« キリ番企画その後 | トップページ | キリ番企画-結果発表! »

2008.02.05

96式陸攻製作記-完成です!

96ab0205_1

「1145、敵主力見ユ!」

転職して早1ヵ月半、さすがに忙しくなって模型製作もままならないKazuです、皆さんこんばんは。

いや馴れないのと色々あるのとでバタバタで、皆さんのブログにもほとんどコメントできず、ホント申し訳ありません(汗)。
更新情報でチェックし巡回はしているのですが、ROMのみで失礼をしております…。

そんななかでも週末の時間を使って、作りかけのハセガワ1/72 96式陸上攻撃機、ようやく完成しました。
製作したのは、96式陸攻22型(元山海軍航空隊、1941年12月)の帆足正音少尉機です。
ご存じの方も多いと思いますが、太平洋戦争初頭のマレー沖海戦時の索敵において、英国東洋艦隊のプリンス・オブ・ウェールズとレパルスを発見した機体です。

96式陸攻は塗装の剥がれが激しいので、下地に缶スプレーの銀を塗ってから基本塗装を行い、いわゆる銀剥がしで下地を露出させました(で、やりすぎました(苦笑))。

96ab0205_2_2 96ab0205_3_2 96ab0205_4 96ab0205_5_2

製作は基本的に素組みですが、コクピット等細部にはエデュアルドのエッチングパーツを使いました。
また機体前部およぶ側面の7.7mm機銃は、ファインモールドのメタルパーツに交換し、ガンサイトをつけてあります。
特徴のある機体後部の20mm機銃座は、キットパーツをシャープに削って使いました。

96ab0205_8 96ab0205_12 96ab0205_10_2 96ab0205_6_2

機体下面の爆弾架もエッチングパーツです。コクピット上部や、機首下部のハッチは開けてみました。
機首のピトー管は、金属素材に換えてあります。

96ab0205_7 96ab0205_11

帆足機の尾翼マーキングは世傑のカラー図に従いましたが、翼の黄帯は美幌海軍航空隊所属機のものと思われ、間違いの可能性がります(汗)。
まあ塗装に関する明確な記録は残っていないようなので、アクセントとして鮮やかに映える黄色にしてみました。
また下面も明灰白色という指定でしたが、96式は銀というイメージなので、グレーを混ぜてツヤを落とした銀を吹いています。

最後にBAELさんから、「モノクロで写真撮ったらリアルに見えるかもよ」ってなコメントをいただいてましたんで、一応モノクロ化してみました。
まあ、あまり変わり映えしませんな(苦笑)。

96ab0205_13_2

さて、いよいよ次は静岡アイテムの二式大艇に挑む予定ですが、間に合わなかったら、この96式をディオラマにしてもって行きますう(大汗)。

|

« キリ番企画その後 | トップページ | キリ番企画-結果発表! »

Type96 Attack Bomber」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。
仕事でお疲れのところ大変でしたでしょう。
とっても素敵でかっこいい出来ですねhappy01
気分転換に次回作も楽しんで作ってくださいね。
お疲れ様でした~

投稿: kpfw | 2008.02.05 22:59

完成おめでとうございます。
どうしてどうして、銀剥がれはいい雰囲気だと思いますおwww
職場環境が変わって大変でしょうが次回作も期待しております。

投稿: ヒロシ | 2008.02.05 23:17

完成オメデトウございます!
GJ!good
塗装の剥がれ具合も良い感じですねぇ。
二式大艇も期待させていただきますよ。

お仕事大変だと思いますが、風邪などひかれませんよう。

投稿: 躍人 | 2008.02.05 23:41

完成おめでとうございます。
Kazuさまは納得しておられないようですが、
銀剥がしは使い込まれた雰囲気がよく出ていて、
良い感じだと思います。

次は二式大艇ですか。
どのように作っていかれるのか、楽しみにしております。

投稿: Hood | 2008.02.06 00:00

こんばんは
またもや見せ場満載の素晴らしい作品!
なんだかんだで凄い迫力ですね。
細かいところまで神経が行き届いていて
ため息連発でゴザイマス。

投稿: ドカ山 | 2008.02.06 00:47

いい加減なコメントを入れてしまい
本当に申し訳ございませんでした。

完成おめでとうございます。
いやもう見事な素晴らしい仕上がりですね。
皆さん書いてらっしゃいますが、
銀剥がしは塗装のくたびれた感じと相まって
かなりいい感じだと思います。

お忙しいこととは存じますが、ご自愛ください。
次回作も期待いたしております。

投稿: BAEL | 2008.02.06 00:51

おめでとうございます。
この機体は、お坊さんが乗っていた機体
でしょうか?
ところで、銃座のクリアー部のフレームは
どうやって塗ってるのですか?
すっきり仕上がって良い感じです。

次は2式とのこと頑張ってください。

投稿: taki | 2008.02.06 07:25

完成おめでとうございます。
激しい塗料剥がれがいい感じではないですか。
すごく実機っぽさが出ていると思います。
爆弾架や下面ハッチがいいですね。
次回作、大いに期待してます!

投稿: 雪風 | 2008.02.06 13:43

完成おめでとうございます!
皆さんおっしゃってるようにディテールといい雰囲気といい素晴らしい仕上りです。私なんぞがコメントするのもおこがましいかと(^^;
しかし96式陸攻ってカッコいいですね。す〜っと伸びた主翼がいいなぁ(^^)
次回作も期待しております!

投稿: yaszo | 2008.02.06 19:58

> kpfwさん
いつもコメント、ありがとうございます。
キットの素性がいいので、ストレスなく組み上げることができたと思います。
次の二式は、かなりの難物になりそうですねえ…。
気分転換どころか、ストレスの元になったりして(笑)。

投稿: Kazu | 2008.02.06 21:54

> ヒロシさん
いつもコメント、まりがとうございまんた。
うまく言ってるようにみえれば、ギガントウレシス。
仕事は今は大変だけど、そのうち慣れると思うおっおっらいらいお〜。

投稿: Kazu | 2008.02.06 22:00

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
GJですか、お褒めいただき光栄です。
実はちょっと風邪っぽくて、すっかり二式はやる気のないワタシだったりします…。

投稿: Kazu | 2008.02.06 22:02

> Hoodさん
いつもコメント、ありがとうございます。
銀剥がしは、本当はもう少し控えめにしたかったんですが、まあいい経験になったということで。なかなか飛行機は、AFVのように汚すのもままならないように思えます。
二式大艇、間に合うかどうかわかりませんが、ぼちぼち始動します。

投稿: Kazu | 2008.02.06 22:06

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
細部はこだわれるところはこだわってみました。
実は、昨年の銀河以来の日本機です(笑)。
まあ、ハセガワのこのキットは、名作ですね!

投稿: Kazu | 2008.02.06 22:08

> BAELさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いい加減ななんてとんでもない!実は、モノクロでびしっと決めようと思ったんですが、いかんせん写真の腕がイマイチで、リアルさが出せませんでした。
ライティングとか、もっと考えんといかんなあ。
出来上がりは、キットの素性に助けられています。

投稿: Kazu | 2008.02.06 22:10

> takiさん
いつもコメント、ありがとうございます。
え、お坊さんが乗っていたんですか?それは知りませんでした。
ターレットのキャノピー枠は、実はデカールの細切りです。
曲面が多くマスキングが難しそうだったので、透明デカールに機内色→銀→迷彩色と吹き重ねて、細く切って貼っています。
デカールフィットを塗りたくると、結構がっちりつきますよ。

投稿: Kazu | 2008.02.06 22:16

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。
下部ハッチ、よく気づいてくださいました。ここはそれなりに手を入れています。
でもまあ、キットの素性がいいのでここまできました。
今度は濃緑色の機体もやってみたいですね。

投稿: Kazu | 2008.02.06 22:18

> yaszoさん
いつもコメント、ありがとうございます。
模型の出来はさておき、美しい機体ですよねえ。
アスペクト比の大きい翼、かぎりなく細い胴体、日本の飛行機デザインのレベルの高さを窺わせる飛行機です。

投稿: Kazu | 2008.02.06 22:20

96陸攻完成おめでとうございます
戦歴の機体そのものです 機体下面も
ハッチが開いているとまた感じが変わります デカールに機内色から塗りこんだのを細切りして張るというのはすばらしいアイデアですありがたく頂きます。

投稿: あきみず | 2008.02.07 20:49

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
デカール細切りは、マスキングが下手なので苦肉の策です。
零戦、銀河やランカスターなど、窓枠が多い飛行機は、ついついこの方法に逃げてます(苦笑)。

投稿: Kazu | 2008.02.07 23:00

こんばんは~。完成おめでとうゴザイマス~。
いやァ、渋い!かっこいいですよ!魚雷のような
ほっそりとした体型もいいですね。

次は二式大艇ですか。ハセガワが4発機ずいてる
のでリニューアルしてくれればと密かに願ってい
ます(笑)

投稿: gabbiano | 2008.02.08 20:55

毎度禿しく遅米スミマセン…

なんかいつもの作風と違いますね?
もちろん素晴らしい出来栄えなのは拍手な作品ですがチッピングは別にしてkazuさんにしては時間かけた部分と、サラリ流した部分の差が大きいような気がしないでもないような…

投稿: magus | 2008.02.08 23:06

> gabbianoさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そう、スタイリッシュな機体です!
二式大艇、リニューアル希望しますよ!
でも、そうなったら今のは絶対作らねえな(笑)。

投稿: Kazu | 2008.02.08 23:47

> magusさん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ、途中からちと手抜いたかも(汗)。
というか、しばしほったらかしにしてたんで、とりあえず完成急いだってのが真相ですっ!
でも、ディオラマにして静岡に持ち込むかも(笑)。

投稿: Kazu | 2008.02.08 23:49

大変遅くなりました・・・・。
完成おめでとうございます。
銀剥がれはコレくらいでもいいんじゃないでしょうか、日本機ってかなりひどい剥がれがありますもんね・・・。
次も日本機ですか?
お忙しいでしょうが、がんばってくださいね。

投稿: JW | 2008.02.10 23:35

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
どうもね、銀剥がしは、テキトーな部分もあって改良の余地大です。
次の日本機、二式大艇はちょっとヤヴァいかんじですねえ(汗)。

投稿: Kazu | 2008.02.11 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/40008227

この記事へのトラックバック一覧です: 96式陸攻製作記-完成です!:

« キリ番企画その後 | トップページ | キリ番企画-結果発表! »