« 96式陸攻製作記-その3 | トップページ | AW Siskin IIIA 製作記-その1 »

2007.07.09

96式陸攻製作記-その4

Type96_0709_1

遅々として進まず…。

相変らず何かとバタバタしていることにかこつけてブログ更新も怠りがちなKazuです、皆さんこんばんは。

96式陸攻は銀剥がしの限度がわからず、収拾がつかない状態です(汗)。
パネルライン/リベットラインを意識しながら表面塗装を剥がしでいるんですが、リベットを打つのと同じくらい手間がかかります(大汗)。
リべットラインも最初はフリーハンドでカリカリやってましたが、ついにダイモテープやらハイテクテープやらを動員、スジ彫りのような作業工程になってます(滝汗)。

尾翼回りのように、さらっとやって止めておけばよかったかも(泣)。でも、ここまでやっちゃったら、地道に続けるしかありません。ハセガワのキットなんで、さらっと仕上げようと思ってたのですが…。

Type96_0709_2 Type96_0709_3

こういうときは、お買い物報告でお茶を濁します。

Type96_0709_4

「日本に昂ぶる」ついでにオクで仕入れた、一式陸攻。
96年ファーストロットの22型です。桜花を吊るした一式はあまりに悲しく作りたくないので、昭和19年ごろの機体にします。落ち着いたら、96式陸攻と並べてみようと思っています。

Type96_0709_5

で、この方この方この方も気にしておられるアニーことアヴロ・アンソン。スペホの1/72のキットに加えて、資料本、エッチングパーツとも準備して万全の構えです。皆さんで、機番の調整しましょうね(笑)。

|

« 96式陸攻製作記-その3 | トップページ | AW Siskin IIIA 製作記-その1 »

Type96 Attack Bomber」カテゴリの記事

コメント

塗装のはがしを全面に施すのはさすがに骨がおれるようですあまりにも細かいので、さらっと流すわけにはいきませんね。完成のあかつきには、これが
勲章になりますよ。一式陸攻も戦歴の
機体はハゲチョロです もっといい塗料はなかったのかな。

投稿: あきみず | 2007.07.09 22:35

たいへんだって
いいぢゃないか
あんこくきょうだもの

とい

投稿: toy | 2007.07.10 00:11

こんばんは
まさにさじ加減が大切って事ですね。
飲みすぎ、食べ過ぎに注意しましょう(違

アンソン祭り勃発ですか?
ウチにはエアのがありますヨ。

投稿: ドカ山 | 2007.07.10 00:19

一式陸攻、アンソンと、最近は双発機オンリーな感じですね。
それにしても、ハゲチョロは予想以上に手間がかかってますねぇ。

投稿: 雪風 | 2007.07.10 12:02

しゅうしゅうつかなくたって
いいぢゃないか
あんこくきょうだもの

かと

アニー、ぼくは前期型の予定だお。(^ω^)
ただ、クラエアのはギガント手間かかりそうだお(´・ω・`)
お祭りはシンドいお(´;ω;`)(´;ω;`)

投稿: カトー | 2007.07.10 13:54

銀を下地に塗って、上に迷彩塗装をして、さらにそれをカリカリ剥がす、と。
…根気が要りますねぇ。
蒸し暑さに負けず、頑張ってくださいませ~。

投稿: Hood | 2007.07.10 16:03

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ちょっとやりすぎました(笑)。今は、どこまでやるかで悩んでます。
しかし資料をみると、かなり塗装は剥げているのは事実ですね。そんなに塗料の質が悪かったんでしょうか…。

投稿: Kazu | 2007.07.10 22:09

> toy卿閣下

体験して
はじめて
身につくんだなあ

かず

投稿: Kazu | 2007.07.10 22:12

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
ええ、完全に飲みすぎ食べすぎ状態です(泣)。
アンソン祭り、

や ら な い か ?

投稿: Kazu | 2007.07.10 22:14

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。
最近は、単発機は視力がついていかないので、双発機にシフトしつつあります。
問題は、完成品が大きいことですう(苦笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.10 22:16

> カトー卿閣下

自分の
うしろ姿は
自分じゃ
みえねえんだなあ

かず

で、アンソン祭り、

や ら な い か ?

投稿: Kazu | 2007.07.10 22:18

> Hoodさん
いつもコメント、ありがとうございます。
根気のないあたしにゃ、キツい作業でゴザイマス(笑)。
蒸し暑さには、すでに敗北の悪寒…。

投稿: Kazu | 2007.07.10 22:20

こんばんは~。
剥がれ表現いいですね~、96は胴体シルエット
自体が魚雷っぽいので面白いですね(笑)

アンソンは今までエアの古いのしかなかったのに
ここ数年で急に充実しはじめましたね。イタリア
機といいチェコに足を向けて寝られません(笑)
今はワンフェスの準備で手一杯ですが、祭りがは
じまりましたら是非参加させてください~。

投稿: gabbiano | 2007.07.10 23:25

こんばんは、とりあえず生きてます。
ハゲチョロ続いてますね~。
リアルに再現出来てる所が凄いですね

さすがあんこくきょう!

日本機続きですね、やはり。

フライトパスのエッチングが珍しいですね。
海外通販以外は手に入らなそうですけど。

お互いバタバタに負けずにがんばりましょう。

投稿: JW | 2007.07.11 00:02

こんにちはー
ハゲチョロの道は険しいですね。
この表現があるので日本機は苦手でした。
大変そうですが楽しみにしていますので頑張ってください。

投稿: mikami | 2007.07.11 11:03

おやぁ?こちらでもアンソンだぁ!
箱絵カッコいいですものねぇ…
いっそのこと、まっ黄色なトレナー仕様は如何でしょう?

…欲しいなぁ(ボソっ
@禁プラモ購買中

投稿: magus | 2007.07.11 17:14

> gabbianoさん
いつもコメント、ありがとうございます。
96式は、シルエットが美しいです。その美しいシルエットと粗悪塗料のハゲハゲがアンバランスなところが魅力でもあります。
アンソン、私もなかなか手をつけられそうにないです。ゆるゆる行きましょう!

投稿: Kazu | 2007.07.11 20:36

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ハゲチョロ、茨の道ですよう(泣)。あんこくきょうも四苦八苦でゴザイマス。
フライトパスのエッチングは、東京の某模型店で売ってますが、通販で買わないとエラく高いですよ。
まあ、ゆるゆる行きましょう!

投稿: Kazu | 2007.07.11 20:40

> mikamiさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ハゲチョロの道は、ホント険しいですう(泣)。
まあ、どこかで折り合いをつけないと先に進みませんので、何とかしますう(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.11 20:42

> magusさん
いつもコメント、ありがとうございます。
あれ、購買抑制中ですか?(笑)。スペホのアンソンは、なかなかシャープなモールドで、96式をほっぽり出して手をつけそうですよ。
まっ黄色のアンソンもいいですが、下半分が黄色もいいなあ。

投稿: Kazu | 2007.07.11 20:45

Kazuさん、こんばんは。

97陸攻いいですね。一式陸攻とぜひ並べて見せてください。

それと、アンソン私も買いました。1/48ですがなかなかいいですね。Kazuさんが作ったら資料貸してくださいね(^^;)。

投稿: アルファ | 2007.07.17 21:54

> アルファさん
いつもコメント、ありがとうございます。それから、お久しぶりです。
96式は、ハゲチョロに疲れてちょっと休憩中です(汗)。
アンソンの資料、いつになるかわかりませんが、お貸ししますね(次の次あたりに作ります、多分)。

投稿: Kazu | 2007.07.18 22:47

しまった、97陸攻ではなく96陸攻でしたね。
97艦攻とごちゃ混ぜになっていました。

アンソンの制作記、楽しみにしています。

投稿: アルファ | 2007.07.20 08:05

> アルファさん
いえいえ、お気になさらずに。
アンソンは、そのうちやります、多分(笑)。

投稿: Kazu | 2007.07.20 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/15707114

この記事へのトラックバック一覧です: 96式陸攻製作記-その4:

« 96式陸攻製作記-その3 | トップページ | AW Siskin IIIA 製作記-その1 »