« FG.1 ファントムII製作記-完成です! | トップページ | キリ番企画-いよいよカウントダウン! »

2008.01.20

96式陸攻製作記-その5

96ab0120_1

半年ぶりの復帰。

寒い日々が続きますが風邪などひいておられませんか、ええ風邪気味なKazuです、皆さんこんばんは。
どうも会社で部下がインフルエンザにかかったようですが、社内に広がらないと良いなあ…。何だかんだで、予防注射してないワタシだったりします(汗)。

それはさておき、ファントム祭りが一段落したところで、本来ならば静岡アイテムの二式大艇に着手しているはずですが、ぶつぶつリベットの機体をみているとその気も起きず…。

そういう心理状態なので、日本機の勘を取り戻す(笑)ため、半年ぶりにお手つきの96式陸攻をかたづけることにしました。
この96式陸攻、以前の記事で、いわゆる銀剥がしをどこまでやるかで悩んでいたもの。

結局、すでに剥がした左翼と同じくらい右翼もカリカリやりました。が、案の定やりすぎました(苦笑)。

96ab0120_2 96ab0120_3

でも、世傑の実機写真でも、96式陸攻は相当激しく塗料が剥離しているので、まあよしとします。スミいれしてつや消しのクリアを吹きました。
なお、細部にはエデュアルドのエッチングパーツを使っています。

96ab0120_4 96ab0120_5

機首はこんな感じで、ハゲハゲです(笑)。
側面の7.7mm機銃は、おなじみファインモールドのメタルパーツに換えてみました。

96ab0120_6 96ab0120_7

この後は、鬱作業のキャノピーのマスキング…。何とか今月中に仕上げたいものです。

【追伸】
かねてご案内しているキリ番企画ですが、カウンターはいよいよ330,000台に突入です。

皆さん、ぜひ狙ってください!


|

« FG.1 ファントムII製作記-完成です! | トップページ | キリ番企画-いよいよカウントダウン! »

Type96 Attack Bomber」カテゴリの記事

コメント

96陸攻の剥離こまかく出来ているので全然違和感がないです 細かく根気よくするのがいい結果を生むのですね
タイヤの接地面の白いのがうまくできてます オイルの漏れたのもアクセントになりません? 

投稿: あきみず | 2008.01.20 21:59

こんばんは。
>96式陸攻は相当激しく塗料が剥離している
ていうか、塗装が残ってる面積の方がすくないのでわ…
ですから、やりすぎってことはないと思いますよん。
キャノピー頑張ってください!

投稿: 躍人 | 2008.01.20 22:04

こんばんは
銀剥がし、実感があふれてますね。
コントラストのきつめの白黒写真にしたら、
かなり実機にみえるのデハ?とか思いました。

ワタシも風邪気味です
お体、お大事に。

投稿: BAEL | 2008.01.20 22:05

こんばんは。
銀剥がれは実機でも相当剥がれがひどいようですので無問題かと…。
むしろこのくらいの方がリアルで良いと思いますよ。
キャノピーのマスキング頑張ってください(枠!枠!)

投稿: ヒロシ | 2008.01.20 23:13

こんばんは。
残るはキャノピーの作業で完成ですね^^
ラストスパート頑張ってください。

お風邪早く治りますようにお祈りしています。

投稿: kpfw | 2008.01.20 23:19

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
あまり根気よくはやってませんが、ちまちまやるのがいいのかもしれません。
オイル漏れ!いいアイディアをいただきました。
エナメル塗料でやってみます!

投稿: Kazu | 2008.01.21 09:38

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、飛行機はあまり派手に汚すのは得意じゃないので、どの程度の塩梅にするかが悩ましいところです。
キャノピー、マスキング苦手なんだよなあ…。

投稿: Kazu | 2008.01.21 09:40

> BAELさん
いつもコメント、ありがとうございます。
銀剥がし、実感出てますか?実機を見たわけではないので、まあ脳内リアリティなんですが、パネルラインなどを意識しながら、カリカリやりました。
風邪、しつこそうなのでお大事に(お互いに)。

投稿: Kazu | 2008.01.21 09:42

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
どの程度ウェザリングをするか(逆にどの程度で止めるか)が微妙ですね。
AFVのようにがしがしに汚すのもスタイルじゃないので、難しいです。
キャノピーは、マスキングが憂鬱です…。

投稿: Kazu | 2008.01.21 09:45

> kpfwさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そのキャノピーが難関だったりします(汗)。
とくに操縦席は枠が多く、どういうマスキング手法が効率的か思案中です。
まあ地道にやるしかないんですが(笑)。

投稿: Kazu | 2008.01.21 09:46

こんにちは。
もっと派手にはがしちゃってもイイんじゃないすか?
なんて無責任なことを言ってみますよ。
二式大艇、さては余裕の完成が見えてるってことですね!うはは!

投稿: カトー | 2008.01.21 17:43

こんばんは
全体に満遍なくはがしたのが成功って感じですね!
質感たっぷり重厚な仕上がりですね
キャノピーマスキングは例の方法で楽勝ッすよ!

投稿: ドカ山 | 2008.01.21 21:15

> カトーさん
いつもコメント、ありがとうございます。
もう剥がさないよ〜だ。
二式はですねえ…。やばそうな悪寒プンプンですよ。
わはは(汗)。

投稿: Kazu | 2008.01.21 21:43

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
そうですか、万遍なくカリカリやったのがよかったですかね。
マスキング、ハイテクテープ法をトライしてみます!

投稿: Kazu | 2008.01.21 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/17766606

この記事へのトラックバック一覧です: 96式陸攻製作記-その5:

« FG.1 ファントムII製作記-完成です! | トップページ | キリ番企画-いよいよカウントダウン! »