« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その2 | トップページ | ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その3 »

2008.06.14

I号戦車A型製作記-その1

Img_0290

閑話休題。

東北地方は地震で大変なようですが被害がますます広がっていて心配なKazuです、皆さんこんばんは。
被害に遭われた方々には、心中お察し申し上げます。

さて、この方も作っておられたAFV、この方のすばらしい作品を拝見して、思わず手をつけてしまいました。

ドラゴンの1号戦車A型です。元々好きな戦車なんですが、最近のAFVキット、すごいですね!
何だか箱の裏には、新機軸満載ということが書いてあるみたいです。
でも、何がSmart Kitなんだろう…。

Img_0291_2

部品もどっちゃり入ってます。これ、全部使わないといけないんですかね(汗)。

Img_0292

インストも、すげえ細かさ。AFVモデル、侮れず…。

Img_0293

で、とりあえずサルのように組み立てています。インテリアも全部あるって、すごいですねえ。
中学生のときに初めて作ったタミヤの2号戦車のことを思うと、隔世の感です。

Img_0294 Img_0295

塗装には、ガイアの塗料を仕入れました。車体が小さいので、ハイライトを強めにして塗ってみようと思ってます。

Img_0296

で、今の工程は、キャタピラ…。

何じゃこりゃあ!!

Img_0297

マジック・トラックってナニ?

|

« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その2 | トップページ | ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その3 »

Pz.Kpfw.I Ausf.A」カテゴリの記事

コメント

出戻りは戦車で始めたのですがドラゴンクオリティにはついていけませんでした。凄すぎですわ(汗)。
なもんで久々の戦車製作はタミヤ2号をと思っています。もちろん新しいやつです(笑)。
kazuさんの戦車製作楽しみにしています。

投稿: kpfw | 2008.06.14 21:36

私はこのパーツの物量作戦が恐くて、ドラゴンのAFVには手が出ません。
タミヤの古い2号はヨカッタ(遠い目)

投稿: 躍人 | 2008.06.14 21:51

このあたりのキットはどれだけ手を抜くかが楽しむ方法のひとつかもしれないと思っているので、ハッチを閉めるのでしたらインテリアはすっぱりと止めるのも
ってもう作ってますね、さすがKazuさんw。
ゆるゆるーっとお気楽に作ってください。
ウエリントンの箸休め程度の気持ちがお勧めですう。

投稿: Kazuさん、こんばんは | 2008.06.14 22:13

おやおや、Kazuさんも修行を始められた様で。

キャタピラパーツは引いた写真だと、スクラッチ奮闘中のプラ屑にも見えるのですが、これって不謹慎でしょーか?

では頑張って修行を終えられん事を!!

投稿: Limahl | 2008.06.14 22:20

いきなりの急展開にビックリです
インテリアもぎっしりなんて凄い。
あんなにエンジンの近くに座るんですね
戦車の中ってさぞ暑くて騒々しいのでしょうね
それにしてもこのキットの密度たるや
見ているだけでもお腹一杯になりそうです

投稿: ドカ山 | 2008.06.14 23:36

上のKazuさんこんばんは、はわたしです。すいません。

投稿: おとしぶた | 2008.06.15 00:31

おはようございます。
私は、AFVはタミヤに限る!と思いつつ、他のメーカーの出すアイテムに惹かれてつい浮気をしてしまい、その都度痛い思いをしています。
タミヤが出していない魅力的な車輌たちは、いっぱいありますよね~。

投稿: Hood | 2008.06.15 08:05

お~っと今度は戦車ですか!
私は小学生の頃によくモーターライズのを作りましたね。
リモコンだと結構遊べたな~。懐かしい…
それはさておき、ドラゴンのスマートキットでどこがスマートなんでしょうね。(笑)
私も箱の中を見ただけでお腹一杯です。さらにインストを見て気絶です。(笑)

投稿: ヒロシ | 2008.06.15 11:44

こんにちは。
おおお~!さすがドラゴン!
つくり応えも見応えもありそう。
やりだすとキリがなくなるので
お互いに端折って作りましょうね~~(笑)

投稿: 作左 | 2008.06.15 13:51

> kpfwさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ドラゴンは、もういいやって感じです(泣)。
タミヤの新2号戦車、実は静岡でテストショット見て、結構惹かれてます。
出たら、一緒に作りましょうね!

投稿: Kazu | 2008.06.16 19:08

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
そうなんですよ、恐るべし中華物量作戦ですう(泣)。
タミヤの初代2号戦車、懐かしいですねえ。
当時のAFV少年は一生懸命作りましたよ!

投稿: Kazu | 2008.06.16 19:10

> おとしぶたさん
いつもコメント、ありがとうございます。
実は…。どこまでがインテリアでどこまでがエクステリアかよくわからんので、結局全部組みました(泣)。
何か合いもイマイチで作るのが難しいキットですねえ…。
箸休めというより、がっつりメインになってきましたよ。

投稿: Kazu | 2008.06.16 19:12

> Limahlさん
いつもコメント、ありがとうございます。
修行は苦手なんで、すでに放り投げそうな悪寒プンプンです(泣)。
キャタピラのパーツは涙なしには語れませんが、ランナーから切り出してあって、ゲート処理してあるだけすばらしいらしいです(汗)。

投稿: Kazu | 2008.06.16 19:14

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、企画倒れに終わりそうで、ヤヴァいです(泣)。
確かにインテリアのパーツを見ると、恐ろしい居住空間ですねえ。乗りたくはないですねえ。

投稿: Kazu | 2008.06.16 19:16

> Hoodさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、やはり出戻りは、タミヤにすればよかったです(泣)。
痛い思いは、嫌いですう…。

投稿: Kazu | 2008.06.16 19:17

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ええ、完全に消化不良気味です(泣)。というか、必要以上にパーツを細分化しているような気がしますね、このキット。
でもまあ、のんびりやります(汗)。

投稿: Kazu | 2008.06.16 19:18

> 作左衛門さん
いつもコメント、ありがとうございます。
で、作左さんみたいに上手くできないんですよう(泣)。
端折るにしてもどこを端折るか、さじ加減が難しく、昨日から飛行機に戻りました(汗)。

投稿: Kazu | 2008.06.16 19:19

ヒットラーの戦車はⅣ号ばっかり持ってますが、僕も同じキット買いました。
箱の絵もいいですよね。
作左衛門さんのブログと同じくkazuさんの製作記も参考にさせてもらいます。
秋に友達とAFVの展示会を千葉でやりますから是非ゲスト展示させてください!
お願いします。

投稿: TOMO | 2008.06.16 22:27

> TOMOさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ヒトラーの戦車といえば、その通りですよね。
展示会に出せるような作品になるかどうかわかりませんが、間に合えばお願いします~。

投稿: Kazu | 2008.06.17 22:16

kazuさんこんにちは。
自分のblogでTIGER-1型の覆帯作成は修行などとえらそうに書いてしまったことを激しく反省してしまいます。どんびきです。ドラゴンはミリタリーフィギュア系もこんなにパーツいるの?と思うくらい細分化されていて、萎えてばかりです。手を出すならTAMIYAの新作2号にしておきます、わたしは。(汗)

投稿: 腹ペコ山男 | 2008.06.22 08:40

> 腹ペコ山男さん
いつもコメント、ありがとうございます。
ドラゴンはですねえ、ホント恐ろしいパーツ数でですねえ。4号以上の戦車なんて、こわくて手を出せそうにありませんよ。
タミヤの新作2号は、皆さんの期待が高まって祭になりそうな悪寒ですね(笑)。

投稿: Kazu | 2008.06.23 17:04

はじめまして!Kazuさま
もっぱらAFVばかり作成している宮崎と申します。
>4号以上の戦車なんて、こわくて手を出せそうにありませんよ。
ということなのですが、じつは4号を頂点に複雑怪奇で、猛獣系はハコがでかくてドカーンドカーンとできちゃって、むしろ簡単なのですよ。
キャタピラとかパーツもでかいし。
1号2号はエキスパート向けのシブいアイテムなのでした。
気になったのでご紹介させていただきました。
失礼しました。

投稿: 宮崎 | 2008.06.25 14:03

こんばんは。
今月のモデルアート、ご覧になりました?静岡合同展レポートに、どこかで見た記憶のある96陸攻のディオラマの写真が、結構大きく載ってるんですよ。これ誰の作品でしたっけ。Kazuさんご存じないですか。うーんうーん思い出せないなあ…困ったなあ…

投稿: rocketeer | 2008.06.28 01:03

> 宮崎さん
こちらこそ、はじめまして。ようこそ拙ブログにいらっしゃいました。それからコメント、ありがとうございます。
そ、そうなんですか!?1号、2号がエキスパート向きということは、完全にキット選択ミスでしたね(汗)。
まあ、飛行機モデラーの気分転換に、のんびりまいります!

投稿: Kazu | 2008.06.28 12:51

> rocketeerさん
いつもコメント、ありがとうございます。
う〜ん、それはきっとモデルアートではなく、マスターモデラーズではないかと…。
でも、模型雑誌にああやって採り上げていただくと、モーティベーションは高まります。
いずれにせよ情報提供、サンクスです!

投稿: Kazu | 2008.06.28 12:56

マジックトラックは、要するにプラ製のキャタピラです。
が、今までのようにランナーから一枚一枚切り離す必要が無い上にバリも殆どないので「マジック」なんです。
出来上がると一号戦車は以外に存在感ありますよ。
完成樂しみにしてます。

投稿: cutnipper | 2008.07.13 17:32

> cutnipperさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そうですか、プラ製でかつ、ランナーから切り離されていて、バリもほとんどないから、マジックなんですね。
冷静に考えると、それってすごいことかもしれませんね。
製作の方は遅々として進みませんが、ゆるゆるとがんばってみます。

投稿: Kazu | 2008.07.15 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/41531802

この記事へのトラックバック一覧です: I号戦車A型製作記-その1:

« ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その2 | トップページ | ヴィッカーズ・ウェリントン製作記-その3 »