« 96式陸攻製作記-その2 | トップページ | 96式陸攻製作記-その4 »

2007.07.02

96式陸攻製作記-その3

Type960702_1

梅雨明けず…。

蒸し暑い日々が続いていることを言い訳に依然更新もサボりがちなKazuです、皆さんこんばんは。

いやホント、ムシムシして過ごしにくいですねえ。夜もだらだら汗が出て、なかなか寝つけないような気がします。
で、96式陸攻もだらだらと進行中。

キャノピー以外の組み立ては、ほぼ完了。基本塗装を終えてデカールを貼った後、銀剥がしをやってみました。

Type960702_2 Type960702_3

ピンセットやニードル、タミヤの調色スティックなどを使い、カリカリ剥がします。一応、パネルラインを意識して、カリカリやりますが、テキトーにやってるので、とくに機首はちとやりすぎました(笑)。
必要に応じてタッチアップしながら進めようと思います。何とか7月中には完成させたいなあ。

|

« 96式陸攻製作記-その2 | トップページ | 96式陸攻製作記-その4 »

Type96 Attack Bomber」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ダイキャストモデルの塗装を削ったというか、金属表現が巧みですよね。自分が同じことすると、さらに下地のプラまで晒しちゃいそうです。
暑いのでごゆるりと。

投稿: ウイングバック | 2007.07.02 22:27

暑いですねぇ
寝苦しい夜は....あきらめて起きてます(笑)
96式、コリャシブイ。
なんだかいつもと違った雰囲気ですね。

投稿: ドカ山 | 2007.07.03 00:00

すごいリアルですねえ!こういうテクニックがあるんですね。下地の銀が一緒にはがれちゃったりしませんか?
機首、そんなにやり過ぎかなあ?個人的にはすごくいい感じに見えます。

投稿: rocketeer | 2007.07.03 09:34

96陸攻の実機はあり得ないくらいハゲハゲなのでババーンと行っちゃうのが吉なのでは。と、無責任なことを言ってみたりします。隣には当然一式陸攻ですね。

投稿: toy | 2007.07.03 12:08

こんにちはです。
銀のハゲチョロ、凄くいい感じではないですか。
機首周り、そんなにやり過ぎな感もないのではないかと。逆にちょうどいい感じがしますが。

投稿: 雪風 | 2007.07.03 14:25

ハゲチョロいいですね~。
これやりだすと結構面白くてついやり過ぎてしまうんですよね。
でも雰囲気はバッチリだと思いますお。
暑いのでユルユルとがんばりましょう。

投稿: ヒロシ | 2007.07.03 14:55

こんばんは
皆さん書いてらっしゃいますが、やりすぎくらいで丁度いいのではないでしょうか?
JALの747でさえ塗装が剥がれてるんですから(私の台湾出張記参照:笑)96陸攻なんてボロボロになりますよ。

投稿: 躍人 | 2007.07.03 18:20

> ウイングバックさん
いつもコメント、ありがとうございます。
軽くなでるように剥がすと、下地を傷めないようです。
今回は下地にタミヤ缶スプレーのシルバーリーフを吹いていますが、缶スプレーだけにやや厚塗りになったのがよかったかもしれません。

投稿: Kazu | 2007.07.03 21:40

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
ちょっと銀ハゲはやりすぎかなとは思いますが、今回は傷みを派手めにしてみようと思ってます。
でも、加減が難しいですね。暑いと根気も出ないし(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.03 21:44

> rocketeerさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ウイングバックさんへのお返事にも書きましたが、今回は下地の缶スプレーの銀が厚塗りになったのがよかったのかも。
なお、上に塗った迷彩色は、かなり薄いのを吹き重ねてます。
今のところは「やり過ぎ」とまでいかないかもしれませんが、どこで止めるか、「寸止め」が悩ましいところです(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.03 21:50

> toy師匠
いつもコメント、ありがとうございます。
茨の道を歩みつつ、リンゴでお返事書いてます。そうですか、派手にババーンとやるのが吉ですか(笑)。
で、なぜ一式陸攻もやろうとしているのを見抜かれたのですか(汗)。

投稿: Kazu | 2007.07.03 21:53

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。
そんなそんな、ちょうどいいなどといわれると、調子こいてカリカリやってしまいそうな悪寒ですよ。
まあ、人間何事も加減というのが肝要ですが、ついついヤリすぎる性格なんですう(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.03 21:59

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ハゲチョロ、ギザオモシロス。やりはじめるとやめられないお。
「すかしかしぱん」みたいにならないよう、ほどほどにするお。
おじさんには、しょこたんことばは痛すぎるお。

投稿: Kazu | 2007.07.03 22:02

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
そう皆さんに煽られ、もとい勇気づけられれば、思いっきりハゲチョロをやらないわけにいきませんね!
やりすぎて丁度いいくらい、がんがってみます!

投稿: Kazu | 2007.07.03 22:05

チッピング上手いですねぇ~
私はいつも目をつむる作業ですw
96陸攻には特に似合う気がしますね。
バランスをどう取るか難しい作業ですがkazuさんなら苦もないことでしょう。

投稿: magus | 2007.07.04 20:30

リアルなハゲチョロになってます カウリングもいい感じです なかなか根気がいりそうで 私なんか最後になるほど荒くなりそうです。タイヤも質感がでていますつや消しをたっぷりと入れるのですか?

投稿: あきみず | 2007.07.04 21:59

こんばんは。
ハゲチョロが巧みですね。
kazuさんは何作っても上手いですね。
日本機がしばらく続きそうですか?

こちらはちょい浮気中です(汗)

投稿: JW | 2007.07.04 22:37

> magusさん
いつもコメント、ありがとうございます。
96式はハゲハゲが激しいのでチッピングは避けて通れないと考えていますが、なかなかバランスを取るのに苦慮しとります(汗)。
まあ、後でフラットクリアを吹けば、多少やりすぎても収まるような気もしますが(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.05 12:14

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
根気!大きな課題ですね。すでに飽きはじめてます(笑)。
タイヤは、つや消しのジャーマングレイに近いグレイを吹いた後、タイヤ両面をマスキングして接地部分にアクリルのバフを吹いています。実感が出ていれば幸いです。

投稿: Kazu | 2007.07.05 12:17

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
お忙しそうですけど、お元気ですか~。いや、96式は静岡のリハビリにぱちぱち組めるキットとして始めたものです。次は、カタリナに行こうかと思っとります(まあ、あてになりませんが(笑))。

投稿: Kazu | 2007.07.05 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/15630098

この記事へのトラックバック一覧です: 96式陸攻製作記-その3:

« 96式陸攻製作記-その2 | トップページ | 96式陸攻製作記-その4 »