« 96式陸攻製作記-その1 | トップページ | 96式陸攻製作記-その3 »

2007.06.24

96式陸攻製作記-その2

Type96_0624_1_1

梅雨入り…。

なんだかんだで2週間も更新をサボってましたKazuです、皆さんこんにちは。

世の中、すっかり梅雨入りで鬱陶しい日々が続いてますが、あたしの方も模型製作はちと停滞気味でゴザイマス…。

とはいいつつ、この週末には手をつけていた96式陸攻を進めました。

基本的には、素組みですが、カウルフラップや機銃の軸受けはエッチングパーツに換装しています。

塗装については、今回サーフェーサーの替わりに、缶スプレーのシルバーリーフを吹いて下地としました。これは、96式は銀ハゲが激しい機体が多く、これを再現するための下地のジュラルミンを手っ取り早く仕上げると考えたから。確か、模型店ピンバイスさんのHPでも紹介されていた手法です。

上面は、パネルラインにカウリング色でシャドウを入れ、自家調色の「土色」をオーバースプレーしました。この後、明度を2~3階調あげてハイライトを入れる予定です。ただし、銀のハゲチョロを再現するために、薄い塗料を吹き重ねて、塗膜が厚くならないようにしようと思っています。

Type96_0624_2 Type96_0624_3

下面は明灰白色の指定ですが、何となく無塗装銀の方が僕的には96式らしいので、シルバーリーフの下地の上に、クレオスの8番やらアルクラッドやらを適当に吹き重ねました。この後、エナメル塗料でウォッシングして、輝きとツヤを落とす予定ですが、どうなることやら(笑)。今回は、結構アバウトに製作してます。

|

« 96式陸攻製作記-その1 | トップページ | 96式陸攻製作記-その3 »

Type96 Attack Bomber」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
実は大型機がすきなんでしょ?(笑)
陸攻も順調で何よりです。
中断していたとはいえあっという間に進みますね。週明けには塗装終了の悪寒。

投稿: ドカ山 | 2007.06.24 20:27

こんばんは
いつもながら、進行が早いのに隙がない
クールなモデリングですね。
シャドウの透け具合にちょっとビクっときました(笑

投稿: BAEL | 2007.06.24 21:08

なんだかんだ言いながらいつも通りサクッと進めていらっしゃるようですね。
こういう塗装法は私苦手なんですよ。どうしてもしっかり塗らないと気がすまない性質なんで・・・。でもこのような方法もいずれマスターしなければいけないですから参考にさせていただきますね。

投稿: ヒロシ | 2007.06.24 23:41

相変わらずの素早い製作ですね。
あっという間に完成してしまいそう。
それにしても、塗装がカコヨイであります。

投稿: 雪風 | 2007.06.25 01:40

おはようございます~
こういう塗装ってカッコいいですよねぇ
そっち方面のスキルが皆無な私は
どうやってるのかじっくり覗き見したくなりますよ(笑)

投稿: yaszo | 2007.06.25 09:37

僕もこの機体って、シルバーっぽいイメージが強いですね。昔LSから出ていたニッポン号のボックスアートがかぶってるのかもしてませんけど。
土色のトーンがなんともいえぬ美しさですね。
剥げの表現がどんな風になるのか、楽しみです。

投稿: rocketeer | 2007.06.25 10:50

順調に進んでますね 銀の上から黒の
シャドウをパネルラインに吹いた後に
どうなるのか興味津々です、塗料のはげは難しいですからどの様に処理されるかこれも見逃せません。ずいぶん参考にさせてもらってます。

投稿: あきみず | 2007.06.25 20:44

こんばんは。

え?いつの間に「その2」?
…あ、前回のupを見落としていた模様です(汗
いやはやお恥ずかしい…

rocketeerさんも書かれてますが、茶色が綺麗ですね。
アバウトでこの出来とは。
流石でございますね。

投稿: 躍人 | 2007.06.25 20:52

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、大型機が好きというより、目がついていかんのです、単発72機は(泣)。
キットの素性がいいので、サクサク進みますが塗装はさすがに時間がかかりそうです(笑)。

投稿: Kazu | 2007.06.25 21:11

> BAELさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、自分自身はクールには程遠く、最近とみに暑苦しいです(苦笑)。
シャドウは試行錯誤ですが、銀ハゲをしたいので薄めに吹いている効果が出たのかも。

投稿: Kazu | 2007.06.25 21:15

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いやヒロシさんに苦手とか言われると、さすがに赤面します(汗)。
私自身は、逆にきっちり綺麗に塗り分けるのが苦手だったりしますよ(大汗)。

投稿: Kazu | 2007.06.25 21:17

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。
塗装はまだまだこれからなので、もうしばらく完成まで時間がかかりそうですよ。
まあ、のんびりいきます!

投稿: Kazu | 2007.06.25 21:18

> yaszoさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、yaszoさんのようにきっちり下地を仕上げて、しっかり塗装するのが苦手なんで、自己流でやってます(汗)。
カーモデルをきちっと仕上げる方を尊敬する今日この頃…。

投稿: Kazu | 2007.06.25 21:22

> rocketeerさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そう、ニッポン号のイメージなんです!鉛筆型の胴体は、変な明灰白色より、やっぱ銀なんですよね。
これが一式陸攻なら明灰白色だけどね(笑)。

投稿: Kazu | 2007.06.25 21:25

> あきみずさん
いつもコメント、ありがとうございます。
今回は、塗料のハゲは実際にはがそうと思ってます。薄く上面色を吹き重ね、楊枝やナイフでカリカリやる予定です。

投稿: Kazu | 2007.06.25 21:27

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、更新が2週間振りなんで(汗)、なかなかその1とその2の間隔が開きすぎてしまって(大汗)。
土色は気に入ってますが、たまたまできた色ですう。

投稿: Kazu | 2007.06.25 21:29

スパンが長くて思ったよりも大変そうですがkazuさんが好きそうな翼のラインしてますねぇホントにカッコいい。胴体も美人だなぁ…とあっ、このコメント完成までとっておくんだったw
後は、キャノピー枠に同じ色がビシッと塗るのがキモそうですが頑張ってくださいませぇ^^)ノシ

投稿: magus | 2007.06.25 21:43

> magusさん
いつもコメント、ありがとうございます。
うん、ウイングスパンは、結構長いです。でも、このプロポーションはデザイン的にかなり秀逸だと思いますよ。
キャノピーの塗り分け…。言わないでくだちい(笑)。

投稿: Kazu | 2007.06.25 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/15543391

この記事へのトラックバック一覧です: 96式陸攻製作記-その2:

« 96式陸攻製作記-その1 | トップページ | 96式陸攻製作記-その3 »