« ブリストル・ボーファイター製作記-その3 | トップページ | スーパーマリン・ストランレア製作記-その4 »

2007.02.08

ブリストル・ボーファイター製作記-完成です!

Beaufighter0208_1_1

夜と砂漠の間で…。

暖かくなってきたと思ってつい油断して、また風邪気味のKazuです、皆さんこんばんは。

ブリストル・ボーファイター、結局ウェザリングはあまり汚くできず、ほどほどということで、とりあえず完成にしました(汗)。
製作したのは、ハセガワ1/72のキット。キットの指定通りのBeaufighter Mk,VIf(89th Squadron, Africa 1942-1943)の塗装としました。上面が砂漠迷彩、下面が夜戦仕様のハイブリッド塗装が魅力的な機体です。

Beaufighter0208_0_1 Beaufighter0208_2

今回は迷彩はすべてフリーハンド(汗)。上面のミドルストーンとダークアースは、白とバフを混ぜて、3階調で明度を上げて吹きました。
今回の課題は、ウェザリング。エナメル塗料で、パネルごとにフィルタリングを施しました。エナメルのフラットアースとバフの顔料部分を取り出しパネルの真ん中にポチッと乗せて、エナメルシンナーで色が見えなくなるまで伸ばします。
場所によっては、飛行機が飛ぶ方向にスジを残したり、あえてムラにしたりして、ニュアンスをつけました。
ただ、アクリルのフラットクリアを厚めに吹いたので、日焼けの褪色感は出ましたが、フィルタリングのニュアンスはほとんど見えなくなりました(泣)。

Beaufighter0208_3 Beaufighter0208_4

下面は、セミグロスブラックで下地を作り、自家製のスペシャルナイトを3階調ほどムラになるように吹きました。排気煙は、ブラウンの下塗りの上にグレーの色をどんどん薄くしてエアブラシで吹き付けて再現しています。
エンジン回りには、スミ入れ用のフラットブラック+レッドブラウン+ダークグレイを面相筆で描き込み、オイル漏れを表現しましたが、これもあまり目立たず。まあ、徹底的に汚すのはどうも上手くいきませんでした(笑)。

Beaufighter0208_5 Beaufighter0208_6 Beaufighter0208_7 Beaufighter0208_8 Beaufighter0208_9 Beaufighter0208_10

細部の工作は、こんな感じ。機首および主翼全面の八木アンテナは、エッチングパーツです。排気管は前回もご紹介したように、クイックブースとのレジンパーツに換えています。
プロペラには、MA別冊にあったような整備の際に書き込まれたサインを色鉛筆で書き込み、脚柱には糸おもりでブレーキパイプを這わせました。
垂直尾翼のライトは、銀で下塗りしたのち、瞬間接着剤を盛り上げて再現。水平尾翼下面のコントロールホーンは、プラ材と0.2mm真鍮線で作り変えています。

途中でトラブルもありましたが、ハセガワのキット、ストレスなく組み上げることができました。
さて、次は懸案のストランレアに戻ります!

【2月10日追記】
mikamiさんのリクエストにお応えして、モノクロ画像にしてみました。でも、あまり褪色感と埃は強調されてないかも(汗)。お粗末さまでした~。

Beaufighter0208_m1 Beaufighter0208_m2

|

« ブリストル・ボーファイター製作記-その3 | トップページ | スーパーマリン・ストランレア製作記-その4 »

Beaufighter」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
完成おめでとうございます。
アンテナ類などの小物が付くと、やはり締まった感じになりますね。機体下面が黒、というのが何とも格好良いです。汚しもいい感じなのではないでしょうか。

ともかく、製作お疲れさまでした。

投稿: 雪風 | 2007.02.08 23:27

こんばんはー

完成おめでとうゴザイマスー
うむう
こりゃカコ良すぎな悪寒ス
汚し具合もコレ位が丁度イイよーな気がしますう
っちゅーか
物凄く汚す気満満で作業を始めても
なかなか思いどーりには激しく汚せナイですよねえ
うむう
それにしてもカコイイなあ(・ω・)

投稿: しょぼんぬ | 2007.02.09 00:24

こんばんは
完成オメデトウございます。
埃っぽさがいい感じですね。
プロペラのサインは色鉛筆ですか。
いろいろとタメになるなぁ。

投稿: 躍人 | 2007.02.09 21:42

こんばんわ。
完成おつかれさまでした。
尾輪に角度がついていたり、小技が効いてますね。
パネルごとにフィルタリングを真似てみようかなあ?。
今度は瞬間接着剤のうまい盛り上げ方を教えてください。

投稿: できやん。 | 2007.02.09 22:57

おはようございますー
完成お疲れ様でした,カッコイイですねぇ~。
35戦車に比べると72飛行機は縮尺が小さい分思いきった汚しが出来ませんが,そこが清潔感として表現された上品な汚れ感が素敵です。
退色感とうっすら砂埃感が素敵なので白黒画像で見てみたいなんて思ってしまいました。

投稿: mikami | 2007.02.10 08:26

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。
この迷彩スキームは、なかなかカッコいいです。
汚しは、なかなかいい塩梅というのが難しく、ついつい一歩手前で止めてしまいますね(苦笑)。

投稿: Kazu | 2007.02.10 10:42

> しょぼんぬサマ
いつもコメント、ありがとうゴザイマス。

> 物凄く汚す気満満で作業を始めても
> なかなか思いどーりには激しく汚せナイ
> ですよねえ

そーなんですよおおお。でもまあ、あんまりやりすぎて、後でリカバリが大変なよーな気がうるので、こんなもんでよしとしますううう。

投稿: Kazu | 2007.02.10 10:51

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
プロペラのサインは、水性の色鉛筆の先を尖らせて書き込んでいます。チョークで書いたような感じになったかなと自己満足です。
水性色鉛筆だと失敗しても水に濡らした綿棒などでふき取れるので便利ですよ。

投稿: Kazu | 2007.02.10 11:00

> できやん。さん
いつもコメント、ありがとうございます。
パネルラインごとのフィルタリングは、うまく行くときとそうでないときがありますが、ちょっとAFVチックな汚れ方になり楽しいです。ただし、後でフラットクリアを吹く場合、結構強めにニュアンスをつけておかないと、結局消えてしまうのが難点ですね。
瞬間接着剤の盛り上げは、ゼリー状の瞬着を縫い針の先を使って行っています。72サイズだと大体形になればよしとしていますが、キモは盛り上げてすぐ硬化スプレーを吹くこと。こうしないと日によっては白化します。
お試しあれ。

投稿: Kazu | 2007.02.10 11:08

> mikamiさん
いつもコメント、ありがとうございます。
リクエストにお応えして、↑に白黒画像貼ってます。
でも、あまりリアルじゃないかも(汗)。

投稿: Kazu | 2007.02.10 11:09

こんにちは。
完成おめでとうございます。

美しい…。
相変わらず芸術的な作品を、それも短期間で
作ってしまうのは、流石でございます。

投稿: Hood | 2007.02.10 11:37

> Hoodさん
いつもコメント、ありがとうございます。
芸術的って、そんな、穴があったら入りたくなりますよ(滝汗)。
ハセガワのボーファイターは、名キットと呼ばれているだけに、組みやすかったです。
ほぼ素組みで約1ヵ月半でできましたが、それもキットのおかげだと思ってます。

投稿: Kazu | 2007.02.10 14:11

こんばんは~、Kazuさん。
完成おめでとうございます!
あとコメント遅れました、ごめんなさいです。
相変わらずの超絶完成度、さすがです。
飛行機としてのシャープさを残しつつ汚しの舵取りもするのって相当バランス要りそうなんですが、全くもって素晴らしいです。

今回もお疲れ様でした、じっくり次作への英気を養ってください。

投稿: うすくり | 2007.02.10 21:36

こんばんは~。
完成おめでとうございます!
ずんぐりむっくりなイメージの強いボーファイターですが、
尾翼が他の飛行機と比べて特徴的だなぁ、とあらため
て思いました。

私も春くらいになったら作ろうと思います~。
今回はおつかれさまでした!

投稿: gabbiano | 2007.02.10 22:28

> うすくりさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや、完成度はひとえにキットおかげ(汗)。このキットはよくできていて、もう1機行ってみたいくらいです。
飛行機のウェザリングって、実は僕自身かれこれ2年くらい色々やってるんですが、成長しません…。
まあ、自分なりに楽しくやってるんでいいんですけどね(笑)。

投稿: Kazu | 2007.02.10 23:14

> gabbianoさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そう、ずんぐりむっくりの胴体、カエルのような機首など典型的な変態蛇の目機なんですが、なぜか力強いバランスの取れた機体です。
尾翼は、ブレニムなどブリストルの双発爆撃機ファミリーと同様の特徴ですね。
gabbianoさんのボーファイターも期待してます。72ですか、それとも48ですか?

投稿: Kazu | 2007.02.10 23:17

こんばんは。
完成おめでとうございます。お疲れ様です。

いつもながらの完成度ですね。
ウェザリングは難しいですよね・・・。
でもボーフォートの時思ったんですがナイトって難しいと
思いましたがいい感じに決まってますね!。
フィルタリングは以前やろうと思ったんですが
うまくいきませんでした。

次はストランレアですか・・・・・・。
がんばってください~~~(笑)


投稿: JW | 2007.02.11 01:10

こんにちは
完成おめでとうゴザイマス。
双発機好きの私も一度作ってみたいアイテムです。
今度作るとき製作記を参考にさせていただきます。

投稿: satonobu | 2007.02.11 07:40

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
ウェザリングは、どうも場当たり的になりかちで、こうといった決め手がないのが悩ましいですね。
ナイトは、結構青味を強くしています。ただ、これもウェザリングの出来不出来に左右されますね。
ストランレアは、肩の力を抜いていってみたいと思います!

投稿: Kazu | 2007.02.11 12:06

> satonobuさん
いつもコメント、ありがとうございます。
satonobuさんも双発機好きでいらっしゃいましたか!
このボーファイター、作りやすいキットですので、ぜひトライしてみてください。
私は、次も双発のストランレアです(複葉だけど(笑))。

投稿: Kazu | 2007.02.11 12:12

こんにちは。
亀コメント作左です(笑)
完成おめでとうございます。
いや~、かっこいいです。
ボーファイターは作ったことがないので、
プロセスが大変参考になりました。
いい刺激になりまする。

投稿: 作左 | 2007.02.11 17:17

> 作左衛門さん
いつも、コメントありがとうございます。
このボーは、キットの素性がいいので、とても組みやすかったですよ。
ぜひ一度お試しあれ!

投稿: Kazu | 2007.02.11 22:00

こんばんは
超遅コメントスミマセン。
完成お疲れ様でした。
今回も凄い出来ですね。
迷彩がフリーハンドとはビックリです。
フィルタリング、結構いけそうなテクですね。
今度マネして見ます(笑)
それにしてもボーファイターはカコイイ!!

投稿: ドカ山 | 2007.02.12 21:44

> ドカ山さん
いつも、コメントありがとうございます。
遅いコメントはお互い様ですので、気にシナイ気にシナイ(笑)。
フリーハンド迷彩は、砂漠仕様だったのでなんとかなったんだと思いますが、通常はマスキングして吹いた方がいいようです。
フィルタリングは、上手くいったんだかどうだか、まだ謎です(苦笑)。

投稿: Kazu | 2007.02.12 23:15

また遅レスになってしまいました。(大汗)
完成おめでとうゴザイマスゥ。
いや~とても1/72には見えませんよ。
退色感もいいですね、流石です!
お疲れ様でした~。

投稿: ヒロシ | 2007.02.15 18:30

> ヒロシさん
いつも、コメントありがとうございます。
いや、遅レスはお互いさまということで(汗)。
ボーファイターは、「さすがハセガワ」というキットで、ホントぱちぱち組み上がって随分助けられました。
褪色感は、まだまだ課題多しです…。

投稿: Kazu | 2007.02.15 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/13837980

この記事へのトラックバック一覧です: ブリストル・ボーファイター製作記-完成です!:

« ブリストル・ボーファイター製作記-その3 | トップページ | スーパーマリン・ストランレア製作記-その4 »