« 水祭り!その5 | トップページ | 水祭り!その7あるいは漢たちの駆逐艦プロジェクト 雪風編 »

2006.09.03

水祭り!その6

Yukikaze0903_1

進水直前。

気がつけばもう9月ですが、いかがお過ごしですか、Kazuです皆さんこんばんは。
水祭り参戦中の1/700雪風、四苦八苦しとります…。

前回の記事からのアップデートは、リノリウム甲板を筆塗りし、機銃等の小パーツをつけたのち、エッチングの手すりを貼りました。
が、これがなかなかうまくつきません…。ゼリー状瞬着で点付けしてから、普通の瞬着を流し込むんですが、どうも瞬着が新鮮じゃなかったせいか、なかなか定位置にフィットしません。画像ではアラが目立ちませんが、すき間が多く、なかなか満足のいく仕上がりとはほど遠い状況です。
でも、修正してもきりがないので、とりあえずスミ入れとウェザリングを少し施しました。

Yukikaze0903_2 Yukikaze0903_3 Yukikaze0903_4

細部パーツには、(できたものだけ)エッチングを使いました。組み上げるのは大変ですが、やはり出来上がりの雰囲気は抜群です。
今の作業は、ボートとボートダビットの製作です。
といいつつ、新たなキットも購入(笑)。今の雪風は、大和の沖縄特攻に随伴した時期を再現していますが、その天一号作戦で雪風とともに無事帰還した、冬月と初霜です。次はこれらどちらか、ピットロードのキットを組んでみたいと思っています。

Yukikaze0903_5 Yukikaze0903_6 Yukikaze0903_7

次の作業は、いよいよ張り線です。ドール用の髪の毛、登場予定!

|

« 水祭り!その5 | トップページ | 水祭り!その7あるいは漢たちの駆逐艦プロジェクト 雪風編 »

IJN Yukikaze」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

すごいですね~
恐るべき精密感&凝縮感ですね。
ところで、アップの写真を撮るの大変じゃなかったですか(望むところにピントがこなくて)?

投稿: 躍人 | 2006.09.03 23:36

こんばんは。
細部まで念入りに手を入れられた雪風が、もう少しで完成ですね。
スミ入れの感じも幾多の戦いを戦い抜いてきた戦歴を示すかのようで、すばらしいですね。
張り線で、さらにディテールアップされた姿を見せて頂くのが楽しみです。

投稿: Hood | 2006.09.03 23:39

こんばんはです~^^
アオシマ「雪風」カッコよくなりましたねぇ!!緻密な凝縮艦が数段アップしてて最高です。

親分の次回作は多分そう来ると思って私は外しておきましたよわっはっはw

投稿: magus | 2006.09.03 23:40

こんばんは~。
もうフィニッシュ間際じゃないですか~。
なんかすっかり周回遅れになってしまいました。

手すり、大変そうだけど、是非やってみたい
行程ですよね。見た感じ、とっても
うまく接着されているように見えますよ。

自分もがんばってまず1隻完成させたいです。
あと少しがんばってください!

投稿: JW | 2006.09.03 23:41

すげぇ・・・

kazuさんはナニを作られても仕上がりが緻密で、いつも大雑把な私は尊敬するばかりです。
あと一息で完成ですね頑張ってください。

投稿: BAEL | 2006.09.04 00:05

おはようございます
なんだかものすごい事になってますね。
小さいもの(小スケール)ほどメリハリが必要であることがわかりました。
量産体制に入ってるし(笑)
ストランレアはどうなってます?
とりあえず突っ込みを入れさせていただきますヨ

投稿: ドカ山 | 2006.09.04 09:09

はじめまして、コメント返しです。雪風すごいかっこいいですね!今、瑞鶴作成中ですが張り線(ドール用の髪の毛)期待してます!

投稿: K | 2006.09.04 10:20

> 躍人さん
コメント、ありがとうございます。
なんかごちゃごちゃしてるんですが、何とかここまできました。
ところで、カメラは私も得意な方ではなく、みようみまねでやってます。この記事の画像はマクロレンズで焦点を合わせてます。

投稿: Kazu | 2006.09.04 13:07

> Hoodさん
コメント、ありがとうございます。
画像にすると粗が目立ちますねえ。ちょっとスミ入れも強すぎたようなので、もう少しエナメルシンナーで落とそうと思います。
張り線は、どこまでやるかですねえ。現在、プラン中です(笑)。

投稿: Kazu | 2006.09.04 13:10

> magusさん
コメント、ありがとうございます。
凝縮感といえば聞こえはいいんですが、ちょっと雑になってますねえ(とくに手すりの取付けあたりが…)。
でもまあ、小学生以来のWLなので、まずは完成させようかと(笑)。
初月は楽しみにしてますよん♪

投稿: Kazu | 2006.09.04 13:12

> JWさん
コメント、ありがとうございます。
細部はちょっと不満なんですが、まずは1隻完成目指してピッチ上げてます。
今回わかったんですが、手すりは直線部分を一気に貼ろうとせず、いくつかに分割して固定した方がいいかもしれません。
まあ、JWさんはその辺ソツなくこなされると思いますが(笑)。

投稿: Kazu | 2006.09.04 13:15

> BAELさん
コメント、ありがとうございます。
いや、これ結構大雑把なんですよ。小さくてごちゃごちゃ感があるので精密に見えますが、細部は粗が目立ちます。
でもまあ、まずは習作なので、とりあえず完成を目指します(笑)。

投稿: Kazu | 2006.09.04 13:16

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
そうなんです、ものすごいことになってきて、艦体を持つところもなくなってきてますよ(笑)。
「ストランレア…。何もかもみな懐かしい…。」
雪風進水後、9月攻勢で片づける予定です!

投稿: Kazu | 2006.09.04 13:18

> Kさん
コメント、ありがとうございます。
艦船模型は、奥が深いですねえ。どこまでディティールアップするか、自分の目標を決めておかないと際限がありません。
まあ、駆逐艦程度の大きさがちょうどいいかも。1/500の瑞鶴など到底できませんよ(笑)。

投稿: Kazu | 2006.09.04 13:20

お!いよいよドール用髪の毛の出番ですね。上手くいくといいですね。
しかし、すっごい緻密感ですね。完成が楽しみです。

投稿: ヒロシ | 2006.09.04 14:28

> ヒロシさん
コメント、ありがとうございます。
いよいよドール髪の毛、活用させていただきます(って、うまくできるかなあ…)。
で、雪風はちょっと汚しすぎですね。こうやってアップ画像撮ると、やり過ぎ感があります。綿棒でふき取りケテーイです(泣)。

投稿: Kazu | 2006.09.04 15:53

うーはー、細かい・・・。
しかし手摺が付くだけで、随分と変わりますね。
私には、とても真似できない細かい作業です。

投稿: 雪風 | 2006.09.04 23:17

こんばんわ

えらい細かいですねえ。目が潰れてしまいそうです><
ふき取ろうとすると壊してしまいそうですねえ、と不穏な言霊を召還しておきます。

艦船の汚しってどんなもんなんでしょうね?
実際の船っててかてかのペンキ厚く塗ってある印象しかありませんし。

飛行機モデラーとしては何となくダーク系入れてディティール立てたくなるんですが><

投稿: Mach0.9 | 2006.09.05 00:18

おお~、細かいのにきちんと塗り分けられていてすばらしいです!
エッチングも綺麗に接着されていますね。見習います;
艦船の張り線は飛行機より神経が要ると思いますが、頑張ってください!
私もがんばりますよ~w

>Mach0.9さん
戦時中(特に末期)の艦船は、野ざらしの廃車並みにキタナイです。
逆に平時は砲塔に顔が映るくらいピカピカに磨かれていたようですよ。

投稿: すあま | 2006.09.05 14:10

> 雪風さん
コメント、ありがとうございます。
ちょっと大変になってきてますよ(笑)。
細部は粗々ですが、とりあえず完成させることが目標です。

投稿: Kazu | 2006.09.05 18:35

> Mach0.9タン
コメント、あろがとうございます。お久しぶりだね。
ふき取りは、当然綿棒でやりますよ。なので、小さいパーツは飛ばさないように注意します。
艦船のウェザリング、すあまさんも書いておられるように、大戦末期の日本の軍艦はかなり汚いのですが、その通りに汚すかどうか、悩ましいところですね。
ただ、この雪風は天一号作戦に出撃するところにしたいので、ちょっと汚れ気味で悲壮感を演出してみたいと。
この後、赤錆をウェザリングスティックでちょいちょいとやってみます。

投稿: Kazu | 2006.09.05 18:40

> すあまさん
コメント、ありがとうございます。
塗りわけは、アバウトかもしれませんよ(汗)。
艦船の張り線って、強いテンションかけるとマストが折れますよね、きっと…。
その辺りの力加減が、勝負どころかと思ってます。
ヒロシさんに分けていただいたドール用の髪の毛とパンストの併用作戦で行く予定です。

投稿: Kazu | 2006.09.05 18:42

どうもこんばんわっ。遅コメント申し訳ないです~。うわっ、コレはイイですねっ。艦船モデルを製作するなら、この雪風さんの塗装の雰囲気を私の目標にさせてもらいますです~。重量感がありますよね~。&長時間眺めても見飽きない、コクみたいなモノが感じられますです~。

投稿: 小春好 | 2006.09.05 22:12

> 小春好さん
コメント、ありがとうございます。
コクはあるかもしれませんが、キレはありません(泣)。
どうも、細部パーツをつけるのに難渋しとります。
でも、ようやく張り線一歩手前まで来ました。
今週末までには、艦体は完成させたいです。

投稿: Kazu | 2006.09.06 13:50

激遅ですね。すいません。
こんばんわ。細部のデティ-ルアップと塗装ですごく劇画タッチでいいですねー。ウォータラインシリーズは作ったことも買ったこともないので実物の大きさはよくわかりませんが手の平に乗るくらいでしょうか?。

投稿: できやん。 | 2006.09.07 00:07

おおお、すごい細密感!艦橋周りのディテールは最高です!

投稿: mics | 2006.09.08 00:57

> できやん。さん
遅くてもコメントはありがたいですよ。
大きさは、ちょうど手のひらサイズです。でも、模型誌の作例などを見るにつけ、艦船モデラーって半端じゃないなあと思う今日この頃です。

投稿: Kazu | 2006.09.08 18:46

> micsさん
コメント、ありがとうございます。
艦橋周りは、エッチングを駆使しましたよ。でも、どうも固定が上手くなく、瞬間接着剤のつけ過ぎになってしまうところが頭の痛いところです。
今週末には進水させたいです。

投稿: Kazu | 2006.09.08 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/11749805

この記事へのトラックバック一覧です: 水祭り!その6:

« 水祭り!その5 | トップページ | 水祭り!その7あるいは漢たちの駆逐艦プロジェクト 雪風編 »