« Hawker Fury製作記-その1 | トップページ | 珍客万来 »

2006.12.09

Hawker Fury製作記-完成しました!

Fury1209_1

変態編隊訓練機。

今日は寒いので、基本的に家でごろごろしていたKazuです皆さんこんばんは。
相変らず仕事はドタバタ状態ですが、変態編隊訓練機 Hawker Fury、完成しました。

キットは、往年のマッチボックス1/72。Furyといえば銀塗装がデフォルトですが、今回は目先を変えて、トレーナー仕様のFury Mk.I K8267(1939, No.8 FTS, RAF Montrose)を製作しました。

Fury1209_2 Fury1209_3 Fury1209_4

ご覧のとおり、塗装がユニークなのが選んだ理由。上面は基本的にダークアースとダークグリーンの迷彩、下面はトレーナーイエローで、カウルサイドは無塗装銀ですが、上翼端がトレーナーイエローに塗られているところが異色です。

Fury1209_5 Fury1209_6 Fury1209_7

今回は、ほぼ素組み。コクピットもディティールアップがマンドクサかったので、パイロットを乗せて細部再現は省略しました(汗)。張り線は、0.2mmのピアノ線、アンテナ線はドール用の髪の毛です。コントロールホーンなど、最低限のディティールは加えてあります。

Fury1209_8 Fury1209_9 Fury1209_10

まあ、細部はアップするほどのものでもないのですが、練習していたパイロット君が無事に着陸して、とりあえず手を上げているという雰囲気にしてみました。

さあて、次は飛行艇にもどりますかね(笑)。

|

« Hawker Fury製作記-その1 | トップページ | 珍客万来 »

Fury」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
完成お疲れ様でした。
寒くなると外に出るのが面倒になるのですが製作ペースが上がらない私ですが(笑
小粒でピリッとした完成度とスケール感のある緑と茶の迷彩がカッコイイですね~

投稿: mikami | 2006.12.09 22:44

こんばんわ。
完成と飛行機復活、おつかれさまでした。
コックピットよりも張り線のほうがめんどうな気がしますが、
やはり避けられないのでしょうか?。
いつもながら素晴らしいできですね。
エンジンカウル周りのぶつぶつがいいですね。

投稿: できやん。 | 2006.12.10 00:10

こんばんはー

完成おめでとうゴザイマスー
バッチリとグーなカコ良さですね
それにしても
見れば見るほど凄い塗装っちゅーか
カラーリングですね
これは手間が掛かっていそーでゴザイマス
お疲れ様なのでゴザイマスうううう

AモデルのFuryを買うかどーかで悩んでたりしますう(・ω・)

投稿: しょぼんぬ | 2006.12.10 00:43

おはようございます。
完成おめでとうございます。
私もKazuさんの作品のようなお部屋に飾って嫁に文句を言われない
様な作品を作らねば・・・。

投稿: satonobu | 2006.12.10 07:04

こんにちは
完成オツカレサマでした。
今回も素晴らしいですねえ。
ペイント色ですが、Mrカラーではないような気がするのですが
例の舶来カラーでしょうか?パイロット君の詳細もキボンヌ。

投稿: ドカ山 | 2006.12.10 13:15

kazuさん こんばんは。完成おめでとうございます。
こちらも亀レスですみません。
お忙しそうですね、自分もですが・・・・。

フューリーは自分もいつか作ろうと持ってます。
(実は今日も中見ちゃったりして・・・・)
このカラーリングはRAF Decのデカールですか?
珍しい色合いでいいですね。
久々のkazuさんの複葉機、やっぱり暗黒卿。
ピリッと引き締まってますね。

じゃあ自分はハートでもいきますか・・・。いつか・・・。

投稿: JW | 2006.12.10 20:45

こんばんは
完成オメデトウございます。
素晴らしいですね。
「Hawker Furyって格好いいんだなぁ」と感じさせてくれる作品です。
張り線も決まってますね。

投稿: 躍人 | 2006.12.10 21:33

> mikamiさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いや寒くなると、あらゆる活動ペースが鈍るのは、私も同じです(笑)。
Furyはちょっと気分転換のつもりで、軽く仕上げてみました。

投稿: Kazu | 2006.12.10 21:49

> できやん。さん
いつもコメント、ありがとうございます。
張り線は「なれ」の問題なんで、コクピットのディティールアップより楽なような気がします。とくに今回は、比較的シンプルな張り線の機体で、ピアノ線で仕上げました。
ただ、実際に張るか張らないかは、個人の好みだと思いますよ。私は「模型作りはかくあるべし」とかいう人は、あまり好きではありません。所詮、趣味の世界の話ですし(笑)。

投稿: Kazu | 2006.12.10 21:53

> しょぼんぬサマ
いつもコメント、ありがとうゴザイマスううう。
カラーリングは、何を考えてこんな塗り分けにしたんでしょうねえええ。謎は深まるばかりでゴザイマス…。
フューリーは機体のラインが美しいので、Aモデルのキットも期待してます(でも、東欧モノだけにドキドキしますねえ(笑))。

投稿: Kazu | 2006.12.10 21:56

> satonobuさん
いつもコメント、ありがとうございます。
あ、ウチは文句言われっぱなしですよ~。ただ、複葉機は一応許容範囲内のようです(笑)。
一方、艦船はびみょーです(泣)。

投稿: Kazu | 2006.12.10 21:58

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
いやいや今回はかなりテキトーに作ってますので、細部アップはなしです(汗)。
黄色は、エクストラアクリリックスにしょうかと思ったんですが、ツヤが消えすぎるので、クレオスの黄色に黄橙色を混ぜて、自家製トレーナーイエローを作りました。一応、エクストラアクリリックスの色と比較してますが、まあ黄色は黄色です(笑)。
パイロット君は、ベルギーのPJ Productionsというメーカーのレジン製です。アキバのホビステで狩ったものですが、なかなか細部はいい感じのディティールですよ。

投稿: Kazu | 2006.12.10 22:03

> JWさん
いつもコメント、ありがとうございます。
いやいや亀レスは私の方なんで、お気になさらず(大汗)。
デカールはご指摘の通り、RAFDecのものです。実はデカールを入手して以来、いつかこの機体をやりたいと思ってました。
JWさんのHart!ぜひ見たいですねえ…。
エアフィックスですか?エアロクラブですか?楽しみ♪

投稿: Kazu | 2006.12.10 22:07

> 躍人さん
いつもコメント、ありがとうございます。
実はこの機体、フォルムは美しいんですよ。シドニー・カムの設計で、彼はこの後、単葉のハリケーンを設計します。
張り線は、まあ数をこなしてますんで、それなりに(笑)。

投稿: Kazu | 2006.12.10 22:09

こんばんわ、完成おめでとうございます。
いきなり完成ですがすばらしいでゴザマスねえ。

黄色と迷彩と銀に貼り線とは、すごいですねえ。

投稿: Mach0.9 | 2006.12.10 22:35

> Mach0.9さん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ、蛇の目のなかでも、変態度の高い塗装を選んでみました。
ただ、キット自体はまずまずの出来なので、チャレンジしてみてはいかが?

投稿: Kazu | 2006.12.10 23:07

こんばんは〜
何やら複葉機を、サクッと完成されているではないですか。
72の複葉って小さいのに、素晴らしい完成度ですね。
いつもながら感心しきりですよ。

投稿: 雪風 | 2006.12.11 01:04

こんばんは
完成オメデトウゴザイマス
いつもながら緻密で、しかも絵心を感じさせる仕上がりには脱帽いたします。黄色の具合が他の迷彩色とキレイに馴染んでいて実にいいなぁと思いました。ただ漫然と黄色を塗るとこうはなりませんよね。
お疲れ様でした。

投稿: BAEL | 2006.12.11 01:22

お久しぶりです。
相変わらずスゴイ”素組”ですね。
隅々にまで心が行き届いていて素敵です。
この機体はイギリス機のわりに(失礼!!)
鮫を思わせるスマートなシルエットで
完成をとても楽しみにしていました。
練習機というあたりも往年の(日本の)教習車を彷彿とさせ
とても面白いと思います。

投稿: P | 2006.12.11 13:34

> 雪風さん
いつもコメント、ありがとうございます。
小さいから、逆に細部はテキトーでもOKです(爆)。まあ、今回は雰囲気重視で作ったので、こんなところで(笑)。

投稿: Kazu | 2006.12.11 14:13

> BAELさん
いつもコメント、ありがとうございます。
黄色はそんな大したことはしてないんですよ(大汗)。ただ、自家製黄色にダークアースを1、2滴落としたのが効果あったのかなかったのか…。割と落ち着いた黄色になりました。偶然の賜物です(笑)。

投稿: Kazu | 2006.12.11 14:15

> Pさん
こちらこそ、お久しぶりです!ご無沙汰してます!
Furyは確かにイギリスの複葉機では出色のスタイルの良さですね。
ただ、この色使いはかなり微妙で、ホイールハブを青く塗る辺りは変態度炸裂です。スタイルが良ければ塗装が変なあたり、蛇の目ならではって感じですねえ。

投稿: Kazu | 2006.12.11 14:20

完成おめでとうございますうううこんばんは。
なんともいえない具合の精密感がカコイイデスね。
しかし
探せばヘンタイ塗装というのはどこまでもヘンタイがいるんですねぇ。
飛行艇も、kazuさんクオリティでがんがってください!

投稿: のろかめ | 2006.12.11 18:22

こんばんは、kazuさん。
完成おめでとうございます!!
こういった素晴らしい作品を見ると、モチベーションがモリモリ上がってきます。
「人に模型を作りたいと思わせる模型」といいますか。
こういった模型がいつか作れたら、と日々精進していきたいと思います。
とにかく大変お疲れ様でした~。

投稿: うすくり | 2006.12.11 22:54

深夜におじゃまします。

完成おめでとうございます。
小さな機体なのでしょうが、密度感と存在感が迫ってくる、
そんな素晴らしい出来映えですね。
私も、複葉機の張り線に再チャレンジしたくなっちゃいました。

本当にお疲れ様でした。

投稿: Hood | 2006.12.12 02:14

> のろかめさん
いつもコメント、ありがとうございます。
確かにRAFには、もう筋金入りのヘンタイ機がいますねえ。
でも、それはそれでまた、よかったりして(笑)。

投稿: Kazu | 2006.12.12 20:49

> うすくりさん
いつもコメント、ありがとうございます。
そんなにお褒めいただくと、却って恐縮します(滝汗)。
でも、皆さんのモティベーショんを高めるのにお役に立てれば、何よりです(笑)。

投稿: Kazu | 2006.12.12 20:51

> Hoodさん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ、テキトーですが何とか完成しました。
Hoodさんの複葉機も楽しみにしてますよ♪

投稿: Kazu | 2006.12.12 20:53

kazuさん、相変わらずの遅レスプレイお許しくださいませ。
Furyトレーナー完成おめでとうございます&お疲れ様でした。
kazuさんにとっては手馴れた仕上げだったのでしょうか?
張り線恐怖症な私にとっては、羨ましくあり大変素晴らしい
また蛇の目好きにとっても嬉しい作品と思います。

当サティアン密柑山にあるエアロクラブのFuryは何時になったら
封を解かれるのかwでも、kazuさん達暗黒卿のエッセンスを
勉強させて頂きまして、いつかの日に備えたいと思います^^;

PS:またしばらくブログから離れますがご容赦ください。
来年静岡のモデラーズ展示会のスペース配分変わったそうですね?
また何か急ぎの用件あれば電話かメール頂ければ幸いです。

投稿: magus | 2006.12.13 12:08

> magusさん
いつもコメント、ありがとうございます。
まあ、テキトーに作ってますから(汗)。というか、magus兄貴のFuryもいつか見たいですよ~。

PS:来年の静岡の件、近々にポータルで記事をアップしたいと思います。またご相談させていただくこともあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

投稿: Kazu | 2006.12.13 19:59

激しくコメントが遅くてすいません。
完成おめでとうございます。いつもながら素晴らしい出来に感動です。
塗装が変わっていていいですね。小さいながらコレクションのなかでも一際映えるのでは?
私もいよいよ次の作例で複葉機をやるかもしれません。(まだケテイではありませんが…)

投稿: ヒロシ | 2006.12.14 18:51

> ヒロシさん
いつもコメント、ありがとうございます。
コメントはいただけるだけで十分ですよ(笑)。遅い点でじゃ負けてません。
塗装は、確かに目立っています。まあ、ユニークですねえ。
で、ヒロシさんの複葉機って、ひょっとして帝国陸軍ものですか(笑)?

投稿: Kazu | 2006.12.14 21:59

おはようございます。
遅ればせながら、完成おめでとうございます。
短期でこんなに素晴らしい作品が仕上がるのですね~
私では二ヶ月ぐらいかかるかもしれません。
またまた、目の保養になりました。
ありがとうございます。

ワタスも激遅コメント、すんません。

投稿: 作左 | 2006.12.17 10:15

> 作左衛門さん
いつも、コメントありがとうございます。
コメントはいただけるだけで十分ですよ(笑)。遅い点でじゃワタスも負けてません(爆)。
いや、これホントほとんど素組みで、作左衛門さんのように手を入れてないからですよ。今回はコクピットもがらんどうのままで、パイロット・フィギュアでごまかしてます(笑)。
でも、たまにはこういう作り方もいいかなと思いました。

投稿: Kazu | 2006.12.17 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/12998029

この記事へのトラックバック一覧です: Hawker Fury製作記-完成しました!:

« Hawker Fury製作記-その1 | トップページ | 珍客万来 »