« 伊168製作記-完成です! | トップページ | 伊19製作記-完成です! »

2007.08.13

伊19製作記-その1

I19_1

視力の限界への挑戦…。

世の中お盆休みで海や山へお出かけの方も多いと思いますが、暦通りの仕事のKazuです、皆さんこんばんは。

お休みはいいなあとうらやましく思いつつも、ガラガラに空いた地下鉄で通勤するのも意外と好きだったりします(苦笑)。

で、独り潜水艦祭り、2隻目の製作に入っています。

今回製作するのは、南太平洋ソロモン海域で米正式空母ワスプおよび駆逐艦オブライエンを沈め、戦艦ノースカロライナを大破させた武勲艦の伊19です(6本発射した魚雷のうち3本がワスプに、オブライエンとノースカロライナに各1本が命中)。

伊19は、巡潜(巡洋潜水艦)乙型(伊15型)の3号艦で、キットとしてはフジミのイ15があるのですが、細部がアバウトでエッジもダルいため、あまり使いたくありません。
ということで、今回は、巡潜乙型改(伊54型)の同じく3号艦であるタミヤの伊58のキットをベースに先祖帰り(?)の改造を施します。細かいところに手を入れて体力(視力)の限界に挑戦です(笑)。

トップ画像は、艦橋のアップ。
艦橋は伊58と伊19では形状がかなり異なるので、フジミのキットからコンバートしました。窓枠および連装機銃をエッチングパーツに替えましたが、潜望鏡やループアンテナはタミヤのキットのパーツをそのまま移植しています。

艦首・艦尾の舵およびスクリューガードなどは、エッチングパーツや金属線・プラ棒でディティールアップしましたが、いかんせんパーツが小さく目がついていかないため、瞬間接着剤をつけすぎたり、違うところにつけてしまったりで、この辺りは今後の反省材料です(すでに視力の限界を痛感(泣))。

I19_2 I19_3

今回の目玉は、通称「キンギョ」として有名な零式小型水偵のディティールアップ。
キットパーツのままでも十分雰囲気はあるのですが、パーツのフロート支柱を一旦切り落としてから、0.2mmのピアノ線および伸ばしランナーを使ってフロート支柱をそれらしく作り、胴体に装着しました。アンテナ線も細い伸ばしランナーで加工しています。
やはり画像にすると細部のアラが目立ちますねえ(泣)。プロペラは、ジャンクのエッチングパーツから見つくろいます。

I19_4 I19_5

さて、この後は舷外電路を取りつけて、サーフェーサー吹きに移る予定です。

閑話休題。

I19_6

先日、この方からステキな支援物資をいただきました。フィン空のバッファローです。
実はこのキット、ヤフオクで競り落とそうとしたのですがお相手がなかなか手強く、結局あきらめたもの。その話をHoodさんにしたところ、早速ストックからお送りいただきました。
Hoodさん、本当にありがとうございました。必ず作ってお見せしますね。それから、この御礼jは、いずれまた!

|

« 伊168製作記-完成です! | トップページ | 伊19製作記-完成です! »

IJN I-19」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
これは気合いの入った改造ですね。
視力の限界は存じ上げませんが、被写界深度の限界に挑戦ですね(笑

バッファロー…どうしてハセガワさんは定番化してくれないのでしょう。

投稿: 躍人 | 2007.08.13 21:30

零式小型水偵が2機もよくピアノ線で
フロートの支柱を作りましたね 艦橋も細かくめがねを使ってもこんなにはうまく出来ないでしょう。この2機が
甲板に並ぶ姿が楽しみです

投稿: あきみず | 2007.08.13 21:40

こんばんは。
潜水艦の改造なんてなんかすごいですね~。
資料もないと出来ないでしょうし、気合入ってますね!

私も最近は視力の限界を感じています。おじさん同士がんばりましょう。(笑)

投稿: ヒロシ | 2007.08.13 21:59

細かい作業!凄いです。

見えないことを良いことに省略手抜きで楽しんでますが、こんなのにも一度挑戦しようかな?って気にさせられましたよ。

でも、だめそうだな~(笑)。

投稿: 高○ | 2007.08.13 23:10

Kazuさん こんばんは。
勢いを感じますね~(笑)
相変わらずの細かい工作ですね。
伊19がどれくらいの大きさの潜水艦か
判りませんがこの工作はかなり大変そうですね。

今日は実家に行って来ましたが
途中の都内の暑さには参りました・・・。
もう無理です自分には・・・。
結構仕事してるサラリーマンが多かったですね。
自分は休みは明日までですんで
明日がんばります。

投稿: JW | 2007.08.14 00:01

いや~、相変わらずの緻密な工作ですね。
ある程度の年齢になっていれば、視力の衰えは
程度の違いこそあれ、皆一緒のはず。
すばらしいチャレンジスピリッツです。
私は視力の衰えを、繊細な工作を放棄する格好の
口実にしています。
反省。

バッファローは、喜んで頂けて何よりです。
某所でKazu様の「アツ~イ」の話しをうかがって、
それはそれでビックリでした。
オクでは、Kazu様とだけはぶつかりたくない。(笑

投稿: Hood | 2007.08.14 00:01

Kazuさんこんばんは。
これは・・・新手のプレイかなんかでしょうか?(笑)。
こういう細かな場所って必死に焦点合わせようとしてもなかなか合わなくてイラッとくるときあります。意味不明な場所に瞬着置いちゃったり。

あんまり目をイジメすぎない程度に(?)頑張ってください!

投稿: うすくり | 2007.08.14 00:38

おはようございます
お盆の通勤、妙に快適で結構楽しいですよね。
私もいつもの国道ががら空きでついついスピードが(苦笑)
さておき、なんかもう細部工作細かすぎてなにがどうなってるのやら。ただただ感心するばかりです。
私の場合視力はあっても気力がついていきません(笑)
完成楽しみにしてます。

投稿: BAEL | 2007.08.14 08:32

こんにちは
最近ちっともAviationじゃないような....
あ、零式小型水偵がついてるか(笑)
っていう突っ込みは置いといて、
今回も精密ですねぇ。素晴らしい。
私も視力の衰えを痛感
ここ2ヶ月で一気に進んでしまって、
72フィギアが塗れません(涙)
ウォーターラインは夢の夢(号泣)

投稿: ドカ山 | 2007.08.14 10:18

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
視力は限界みたい(泣)。肩こりが出てきました…。
ところで、ハセガワさんは、バッファローに限らず、売上のよいキットを定番化するなど、もう少しマーケティングリサーチに基づいた販売戦略をとってほしいですねえ。
ヤフオクみてれば、売れ筋がどの辺かはわかりそうなもんですが(笑)。

投稿: Kazu | 2007.08.14 10:30

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、フロート支柱をいじったのは1機だけで、画面向かって左にあるもう1機は、実物見本として素組みしたものです(汗)。
細かいところは雰囲気というか、「えいやっ」とやってるのが実態です。ホント、WLのスゴイ作例を作るモデラーさんには感服します。

投稿: Kazu | 2007.08.14 10:32

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
資料には、学研の「日本の潜水艦パーフェクトガイド」という本を買いました。この中に1/200の伊19の作例が出ていて、それをもとに工作してます(汗)。
視力はホント、やばいですねえ。2年ほど前に作った今のメガネ(遠近両用のようなものです)も、もはやダメです…。製作は、裸眼で気合ですっ(泣)。

投稿: Kazu | 2007.08.14 10:37

> 高○さん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや細かく作り込むことが正しいわけではなく、高○さんのように量産する楽しみ方もあるんだと思います。
実際作り込むといっても、所詮は艦船はシロートですし(汗)。
でも、ちまちま弄るのも、悪くないですよ(笑)。

投稿: Kazu | 2007.08.14 10:39

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、小さいからこそ、ちまちま弄れるのであって、空母とか戦艦のような大物は、絶対に無理ですわ。
東京はものすごーく暑いです…。温暖化の実態を痛感します。
でも大きい声では言えませんが、お盆シーズンはお客さんもお休みが多いので、それなりにヒマだったりします(笑)。

投稿: Kazu | 2007.08.14 10:48

> Hoodさん
いつもコメント、ありがとうございます。
視力の衰え…。無理がたたって、肩こりになりますた(泣)。まだ72の飛行機(除くエアのB1-B)の方が、はるかによく見えます(苦笑)。
バッファローの件、本当にありがとうございました。いやオクで熱くなるのは、Hoodさんには負けますよ(笑)。こちらも、対戦はご遠慮しておきます(爆)。

投稿: Kazu | 2007.08.14 11:03

> うすくりさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そう瞬間接着剤の機嫌次第で、ピタリと来るかどうかが決まりますよねえ。
でも、瞬着は少なすぎるとすぐ乾燥してつかなかったり、多くつけすぎるとキット表面を汚くしたり、なかなか難しいです。
目をいじめない程度にがんばりますね(笑)。

投稿: Kazu | 2007.08.14 11:09

> BAELさん
いつもコメント、ありがとうございます。
うん、通勤が快適なのはいいですが、暑さはたまらんですな。
WLはもう何をどこまでやっているのか、自分でもよくわかりません(苦笑)。
まあ最後は、自己満足とかいってテキトーに開き直るのが目に見えてますが(泣)。

投稿: Kazu | 2007.08.14 11:15

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
ええ、夏は海です、Naval Flashです(笑)。
というか、時々艦船を無性に作りたくなるんですよ。今年のマイブーム(死語)は潜水艦にしましたが、英国駆逐艦シリーズもいってみたいなあと思っています。
で、視力の衰え、きっと仕事がハードなんですよ。お休みの間に、ゆっくり養生なさってください。

投稿: Kazu | 2007.08.14 11:18

今晩は ウォーターラインが流行ってますね~。
緻密な工作さすがでゴザイマス。

この間、模型店で熊野を手にとって買ってしまおうかなどと考えましたが、お手つきが増えるので
また今度と戻しました(笑)。
私も模型を始めたのは艦船でしたので、今年、
一艘は作ってみようと思います。

投稿: satonobu | 2007.08.14 20:19

> satonobuさん
いつもコメント、ありがとうございます。
夏は艦船ですねえ。ちょっと本業の飛行機は、休憩中です。
satonobuさんもそのうちぜひ、作ってみてください!

投稿: Kazu | 2007.08.16 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/16098127

この記事へのトラックバック一覧です: 伊19製作記-その1:

« 伊168製作記-完成です! | トップページ | 伊19製作記-完成です! »