬は、さっきまで逆切れして吠えとりました(苦笑)。癒されないときもあります。

投稿: Kazu | 2008.09.24 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/42557006

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その7:

« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その6 | トップページ | ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その8 »