« AW Siskin IIIA 製作記-完成です! | トップページ | 伊168製作記-その1 »

2007.07.29

Westland Wapiti製作記-その1

Wapiti0729_0_2

大シカ。

梅雨明けかと思ったら今日もぐずぐずした天気ですがいかがお過ごしですか、Kazuです皆さんこんばんは。
蒸し暑いですねえ…。もうエアコンなしには過ごせないですよお。

シスキンでちょっと火がついた蛇の目複葉機熱。また、次のシルバー・ウイングを始めました。
今度はちょっと目先を変えて、CMR(チェコ・マスター・レジン)のレジンキット、ウェストランド・ワピティです。実機は戦間の軍縮期に生産されたもの。インドや中東で植民地反乱の制圧などに活用されたとのことです。ワピティは、大シカ(ヘラジカ?)の一種だそうです

レジンキットなので、まずは中性洗剤のオフロに入れて乾燥させます。上翼と右下翼に少し歪みがあります。それぞれ上反角がついているので、ドライヤーか何かで調整しつつ角度を戻そうと思います。

Wapiti0729_2 Wapiti0729_1

実はワピティは、個人的に昔から作りたかった機体です。かつて読んだスケビ(2002年7月号)に、ワピティのすばらしい作例(2001年英国IPMS最優秀航空機賞受賞作品)が掲載されていて、いつかこの作例と同じようにFrogのウェストランド・ウォラスから改造して作ってみようと考えていました。その後、CMRからこのキットが出たので、こちらで行こうということにしました。

Wapiti0729_3 Wapiti0729_4

まあレジンキットなので、ストラットなどは使いものになりそうにないので、じっくり手を入れて行こうと思っています。
え、96式?あ、同時並行で行きますよ(汗)。

|

« AW Siskin IIIA 製作記-完成です! | トップページ | 伊168製作記-その1 »

Wapiti」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
あんまり詳しくないので皆さんの記事で知ることが多いのですが、蛇の目の複葉って楽しそうな機体が多いですよね。
いつかは作りたいと思うのですが、こんなに負債(お手つき)を抱えてて、私はいつ作る気なんでしょう?

レジンキットは難儀だと思いますが、また素晴らしい作品をお願いします。

投稿: 躍人 | 2007.07.29 22:31

kazuさん こんばんは。
最近複葉機熱がそこらじゅうで発生してますね。
レジンの複葉機は大変そうですね。
(脆そうで・・)
そのうち参加させていただきますね。

今日は終日東京に居ました。
が、時間が無くプラモ屋は無しでした・・・。

投稿: JW | 2007.07.29 23:58

こんばんは。
蛇の目の複葉機の量産ご苦労さまです。
私も蛇の目の複葉機何か作りたいな~と思ってみたりします。

今度はレジンですか。どのように調理されるか楽しみです。

投稿: ヒロシ | 2007.07.30 00:03

こんばんは
うはっ、蛇の目複葉機ブームですか?
私もここ何ヶ月もずーといじってるので
ブームといえばブームだな(苦笑)
なかなか良いキットの悪寒ですね。
FROGの箱絵にしびれました。

投稿: ドカ山 | 2007.07.30 00:59

こんにちは!

これはまた素敵なヒコーキですね。
私、今日初めて知ったのですが、メジャーな機体じゃないでしょ、これ。
妙に惹かれてしまうプロポーションですよ・・・(ニヤリ)。

投稿: 笛吹 | 2007.07.30 12:34

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
蛇の目複葉機は、英国にまだ力があった頃だけに色々なバリエーションがあって面白いですよ。
そのうちぜひ、一つお試しください(笑)。
で、このレジンキットは、結構手がかかりそうです(汗)。

投稿: Kazu | 2007.07.30 22:02

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
う~ん、ストラットは全くダメそうだし、脚回りも金属化の必要がありそうですう。
でも、一度やってみたかった機体なので、楽しんで作ろうと思います。
ところで、東京遠征(出張?)は模型店なしで残念でしたね。

投稿: Kazu | 2007.07.30 22:04

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや量産とまではいきませんが、最近のマイブームです。
しかし、レジンの複葉機はちょっと手強そうです(汗)。

投稿: Kazu | 2007.07.30 22:06

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ一人ブームのようなものですから(笑)。
でも色々調べると、この機体ユニークな経歴の持ち主で英連邦で計500機以上使用されたようです。
FROGのウォレスの箱絵は、かなりいいですよね(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.30 22:10

> 笛吹さん
いつもコメント、ありがとうございます。
確かにメジャーではありませんが、結構縁の下の力持ち的に働いた飛行機のようです。
ご指摘の通り、プロポーションは新しくなく古くなく、かなり魅力的です(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.30 22:12

すごいチャレンジ精神ですね レンジ製のキットというのは作ったことがないのでどの様な方法で製作されるか楽しみです ぜひ作りたい機体があるのはすばらしいことです がんばってください。

投稿: あきみず | 2007.07.31 22:59

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
レジンの複葉機は、さすがに手強そうです(汗)。とくに翼などやたら弾力があって、どうも勝手がちがいます。
まあ、のんびり行こうと思いますので、ゆるゆるとお待ちください(笑)。

投稿: Kazu | 2007.08.01 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/15938858

この記事へのトラックバック一覧です: Westland Wapiti製作記-その1:

« AW Siskin IIIA 製作記-完成です! | トップページ | 伊168製作記-その1 »