« スーパーマリン・ストランレア製作記-その6 | トップページ | スーパーマリン・ストランレア製作記-その8 »

2007.03.04

スーパーマリン・ストランレア製作記-その7

Stranraer0304_1

翼が生えた。

気がつけば3月ですが公私ともどもバタバタ気味で、メンバーの皆さんのブログにはロクにコメントもできないKazuです、皆さんこんばんは。
ホント、不義理ばかりでスミマセン…。

そんな中でも静岡に向けて、ストランレア、遅々として進撃中です。
今週末には、下側の翼を仕上げました。まだウェザリングは施していませんが、デカールを貼った胴体にセッティングしました。

翼の金属部分にはアルクラッド、羽布張りの部分にはグレーを混ぜたクレオス8番のシルバーで、質感の違いを再現。下地をきっちり作ると、アルクラッドはよく光ります。
翼端のランディング・ライトもそれっぽく仕上げて、組み込んでいます。ライトのカバーは、その辺に転がっていた塩ビ板から絞りました。

Stranraer0304_2 Stranraer0304_3

機首回りの足置き(?)は、プラパーツではあまりにごついので、真鍮材をハンダ付けして製作。適度な細さと強度が確保され、いい感じです。
でも、キャノピーは絞る根性がないので、キットパーツを磨いてすませそう…(汗)。

Stranraer0304_4 Stranraer0304_5

さて、次の工程は上翼の工作と、いよいよ上翼のセッティングです。
さてさて、どうなることやら(笑)。

|

« スーパーマリン・ストランレア製作記-その6 | トップページ | スーパーマリン・ストランレア製作記-その8 »

Stranraer」カテゴリの記事

コメント

こんばんはです、kazuさん。
うおう
いつの間にか進んでらっしゃいますねえ
絶妙なグラデーション(?)もバッチリ決まってすごい精密感が出てますねえ
うむう
お仕事も模型もがんがってください~

投稿: のろかめ | 2007.03.05 00:09

こんばんは。
今日もさっきまで仕事してた者ですが、なにか。
進んでますね~っていつも同じようなコメントで
すみません・・・・。

足置きはやはり真鍮ですか・・・・。
参考にさせていただきます。
ランディングライトの中身はエッチングか何かで
しょうか?
あとキットのキャノピーも磨けば良くみえますね!
でも自分のばあい絞らないといけない悪寒です・・・・・。
がんばってください。

投稿: JW | 2007.03.05 01:25

こんばんわ。
毎度ながら、繊細な作業ですね。
ライトのパーツはなにから作られたのでしょうか?。
半田づけはやってみたい作業です。
いつかは・・・。

投稿: できやん。 | 2007.03.05 21:08

> のろかめさん
いつもコメント、ありがとうございます。お久しぶりですね。
進んでいるようで、まだまだ先は長そうです(苦笑)。
塗装は、これからまだ手を入れますよ。

投稿: Kazu | 2007.03.05 21:58

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
同じでも、コメントいただければウレシイですよ~。
足置き(or フェンダー?)は、真鍮にすると俄然強度が増しました。
ライトは、Griffonというメーカーのエッチングパーツです。Universal British Landing Lightという幾つかのサイズのライトのパーツが入ったものです。
で、
キャノピーは、JWさんはしぼらないとだめですよ~。だって、しぼるの上手いんだから(笑)。

投稿: Kazu | 2007.03.05 22:03

> できやん。さん
いつもコメント、ありがとうございます。
ふふふ、皆さんランディングライトに食いつきますね。上のJWさんへのお返事にも書いた通り、これはエッチングです。
ハンダ付けは、馴れると結構いろいろ応用がききます。やり方は、watanabeさんのブログで勉強しました。
こちらですう。

http://y-a-nabe.blog.ocn.ne.jp/photos/vol3/index.html

投稿: Kazu | 2007.03.05 22:07

こんばんは~。
白鯨に翼が生えたみたいですね。アルクラッドは質感
がそこらの塗料と違うとよく聞きますが、近くの模型
屋で結構なお値段だったので手がでていません(笑)
ミグとかに使うと映えそうなのですが・・・。

真鍮製の足置きも繊細でいいですね~。私もエッチン
グとか真鍮線の工作が上手くなりたいです。

投稿: gabbiano | 2007.03.05 22:10

> gabbianoさん
いつもコメント、ありがとうございます。
アルクラッドは発売当初は衝撃的な質感でしたが、今ではクレオスのメタル系も遜色ないように思います。
何かで読んだんですが、シルバーは塗装して乾かずたびに柔らかい布で磨くと、余計な銀粉が落ちていい輝きになるそうです。
真鍮線工作は、うまくいくときとそうでないときがありますねえ(苦笑)。

投稿: Kazu | 2007.03.05 22:16

こんばんは
コメント出遅れました(汗
いつの間にやらデカールまで!
スイッチは入ると神速ですね。
静岡スペシャル、気合入ってますねえ。
今から楽しみです。
私も何か仕込もうかなあ....ヒマだし(苦笑)

投稿: ドカ山 | 2007.03.05 22:30

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
デカールは、単調な作業に飽きたので、つい貼ってしまいますた。蛇の目がつくと、ちょっと気合入ります。
静岡に例の飛行艇はいかがでせうかと煽ってみますよ(笑)。

投稿: Kazu | 2007.03.05 22:41

うほ~、いつの間にか羽が生えてる!(笑)
しかしいつも感じるんですが作業が早いですね~。
で、こういう雰囲気のある機体をコレクションに加えたいといつも思ってるんですが、なかなか思うようにいきませぬ。(笑)

投稿: ヒロシ | 2007.03.07 18:28

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとございます。
作業の速さは、ヒロシさんの比じゃないっすよお。
まあ、雰囲気はありますが、なかなか手に負えないじゃじゃ馬ののようなキットですが(笑)。

投稿: Kazu | 2007.03.07 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/14135503

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーマリン・ストランレア製作記-その7:

« スーパーマリン・ストランレア製作記-その6 | トップページ | スーパーマリン・ストランレア製作記-その8 »