« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その7 | トップページ | ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-完成しました! »

2008.09.24

ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その8

Img_0130

絵画的表現?

随分秋めいてきましたがいかがお過ごしですか、Kazuです皆さんこんばんは。
何となく食欲の秋で、飯も酒も美味くなってきましたねえ。メタボ度進行が気になる今日この頃です。

さて、ウェリントンはウェザリングに入りました。

ウェザリングの前に、ダークアースとダークグリーンは、それぞれカーキと薄松葉色で明度を上げたものをパネルの中心部に吹き、最後に各々にフラットホワイトを数滴加えたもので、ハイライトを入れています。

その後、AFVモデラーさんには常識かもしれませんが、いわゆるフィルタリングというものを施してみました。
翼面を中心に、ダークアースの部分には赤や黄色、ダークグリーンの部分には緑や灰緑色を斑状に置き、シンナーで伸ばしていきます。
普通は油絵の具でフィルタリングするようですが乾きが遅いので、今回はタミヤエナメルの顔料部分を、エナメルシンナーで円を描くように伸ばしていきます。

Img_0132 Img_0133

その後、大圏構造の骨組みを浮き立たせるために、エナメルのバフで軽くドライブラシ。最後に、フラットクリアを厚めに吹いて、砂漠の太陽にさらされた褪色感を出してみました。
下面は、自家製のスペシャルナイトを吹いた後、グレーを加えた明るいナイトでハイライトを入れています。
その後、アクリルのバフで、埃を表現してみました。

Img_0131_2 Img_0134

この後、細かなチッピングやオイル汚れを描き入れる予定ですが、ようやくゴールが見えてきました。
今週末には完成させたいと思います。


|

« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その7 | トップページ | ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-完成しました! »

Vickers-Armstrongs Wellington」カテゴリの記事

コメント

げ。やられた。
フィルタリング、ぼくも似たようなことを考えていたところです。
おそらく、イメージ通りじゃないですか?
素晴らしい。
印象派と呼ばせていただきますよ。

投稿: かと | 2008.09.25 00:18

おはようございます。
こりゃスゴイ!!
決まってますね。
ドライブラシがかけられる稀有なアイテムである大圏式構造を見事に仕上げられてますね
こういうところはセンスが光るなぁ。
さすがでございます。

投稿: ドカ山 | 2008.09.25 08:27

絵画的表現という言葉がしっくりきますね。
やはりセンスなんでしょうね。もう尊敬の眼差しでございますよ(^^)
どう転んでも私にゃできない部類の仕上ですもん(爆)

投稿: yaszo | 2008.09.25 16:52

こんばんは、遅くなりました。
すばらしい塗り具合ですね~。
ほんと使い倒した機体って感じがよく出てると
思います。
フィルタリング、エナメルでもいい感じに
決まるんですね。油絵の具って乾燥遅いですもんね・・・。スパートがんばってください!

投稿: JW | 2008.09.25 19:32

素晴らしい塗りですね!
QもKAZUさんのところで
修行させて貰わないと!
こんなに素敵な作品は、ジックリ眺めながら
お酒を飲みたいです。
美味しいでしょうね^^

投稿: QZQ | 2008.09.25 21:01

暗色立ち上げ いい感じですね
今度実物も見せてください

投稿: kisimoto | 2008.09.25 23:14

あともう少しですね。
手間をかけただけあって素晴らしい感じになってますね。
やはりセンスの良さを感じますよ。
あと一息頑張ってくださいね。

投稿: ヒロシ | 2008.09.26 00:06

> かとさん
いつもコメント、ありがとうございます。それからレスが遅くなり、すみませんでした。
いや、やられるほどのものではないかと(笑)。
なかなかイメージ通りにはなりませんが、フィルタリングは様々に色調が変わるので、面白いですね。
今までとちょっと違った作風になりそうです。

投稿: Kazu | 2008.09.27 13:58

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。それからレスが遅くなり、すみませんでした。
大圏構造は、確かにドライブラシが効果的かも(笑)。
センスの方は、どんなもんでしょうねえ(苦笑)。

投稿: Kazu | 2008.09.27 14:05

> yaszoさん
いつもコメント、ありがとうございます。それからレスが遅くなり、すみませんでした。
いや、yaszoさんのカーモデルやバイクモデルに比べれば、テキトーなもんですよ(汗)。
何となくナンチャッテの塗装法でゴザイマス(笑)。

投稿: Kazu | 2008.09.27 14:08

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。それからレスが遅くなり、すみませんでした。
エナメルの顔料部分を使ってフィルタリングしてみましたが、乾燥も早くなかなか使い勝手がいいですよ。
下地が適度につや消し気味だったのが、色の伸びを抑えて却っていい感じになったみたいです。

投稿: Kazu | 2008.09.27 14:19

> QZQさん
いつもコメント、ありがとうございます。それからレスが遅くなり、すみませんでした。
いや、修行だなんて滅相もありません(汗)。AFVがお得意のQZQさんからすれば、今さらながらのテクニックかもしれませんが、楽しんでやらせていただきました。
ええ、ニヤニヤしながらお酒飲んで眺めてます(笑)。

投稿: Kazu | 2008.09.27 14:21

> kisimotoさん
いつもコメント、ありがとうございます。それからレスが遅くなり、すみませんでした。
暗色立ち上げは根気がいりますね。なかなか発色しないので、薄い塗料を何度も吹き重ねることになりました。
でも、それが色味を多彩にして、結果的にはよかったかも(笑)。
今度、お見せします。

投稿: Kazu | 2008.09.27 14:30

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。それからレスが遅くなり、すみませんでした。
センスがいいかどうかはさておき、なかなか楽しく塗装することができました。
ほぼ完成したので、後ほど記事をアップします。

投稿: Kazu | 2008.09.27 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/42582170

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その8:

« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その7 | トップページ | ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-完成しました! »