« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その8 | トップページ | JMC2008に向けて-その1 »

2008.09.27

ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-完成しました!

Img_0137

砂漠のウィンピー。

最新のMG誌を読んでBMの皆さんはすごいなあと感慨を新たにしているKazuです、皆さんこんばんは。

Model Graphix 11月号には、BMメンバーのこの方この方のすばらしい作例に加えて、HMEの紹介記事にこの方この方の作品も掲載されています。

とくにBMの話が出ているわけではありませんが、知り合いの方の作品が模型誌に掲載されているっていうのは、本当にうれしいものですね。MGさん、素晴らしい作例および作品のセレクション、ありがとうございました。

さて、ウェリントンですが、ようやく完成です。
今回製作したのは、Vickers Wellington Mk.IC(T2508:LF-O of No.37 Squadron, Shallufa, Egypt January 1941)です。エジプトに配備された機体を作ってみました。

キットはトランペッターの1/72で組み立てにとくにストレスを感じることはありませんでしたので、砂漠を意識した、やや埃まみれのウェザリングに挑戦してみました。

Img_0137_2 Img_0138

基本色のダークアース、ダークグリーン、スペシャルナイトは、各々3階調の色を調色し、エアブラシで少しずつ明度を上げて塗り重ねています。
スミ入れの後、エナメル塗料の赤や黄色、緑色等の顔料部分を使って、フィルタリングを施し、大圏構造のリブを浮き立たせるために、バフでドライブラシを行っています。

Img_0139 Img_0140

その後、エンジン回りのオイル漏れや塗装の剥がれを書き込み、最後にフラットクリアを強めに吹いて白っぽく仕上げました。

Img_0141 Img_0142

細部は、ちょこちょことディティールアップ。
まずフロントおよびリア・ターレットの銃身は、ランカスター用のQuick Boostのレジンパーツに換装しています。

Img_0144 Img_0149

機体下面は、爆弾倉の扉を開きました。この辺りは、先々のディオラマを想定しています。
タイヤ回りはキットパーツのままですが、糸おもりでブレーキパイプを追加しています。

Img_0146 Img_0145

同スケールのハリケーンと比べると、そこそこ大きな機体であることがよくわかります。

Img_0143

静岡が終わって4ヶ月、ようやく完成した作品、それも久しぶりの蛇の目ボマーです。
今回は塗装で色々と試すなど、なかなか楽しんで製作できました。

さて、次は何に行きますかね!

|

« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その8 | トップページ | JMC2008に向けて-その1 »

Vickers-Armstrongs Wellington」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。
さすがKazuさん。
工作といい塗装といい素敵です。
次の記事も期待をしています。

投稿: satonobu | 2008.09.27 18:42

完成おめでとうございます!
いい塩梅に汚れていて素敵です。
リブの浮き上がり具合なんかたまりません。
お疲れ様でした。次作も楽しみにお待ちしています。

投稿: kpfw | 2008.09.27 19:13

完成おめでとうございます!
一見、砂漠に似合わないカラーリングですが、ウェザリングで一気に砂漠仕様になっちゃってますね。
この辺にKazuさんのセンスが出ていますね。
凄いです!
この先の、ジオラマも楽しみにしていますね!

投稿: みやっち | 2008.09.27 21:09

こんばんは。
完成おめでとうございます&お疲れ様でした。
フィルタリングとドライブラシの併用いい感じですね。
それと表現が奥深いというか塩梅もいい感じですね。
そうですか本買わなきゃ,知らなかったです。

投稿: mikami | 2008.09.27 22:37

おぉ 完成おめでとうございます!
かっこいいですね~~ ウェリントン フムフム
しっかし双発でもデカイですね! エンジンカウル周辺がまたたまらん表現で強い日差しを感じます。
いいなぁこれ・・・ お疲れ様でした^^

投稿: mabo | 2008.09.28 00:34

完成おめでとうございます!
リアルな砂埃り等々、塗装表現が素晴らしいです。
存在感たっぷり、もの凄く大きく見えます。
この様な見事な作品を仕上げるkazuさんだって相当に凄いっス。
あ、自分もMG買ってこよう。

投稿: Limahl | 2008.09.28 01:29

完成おめでとうございます&お疲れ様でした。
前回も書きましたがいやはや素晴らしい仕上がりです。Kazuさんならではのセンスが炸裂してますな(^^)
皆さんおっしゃってるように砂漠のディオラマ楽しみですw

投稿: yaszo | 2008.09.28 08:41

リブの浮き上がり感、いいですねえ。
中野構造さえ見えるような気がします。
ところで今回のMGの特集、しかも企画はあのkala-patterさんだったり。

投稿: rocketeer | 2008.09.28 11:31

完成おめでとうございます。
いつもながらの端正な仕上がりに脱帽です。
細部への緻密なこだわりや、汚しの塗装表現など、
「濃い」作業をスマートにこなしているあたり、
いつも、真似できないなと思ってしまいますよ。
お疲れ様でした。
あ、それとご紹介いただき恐縮ですm(__)m

投稿: BAEL | 2008.09.28 19:21

> satonobuさん
いつもコメント、ありがとうございます。
塗装は楽しく作業できました。今までにない作品になったような気がします。

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:03

> kpfwさん
いつもコメント、ありがとうございます。
リブのモールドは、キットの素性がいいからです。
でも、AFVチックな塗装が似合う機体かも(笑)。

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:04

> みやっちさん
いつもコメント、ありがとうございます。
何でこんな塗装で、砂漠に派遣したんですかねえ。
多分、夜間爆撃しかしなかったんだろうなあ。

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:08

> mikamiさん
いつもコメント、ありがとうございます。
AFVモデラーからみれば当たり前のことかもしれませんが、フィルタリングとかドライブラシとか、エアモデラーはあんまりやらないですよねえ。
何でかなあ…。

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:12

> maboさん
いつもコメント、ありがとうございます。
カウリング周りは、随分手を入れました。
なかなかイメージ通りにいきませんが、汚してしまえばあまりバレない(笑)。

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:15

> Limahlさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、それほどのもんじゃないですよ(汗)。
MG誌、みんなで読みましょう!

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:22

こんばんは~。ウェリントン完成おめでとうござ
います。なかなか味のある機体ですね~。

そういえばウチの近くの模型屋さんにはトラペ版
が無いかわりにMPMのがあるんですが、こちら
はどうなんでしょうか?トラペほどの精度は求め
ていないのですが、地雷キットだったらショック
ですので購入を迷っていたりします(笑)

投稿: ガビアーノ | 2008.09.28 21:23

> yaszoさん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあセンスはさておき、とりあえずディオラマは構想中の段階ですが、砂漠っぽいキャラクターを出演させようと思っています。

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:25

> rocketeerさん
いつもコメント、ありがとうございます。
やっぱし、kala-patterさんでしたか。
しかし、rocketeerさんの作例も、スゴい迫力でしたね。
あの金属感は、大したもんだと思いました。
いつか実物見せてくださいね。

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:30

> BAELさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いやいや、あのF-15見せられたら、汚しについてなんぞ語れませんよ(汗)。
しかし、お見事な作例でしたね。それも1/72というのもイケてます。
ダッズさんとの競作ってのも、またしびれました。
いつか実物見せてくださいね。

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:32

> ガビアーノさん
いつもコメント、ありがとうございます。
MPMのウェリントンも、なかなか味のあるキットだと思いますよ。
トランペッターのものよりモールドは甘いですが、プロポーションなどはなかなかいい感じです。
少なくとも地雷ってことはないと思いますよ(笑)。

投稿: Kazu | 2008.09.28 21:40

完成おめでとう御座います。
いつもながらに、一切妥協のない凄い作品ですね。完成写真をみておりと、作品も中に引き込まれそうです。
次作、何にされるのか、楽しみにしております。

投稿: QZQ | 2008.09.28 22:31

完成おめでとうございます。
久々なのにいつもの完成度、さすがですね!
細部工作もすごいんですが
塗装の表現がすごいと思いました。

次はなんですか?楽しみですねぇ~。
飛行機もいいな~・・・・・。

投稿: JW | 2008.09.29 18:01

亀コメントすいません。
又しても伝説が生まれた悪寒。
ディオラマがどう絡んでくるか楽しみ♪
誰かウェルズレー作って下さい。

投稿: ドカ山 | 2008.09.29 21:38

> QZQさん
いつもコメント、ありがとうございます。
それから、お返事が遅くなってすみませんでした。
お褒めいただき恐縮ですが、妥協しまくりですよ(汗)。よる老眼と所詮プラモという開き直りで、適当にやってます(笑)

投稿: Kazu | 2008.10.01 15:37

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
それから、お返事が遅くなってすみませんでした。
細部工作は、JWさんにはかないません。でも、塗装はちょっと新らしい試みをやってみたかも(笑)。
仕上がると、飛行機も楽しいですね。
次もまた、飛行機に行きそうです!

投稿: Kazu | 2008.10.01 15:41

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
それから、お返事が遅くなってすみませんでした。
伝説ってほどのものでは、ありません(汗)。
ディオラマ、色々と妄想中です。
現在、小物関係を物色中ですう。
で、
ウェルズレィ、君が や ら な い か ?

投稿: Kazu | 2008.10.01 15:44

こんばんは。
相変わらずの超町丁亀レス、すんまそん<(__)>
完成、おでめとうございます!
いい雰囲気ですね~
埃っぽさなんざぁ、すげぇ表現でやす!

おっと~~、秋刀魚の干物が焼けたので
失礼しまさぁ!
……来る?(笑)

投稿: 作左 | 2008.10.05 19:59

> 作左衛門さん
いつもコメント、ありがとうございます。
それから、こちらこそ亀レスですみませんでした。
埃は、まだまだ修行の余地大でございますよ。なかなか狙った効果には近づいていません。
で、
秋刀魚、いいなあ…。
沼津、ホントに行っていいんですか!?

投稿: Kazu | 2008.10.06 22:53

遅くなりましたが ウェリントン
完成おめでとうございます 砂漠の
ほこりにまみれた感じの表現がすごいです カウリングからタイヤまで
実感があります おつかれさまでした
次作にきたいしています

投稿: あきみず | 2008.10.10 21:31

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
それからお返事が遅くなってしまい、大変失礼致しました。
埃汚れは、画像にするとそれなりに目立ちますが、実際はそうでもないのです。
なかなか思い切ったウェザリングができず、いつも悩みます…。

投稿: Kazu | 2008.10.14 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/42611468

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-完成しました!:

« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その8 | トップページ | JMC2008に向けて-その1 »