« 96式陸攻製作記-その4 | トップページ | AW Siskin IIIA 製作記-完成です! »

2007.07.15

AW Siskin IIIA 製作記-その1

Siskin0715_1

ビバ! エアヒクスマッチボクス。

台風が猛威を振るっており近畿・東海地方は暴風域に入るようですが、皆さん大丈夫でしょうか、Kazuです皆さんおはようございます。
台風の被害に遭われた方には、心からお悔やみ申し上げます。

で、この方のすばらしいエアヒクスに刺激され、またぞろ浮気。96式のジミ~な銀剥がしに飽きて、マッチボックスのシスキンをはじめました。
BMでも、よくみるとこの方この方この方も作っておられるではないですか、複葉機!複葉機スキーの私としても、ちょっと気分転換をしてみようと思ったわけです。

キットはエアヒクスマッチボクスの逸品。機体表面のパネルや縫い目の繊細なモールドが素晴らしいです。コクピット組むのもメドいので、パイロットをぶち込んでいます(ただし、計器板は作りました)。

Siskin0715_3 Siskin0715_2

で、サーフェサー吹いて、銀のドープ塗装。一応、部屋の除湿をして、エアフィルターをかませて塗装しましたが、尾翼の裏側あたりは、少しカブってます(泣)。まあ、目立たないところなんで、ウェザリングでごまかそうそうしよう。

Siskin0715_5 Siskin0715_4

塗装がしづらい季節ですが、まあちびちび行ってみます。

|

« 96式陸攻製作記-その4 | トップページ | AW Siskin IIIA 製作記-完成です! »

Siskin」カテゴリの記事

コメント

おはようございますー
朝早いですねぇ~,
台風の最中で大変でしょうが頑張ってください。
前回の九六式からわずかな日数でここまでですか,見習って頑張ります。
今度銀ドープの解説を一つお願いいたします。

投稿: mikami | 2007.07.15 08:30

早速やってますですね。シスキンもいろんなマーキングがあって楽しいですね。張り線も少ないのですぐ出来そうな悪寒。ワタシはデーモンでもつくるかな?

投稿: toy | 2007.07.15 09:06

おおっ!いつのまにかシスキンを!
速攻で出来ちゃいそうな悪寒。
キットの出来はサイコーですね。
ビバ!マッチボックス!

投稿: ドカ山 | 2007.07.15 12:09

おや!いきなりこんなものを…(笑)
一方私のは72、48とも問題児で苦闘しています。でもなかなか楽しませてもらってますけど塗装はおろか完成まではまだまだかかりそうです。

投稿: ヒロシ | 2007.07.15 18:04

近畿地方には台風の影響は殆どなかったです 恵みの雨でした。いつのまにか塗装まできてますね 渋い色ときれいなモールドですマッチボックスのキットはスジ彫りは太くて今一つだったのですが、こんなキットもあるのですね。

投稿: あきみず | 2007.07.15 21:42

早速始めましたね。
自分も在庫のシスキンを仮組みしたり
してました(笑)
あんこくきょう様と張りあう気は
毛頭ありませんので他にしますぅ(笑)
いつか作ると思うので
その時の参考にさせて頂きますね。

投稿: JW | 2007.07.16 19:34

> mikamiさん
いつもコメント、ありがとうございます。
朝早いのは、ジジイになったせいなんですよ(泣)。どうも最近、朝5時半とか6時に目が覚めてしまうんです。
銀ドープは、大したことをしていません。クレオスの8番シルバーに、10%程度ライトグレイを足し、クリアを多めに(20%程度)加えて銀の粒子を定着させてます。

投稿: Kazu | 2007.07.16 21:27

> toyさん
いつもコメント、ありがとうございます。
シスキンは思ったより小さいキットですが、手を入れると引き立ちそうです。でもまあ、さっくり行こうと思ってます(笑)。
お次ぎはデーモン、ぜひイッてくださいまし。

投稿: Kazu | 2007.07.16 21:31

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
結構お気楽にいけそうな悪寒!さっきデカールをほぼ貼り終えました。
でも、ここから慎重にいかないと後で泣きをみますので、ゆるゆるいきますよ!

投稿: Kazu | 2007.07.16 21:33

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ファルコは結構大変そうですね。私も落ち着いたら、72をやってみたいと思っています。
色々大変そうですが、ゆるゆる行きましょうね。

投稿: Kazu | 2007.07.16 21:35

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
この頃のマッチボックスの英軍機キットは、なかなかの秀作ぞろいと聞いています。
このシスキンも表面は羽布の縫い目とかパネルとか、とっても繊細なモールドで、ちょっとうっとりしてます(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.16 21:37

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そんなそんな、張り合うなんてこちらが恐縮します(笑)。ですので、一緒に行きましょう、シスキン!
二人シスキン祭り、いかがっすか?

投稿: Kazu | 2007.07.16 21:39

激しく出遅れてしまいましたが、まずは、おはようございます。

複葉機はアンティークな感じがいいですよね。
複葉機には興味があって、それなりに在庫は持っているものの、どうも着工できない私です。
Kazu様はじめ皆様の製作記を、イメージトレーニングよろしく充分拝見し、いつかは取り掛かりますので宜しくお願い申し上げます。

投稿: Hood | 2007.07.19 10:53

> Hoodさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そうですね、アンティークな感じ、人と機械が共同作業で空を飛ぶ感じがいいですね、複葉機。
ワタシも最初はハードルが高いと思いましたが、やってみると意外と簡単ですよ。張り線の少ない、フィアット・ファルコ辺りがとっかかりやすいかも(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.20 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/15760581

この記事へのトラックバック一覧です: AW Siskin IIIA 製作記-その1:

« 96式陸攻製作記-その4 | トップページ | AW Siskin IIIA 製作記-完成です! »