« 伊19製作記-その1 | トップページ | ふたり祭り »

2007.08.22

伊19製作記-完成です!

I19_0821_5

キンギョ、発進!

ここのところプライベートで色々あって更新はおろか皆さんのブログにろくにコメントもできていないKazuです、皆さんこんばんは。ホント、不義理ばっかしですいません(汗)。

とはいいつつ、夜には模型する時間がそこそこ取れたので、伊19、とりあえず完成させてみました。

今回は、細かいところにできるだけ手を入れてみるというのが、課題。艦船はホントど素人ですが、資料本やネットなどを首っ引きで、プラ材、金属材、エッチングなどでディティールアップしてみました。
よくわからんところは、雰囲気重視でかなりフィクション入ってますので、よい子はマネしないでください(笑)。

I19_0821_2 I19_0821_4

で、途中の写真は端折って、完成したのがこのディオラマ(大汗)。
真珠湾攻撃前の偵察に出撃した1941年12月の伊19を想定し、カタパルトから搭載していた零式小型水偵(通称「キンギョ」)を射出したところをイメージしてみました(一応、Aviation Flashなので(滝汗))。
トップ画像にあるとおり、零式小型水偵はフロート支柱を0.2mmピアノ線と伸ばしランナーに換装、鮎釣り用の金属線テグスでアンテナ線も貼っています。当時は未だ雲形迷彩だったようなので、現在停滞中の96式陸攻の塗装に使った塗料を使いました。一応、ちょこっとハゲチョロも再現しています。

なお、伊19のアンテナやクレーン類はこんなに全部立てていないと思いますが、見栄え重視でつんつんさせています。

I19_0821_9 I19_0821_6 I19_0821_7 I19_0821_8

零式小型水偵の滑走車(晴嵐用なのでちょっとでかいです)やクレーンはピットロードとTom's Modelworksのエッチングパーツを使いました。手すりもTom'sのものですが、ラダーはライオンロアのものを使っています。
舷外電路は、0.4mmプラ棒でそれらしく再現しました。

I19_0821_10 I19_0821_11

アンテナ線は、いつものパンスト繊維。艦後部のかご型アンテナはTom'sのエッチングパーツですが、直径が1mm程度ということもあり、上手く円筒型にならずひしゃげた形になってしまいました。
艦番号のデカールはフジミの伊16のもので、最後の「6」をひっくり返して「9」にして貼りました(これ、なぜかカルトグラフ製なんです)。日の丸は脱着標識だったと思われるので、0.14mmのプラペーパーにデカールを貼ったものを貼りつけて、少し段差をつけています。

I19_0821_12 I19_0821_15

舵やスクリューガードは、エッチングパーツや金属線でディティールアップしました。一応、錆が浮いたように、少し赤錆塗装をしています。
なお、海面の波頭は、いつものブレンデットファイバーやらジェッソやらリキテックスシリーズでちょっと派出めにしてみました。

I19_0821_14 I19_0821_13

潜水艦は、楽しいです。まだまだ飛行機には戻りたくない今日この頃(笑)。

|

« 伊19製作記-その1 | トップページ | ふたり祭り »

IJN I-19」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
完成オツカレサマです!
今回もドラマチックですね。
ふわりと浮いた金魚と、色々な思いが錯綜する偵察任務の緊迫感が潜水艦の持つ隠密性とあいまって雰囲気抜群ですね。
今回もアイデアの勝利って感じですよ。
色々と大変な時かと思いますが、こんなときこそ
マイペースで行きましょう。
何か出来る事あればおっしゃってください。

投稿: ドカ山 | 2007.08.23 00:01

ウワ~素晴らしい出来栄えで溜息が出ますよ。
どうして?ここまで細かいところまで見える(笑)んでしょうね。

30代で老眼と言われた私には絶対に無理だな~でございます。

次は回天登載艦にしましょう(笑)。

投稿: 高○ | 2007.08.23 00:06

完成おめでとうゴザイマス。
1/700でアップにできる細部が、工作の丁寧さを感じさせます。
プライベートでいろいろ大変かと思いますが、息抜きも必要ですので、どんどん作りましょう、ってこの細かさじゃ、息抜きになってない気もしますが(笑)。

投稿: ウイングバック | 2007.08.23 08:58

おはようございます。
完成おめでとうございます&お疲れ様でした。
水偵が動きを出していて凄くいい雰囲気ですね。

投稿: mikami | 2007.08.23 10:24

私も潜水艦は8隻ほど作りましたが、700分の1のサイズだとあんまり面白くないと早々と挫折してしまいましたが、これはすごいですねー。実家からまだ作成していないWLシリーズを持ち帰ったので、次は艦艇系にしようかな・・・。おみごとです!

投稿: 腹ペコ | 2007.08.23 21:11

こんばんは
遅ればせながら、完成おめでとうございます。
いつもながらの繊細なモデルに、ちょっとうっとりしました。
って言うか、キンギョですか?凄すぎです。
こんな細かい作業、今まで以上に尊敬いたしました。

ともあれ、お疲れさまです。

投稿: BAEL | 2007.08.23 21:55

Kazuさん 完成おめでとうございます。
いつもながらの丁寧かつ素晴らしいディオラマ仕立てがいいですね。
自分も海面うまく作れればいいのにな~。
なんかうまくいかないんですよね・・・。
次も潜水艦シリーズですか?

投稿: JW | 2007.08.23 22:37

完成オメデトウございます。
例によって素晴らしいクオリティですね。
うーむ、どうやったらこんなに格好良いのができるのか。
とりあえず、私も艦船やろーっと。

投稿: 躍人 | 2007.08.23 23:59

完成おめでとうございます!
どんなジャンルでもレベル高いですね。感服いたしまする。
キンギョはホントビックリ! 張り線してあるんですもん(^^;
人がいないのにドラマを感じてしまうあたりに素晴らしさを感じてしまいます。

投稿: yaszo | 2007.08.24 08:45

毎度毎度素晴らしい完成度ですね。
やはりWLはただ飾るより海面を作ってディオラマ風にした方が雰囲気いいですね。
いや~良いものを拝見させていただきました。

次は96式に戻るのでしょうか?あちらも期待しちょります。

投稿: ヒロシ | 2007.08.24 14:34

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
今回いちばん難航したのは、実はキンギョだったりします(笑)。開戦前の緊張感とキンギョの長閑さがミスマッチな雰囲気を狙ってみました。
プライベートの方は、おかげ様で随分落ち着きました。ご心配をおかけしました。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:09

> 高○さん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
いや細かいところは心眼で見てますよ(笑)。画像にすると「へえ~、こんな風になってたんだ~」と変に感心する自分がいます。
回天…。「出口のない海」を読んで以来、どうも作る気がしないのですよね~。何かディティールアップすればするほど悲しくなりそうで。ですので、回天搭載艦はちょっとつらいかも…。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:14

> ウイングバックさん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
大丈夫です、息抜きは得意なんで(笑)、適宜気分転換しながら生きてます。
1/700の世界って、ホントに奥が深いですねえ。Navy Yardの作例を作るプロモデラーのテクニックには、頭が下がりますよ。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:16

> mikamiさん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
一応Aviation Flashなので、零式小型水偵には力を入れましたが、いちばんてこずりました(笑)。
フロート支柱も実はちょっと長さが違ってたりするし、アップにするとアンテナ基部に瞬着をつけすぎてるし、まだまだ修行が足りません(汗)。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:19

> 腹ぺコさん
コメント、ありがとうございます。こちらでは、はじめましてですね。お返事が遅くなってすみませんでした。
1/700の潜水艦は実は私も馬鹿にしてたのですが、なかなかどうして楽しいですよ。最近、Blog Modelersの間でもちょっとした艦船ブームのようなので、しっかりと感染してください(笑)。
これからもよろしくお願いします。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:21

> BAELさん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
BAELさんに尊敬されるようなテクはありませんが(汗)、1/700クラスだとスミ入れをやりすぎると汚くなってしまうようですね。肉眼では気にならないのですが、アップにするとちょっと目立つのに気がつきました。
キンギョは、今度72でしっかり作ってみたいと思っています。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:27

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
いやいや細部の組み立ては、JWさんにかないませんよ。空母の艦橋を作り変えたりできませんもの(笑)。
海面は、今回はタミヤの海面シートです。裏からクリアグリーンとクリアブルーを吹いて、ちょっと緑味を強くしています。波は、まあ雰囲気重視ということで(汗)。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:29

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
いや、潜水艦のように小さいからこそ、何とかなるのですよ(汗)。
ということで、HMSバラクーダ、大変期待しております。私は、戦艦や空母を作れる人は、「ネ申」だと思っておりますです、ハイ(笑)。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:31

> yaszoさん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
いやいや、テキトーなところはかなりテキトーなので、あまりホメられるとヤヴァいです(汗)。
キンギョの張り線は、結構必死でした(笑)。鮎釣り用の金属テグスなので、尾翼側は実は固定してません(というか、肉眼では見えてない)。
「人がいなくてもいるように見せる。」これは大変なことですよ!そんな簡単にできまへんって(大汗)。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:36

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
WLの潜水艦は、ディオラマにしないとかなり間抜けな感じになりますね、確かに(笑)。
本当は、海面からザバーッと浮上してくるようなシーンを作りたいんですが、逆にフルハルタイプじゃないとそれはできない。色々妄想はつきませんが、ぼちぼち飛行機が恋しくなってきてるのも事実です(笑)。

投稿: Kazu | 2007.08.24 17:39

こんばんは。
久しぶりの登場です。
潜水艦、小さいのによくここまで細かく・・・。見ているだけで目が痛くなりそうです(笑)。艦自体の出来もそうですが、波の表現がなんともイイ感じ。飛行機とは違って、船はベースがあった方が見栄えが良いですね。

投稿: 雪風 | 2007.08.24 22:34

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。お返事が遅くなってすみませんでした。
ヒロシさんへのお返事にも書きましたが、潜水艦はベースがないとちょっと間抜けな感じです。
細部はまあ、雰囲気で作ってますから(笑)。

投稿: Kazu | 2007.08.26 17:50

伊19完成おめでとうございます
700の零式水偵を迷彩の塗りわけ
されるのは至難の技ですよ気合が入っているのが分かります 洋上走行の感じが良く出ています 青いシートの上に置いてる私のとでは躍動感が違います 海面シートを試して見ます

投稿: あきみず | 2007.08.27 22:54

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。零式小型水偵の塗り分けは、まあ「何となく」というところもあるので、あまり自慢できたものではありません(汗)。
1/700の小型艦艇は、やはり海面シート等の上に乗せた方が見栄えがよくなるようです。あきみずさんもお試しください!

投稿: Kazu | 2007.08.28 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/16206195

この記事へのトラックバック一覧です: 伊19製作記-完成です!:

« 伊19製作記-その1 | トップページ | ふたり祭り »