« I号戦車A型製作記-その1 | トップページ | お買い物報告あるいは生存報告 »

2008.06.30

ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その3

Img_0301

梅雨本番。

元々こういう湿度の高い気候は苦手で模型も仕事もすっかり停滞気味のKazuです、皆さんこんにちは。

じめじめしていて、気分的にもパッとしませんねえ。なかなかエアブラシを吹く気にもならない今日この頃ですが、ウェリントンの方はちまちまながら工作を進めています。

キットが48のスケールダウンということもあり、細部は十分なディティールです。
脚庫や旋回機銃などは、ほぼ素組みでこの出来上がり。あとは、ちょっとしたディティールアップと塗装でいい感じに下げられそうです。

Img_0303 Img_0305_3

ただ、何も手を入れないのもちょっと物足りないので、主翼のフラップを下げることにして桁材をCMKのエッチングパーツで再現しました。まあ、あんまり見えないとは思うんですが、自己満足ということで(笑)。
エンジンもパイピングやら支持架やらを加えましたが、これもタウネンドリングをかぶせると、ほとんど見えません(苦笑)。

Img_0302 Img_0304

主翼が組み上がったら、塗装の工程に移れそうです。

あ、皆さんからたくさんのアドバイスをいただいた1号戦車も、それなりに進んでいますよ。
一応、履帯も含めて車体下部はできあがりました。これから上部構造の組み立てに入ります。

Img_0306 Img_0307

それからご報告を1件。
前の記事に対するコメントで、rocketeerさんからもご紹介いただきましたが、今月発売のマスター・モデラーズ誌の静岡レポートに、拙作96式陸攻の写真が掲載されました。

Img_0311

こういう形で作品を採り上げていただいたのは初めての経験ですが、モティベーションが高まるものですね。
マスター・モデラーズ誌さん、ありがとうございました。

|

« I号戦車A型製作記-その1 | トップページ | お買い物報告あるいは生存報告 »

Vickers-Armstrongs Wellington」カテゴリの記事

コメント

そうそう。モデルアートじゃなくてマスターモデラーズでした。買ってないのがばれちゃうなあ…
対向ページにはkisimotoさんのIL-28もありますね。
知人の作品が誌面になるのは、ちょっと嬉しい出来事です。
ウェリントン、ディテールが秀逸ですね。フラップ内側の桁は、技あり!塗装後を見せていただくのが楽しみです。

投稿: rocketeer | 2008.06.30 10:49

こんにちは
すごい事になってますね。
ディティール素晴らしい!
もう塗装に行けそうですね。
どんな感じに攻めるのか、興味津々で
ございます

投稿: ドカ山 | 2008.06.30 12:33

こんばんは。

この脚庫はいいですね。
MPMなんかこんなディテール無いですもんね。
「手を入れないのは物足りない・・・・」

さすが  暗黒卿   。

ドカ山さん同様 塗装が楽しみですね。

投稿: JW | 2008.06.30 21:28

う~ん、これはMPM@イタレリでは到底無理なディテール!
素直にトラペを作った方が無難な気がしてきましたよ。と言ってもすぐに作る予定はありませんが。(苦笑)

投稿: ヒロシ | 2008.06.30 21:38

こんばんは~。模型誌デビューおめでとうござい
ます!わたしもいつか載りたいなぁ。モデラーの
夢の一つですよね(笑)昔はマスモデを結構買っ
ていたのですが、最近は各号ごとの内容の濃さの
ブレが大きく、迷走してるなぁと感じてます。昔
のHJやMGのようなノリが好きだったので頑張
って欲しいです。

そういえば近くの模型屋さんにトラペ72ウェリ
ントンのエデュアルドマスク(タミヤマスキン
グテープと同じ材質のほうです)が置いてありま
した。もしよろしければお送りしますよ~。

投稿: ガビアーノ | 2008.06.30 22:18

> rocketeerさん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ、こうやって作品の写真を出してもらうと、うれしいもんですね。
ウェリントンはなかなかのディティールですが、ターレットを組み込んでから塗装しなければならないなど、決して組みやすいキットではありません。
この辺りは、国産キットに一日の長があるみたいです。

投稿: Kazu | 2008.07.01 22:23

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、塗装前に機首と最後尾のターレットを組み込まないといけないなど、ちょっと手こずってます(汗)。
でも、表面のディティールは塗装意欲を掻き立てますよ~。

投稿: Kazu | 2008.07.01 22:26

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
お怪我の具合は、いかがですか?
ウェリントンは、ちょっとパイピングしたり、プラ棒でディティール足した程度で、基本は素組みです(汗)。
塗装は色々イメージがふくらみますねえ。ちょっとウェザリング強めでいってみようかと。

投稿: Kazu | 2008.07.01 22:29

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
MPMも雰囲気はいいんですが、表面のディティールは、ちょっとクドめのラッパがいい味を出してます。
ま、そのうち作ってやってください!

投稿: Kazu | 2008.07.01 22:32

> ガビアーノさん
いつもコメント、ありがとうございます。
僕はマスター・モデラーズは定期購読してるんですが、確かに内容の濃淡は結構ありますね。
なかなか難しい最近の模型誌の世界(苦笑)。
エクスプレス・マスク、お気遣いありがとうございます。そんなに複雑なマスキングではないので、大ジョブです!

投稿: Kazu | 2008.07.01 22:34

ご無沙汰しております ウェリントン
着々と進んでいますね 胴体主翼の
モールドはすごいですこれはインパクトがあります 一つ一つをきっちり
作られるのはみらなわないといけません

投稿: あきみず | 2008.07.05 20:29

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
着々というわけにはいきませんが、トランペッターのキットは、モールドにメリハリが利いていて、気に入ってます。
これで、説明書の間違いが少なければいいんですが(苦笑)。

投稿: Kazu | 2008.07.05 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/41691747

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その3:

« I号戦車A型製作記-その1 | トップページ | お買い物報告あるいは生存報告 »