« 近況報告あるいはボーファイター製作記-その2 | トップページ | ブリストル・ボーファイター製作記-完成です! »

2007.02.04

ブリストル・ボーファイター製作記-その3

Beaufighter0204_1

リアルタッチの腹黒。

気がつけば2月ですが、寒さもようやく冬っぽくなってきたと感じるKazuです、皆さんこんばんは。
今日は寒かったですねえ。

で、ボーはこんな感じで、スミ入れなどのベースの汚し(?)が完了し、色々ウェザリングを試しています。

上面は、エナメル塗料を使ってフィルタリングを施し、パネルラインの中心部にはアクリルのフラットクリアを厚めに吹いて埃っぽさを出すのにトライしています。
下面は、これから。とりあえず薄いグレーで気流の流れにそってムラに細吹きした後、パネルラインの中心部に、やはりアクリルのフラットクリアを厚めに吹いています。
なお、今回は細部パーツも手を入れています。キットには、ホワイトメタルのPorcupine(ヤマアラシ)型排気管がついていますが、よりディティールのいいQuick Boostのレジンパーツに換えてみました。排気管回りは、バーントアイアンにゴールドのピグメントでちょっとお化粧してます。

Beaufighter0204_2 Beaufighter0204_3

今回は、実はネタ本があります。去年7月に発売されたMAの別冊「エアモデル ウェザリングテクニック」です。
その中に、タミヤ1/48のボーファイターの作例があります。迷彩スキームが同じなので、作例に沿って色々やってみたいと思ってます。

Beaufighter0204_4 Beaufighter0204_5

来週中には完成するかな。

|

« 近況報告あるいはボーファイター製作記-その2 | トップページ | ブリストル・ボーファイター製作記-完成です! »

Beaufighter」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
なるほど、白っぽく見えるのはフラットクリアでしたか。
確かにホコリっぽく見えますね。

もうすぐ完成ですね。がんばってくださいませ。

投稿: 躍人 | 2007.02.04 23:38

こんばんは
今回は作風がいつもと違いますね。
褪色とは異なるアプローチですか。
AFV的なテクニックなのかな?
枯れた感じが渋いですね。

投稿: ドカ山 | 2007.02.05 00:50

Kazuさん、こんにちは。
百戦錬磨って感じでイイですね~。
バーントアンバーはよく使うピグメントですが、ゴールドと合わせるとこんな色合いになるんですねえ。大変参考になります。

投稿: うすくり | 2007.02.05 11:05

フラットクリアでチョーキング表現は知りませんでした。
っていうか、その本持ってるのによく読んでませんでしたね。きっとパステルの粉を振るであろう今の私です。

投稿: toy | 2007.02.05 12:34

こんばんはー

この本を見てると
砂漠な某ファイターが作りたくなるんですよねえ

やはり本の作例のよーに
激しい汚れっぷりになるのでせうか?(・ω・)

投稿: しょぼんぬ | 2007.02.05 20:23

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
このフラットクリアは、エアクラフトカラーというスペイン製のアクリルです。
タミヤアクリルより、完全にツヤが消えるうえに、しっとりしたツヤ消しに仕上がるので、時々使います。塗り重ねで白っぽくするというテクニックも、ネタ本の受け売りですので、悪しからず(汗)。

投稿: Kazu | 2007.02.05 20:53

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
うん、今回はちょっとAFV的なウェザリング・アプローチですね。
ただ、どこまで汚すかは、かつてシーグラディエーターで痛い目をみたので、慎重に行きたいと思ってます。

投稿: Kazu | 2007.02.05 20:55

> うすくりさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、ピグメントをまぶすベースに、ラッカーのバーントアイアンを塗って、ピグメントのゴールドと黒鉛筆の粉を混ぜたものを筆でこすりつけました。
でも、金の粒子がちと粗いので、今ひとつ気に入ってません(汗)。

投稿: Kazu | 2007.02.05 20:57

> toy師匠
いつもコメント、ありがとうございます。
ややや、パステルとはすっかりAFVモデラーの風格!
私はパステルがどうも苦手で、今回もタイヤ周りにしか使ってません。
上手く使いこなすと、いい褪色感を出せると思うのですが…。

投稿: Kazu | 2007.02.05 20:59

> しょぼんぬサマ
いつもコメント、ありがとうゴザイマス。
そうなんですよ~、この本の影響で、砂漠ボーを作ってしまいますた~。
でも、72であんなに汚すと、ただ汚くなるだけの悪寒なので、ほどほどで止める予定っすよおおおお。

投稿: Kazu | 2007.02.05 21:01

kazuさん こんばんは。
いい褪色感ですね~。
強い日差しがジャンジャン降注いで
こうなりましたって感じがよく出ています。
クイックブーストの排気管もシャープですね。
自分も最近クイックブーストを買ってます。
まだ使ってないですが・・・・(汗)

仕上げがんばってください。

投稿: JW | 2007.02.05 23:39

こんばんは~。
完成まであと少しですね~。頑張ってください。
私飛行機モデルでもウェザリングをするということを
初めて知りました。戦車と違って整備員さんがピカピ
カにしているイメージがありましたので・・・。

奥が深いですね~。

投稿: gabbiano | 2007.02.05 23:58

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
砂漠迷彩は、白っぽくすると雰囲気が出るように思います。
で、クイックブーストに食いつくあたり、さすがJWさんですねえ。なかなか、ディティールのいいレジンパーツなので色々買い集めてますよ、私も(笑)。

投稿: Kazu | 2007.02.06 22:58

> gabbianoさん
いつもコメント、ありがとうございます。
私もこの1年ぐらいで、飛行機にウェザリングをすることを覚えました。
でも、AFVのように大胆にウェザリングするのも、ちょっと気が引けますね。
ほどほどにというあたりが悩ましいところです(笑)。

投稿: Kazu | 2007.02.06 23:01

こんばんは。
完成まであとちょっとですね。
それにしても、埃っぽい表現がいいですね。
レシプロ機だと汚しが似合いますね。
排気管周りもすごくいいです。

投稿: 雪風 | 2007.02.07 01:47

ご無沙汰しております。すあまです~

良いネタ本を教えていただきました。
ちょっと探してみようと思います。
WWI機のリネン部分をウェザリングするのが最近のお気に入りなのですが、なかなか加減が難しいですね。
ピグメントとかも敷居が高そうで手を出せずにいます。
kazuさんのように挑戦する気概を持ちたいです;
ではでは、完成楽しみにしております~。

投稿: すあま | 2007.02.07 15:25

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。
埃の表現はやりすぎると真っ白けになるので、塩梅が難しいですね。
まだ、どこまで汚していいものやら、試行錯誤の繰り返しです。

投稿: Kazu | 2007.02.07 15:52

> すあまさん
いつもコメント、ありがとうございます。
こちらこそ、お久しぶりです。
このネタ本は、ここまでやるか!というくらい汚してますが、いわゆる外人塗りの教科書としてはいいかも。
ピグメントは、飛行機モデラーには難しいですねえ。

投稿: Kazu | 2007.02.07 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/13790412

この記事へのトラックバック一覧です: ブリストル・ボーファイター製作記-その3:

« 近況報告あるいはボーファイター製作記-その2 | トップページ | ブリストル・ボーファイター製作記-完成です! »