« 水祭り!その7あるいは漢たちの駆逐艦プロジェクト 雪風編 | トップページ | 近況報告 »

2006.09.14

水祭り!その8あるいは漢たちの駆逐艦プロジェクト 雪風編

Yukikaze0914_0

出撃!菊水作戦。

いやあ、あっという間に秋っぽくなりましたが、風邪など引かないようにご注意くださいね、Kazuです皆さんこんばんは。

雪風、海面ミニディオラマにしてみました。
設定は、菊水作戦(天一号作戦)遂行中の雪風を、燃料がもたず帰投する直援機が見送るというシーンです。

海面は、鉄道模型用の透明な水面シートにクリアボンドやテクスチュアジェル等でニュアンスを付け、アクリルのクリアブルーやクリアグリーン、スモークグレーなどで、表面を適当に彩色しました。その下にダークシーグレーやフラットブルーで着色した紙をしき、海の深みを出しています。
艦体をクリアボンドで固定した後、テクスチュアジェルと新兵器のエナメルコートで波を表現、波頭をフラットホワイトで塗り分けています。
本当にテキトーにやったわりには、いい雰囲気に仕上がりました(自画自賛)。

Yukikaze0914_2 Yukikaze0914_3 Yukikaze0914_4

直援機は、これでも飛行機モデラーの端くれですので、ちょっと気合を入れて、キットに入っていた二式水戦を零戦22型に見立てました。
下面を明灰白色、上面を濃緑色で塗った後、カウリングをタイヤブラックで、キャノピーをグロスブラックで塗り分け。キャノピーは銀色でドライブラシをしています。一応、0.2mm真鍮線でアンテナもつけてみました。日の丸および翼の黄色帯はデカールです。

Yukikaze0914_6 Yukikaze0914_7 Yukikaze0914_8

これが、今回波に使った素材です。

Yukikaze0914_9

左から、クリアグロスグレイズ。陶器などのグロスコートに用いるエナメル素材ですが、水の表現に有効と聞いていたので、今回初めて使ってみました。使用感は、薄めのエポキシ接着剤といったところ。生乾きのときに爪楊枝でいろいろニュアンスづけができます。また、アクリル塗料で色がつけられるので、小さな波の表現にも便利です。
真ん中と右は、テクスチュアジェル。真ん中のはセラミックスタッコといって、砂目仕上げに用いるミディアムですが、これを塗りつけて、爪楊枝でつつくと、ウェーキの波のような感じになります。左の大瓶は、ナチュラルサンドで、乾くと透明なざらつきを出します。艦首の波頭につかって、フラットホワイトで着色しました。

以上、初のWL海面ディオラマ、何とか完成しました。水祭り第1作、終了です。
さ~、次に行ってみよう!

|

« 水祭り!その7あるいは漢たちの駆逐艦プロジェクト 雪風編 | トップページ | 近況報告 »

IJN Yukikaze」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
菊水作戦に敬礼して送り出したい気分です。
リキテックス等のテクスチャーを使用しての
海面表現、いいですね~
私もリキテックスのジェル軍団を用意してまする(^^)
零22型も秀逸ですね。
カウルのてかりに、またもや敬礼してしまいますた。

菊水と聞いて、思わず唾が出てきてしまうのは私だけでしょうか(笑)

投稿: 作左 | 2006.09.14 21:56

無茶苦茶カッコイイのですが、毎日何を食べればこんなディオラマが作れるのでしょうか?
海面スバラシイ!!!

投稿: 躍人 | 2006.09.14 21:58

こんばんは。
すごく良いですね~。
自分もこういうのを作りたいと思ってました。
新たな素材を使わなきゃいけないのが
大変そうですが・・・。
これらはどこら辺で売ってますか?

う~素直に憧れちゃいます。
次はストランレアですか?

投稿: JW | 2006.09.14 23:41

完全完成お疲れ様です!
水面の具合はほんとにいいですね。
ウェーキの立ち具合にセンスを感じます。
零戦もいいアクセントになってますし。

材料の方も細かい説明でわかりやすいです。
本当に参考にさせていただきますね。

投稿: みやっち | 2006.09.14 23:45

> 作左衛門さん
コメント、ありがとうございます。
リキテックスのミディアムは、色々あって面白いですね。なかなか使いこなすまでいきませんが(苦笑)。
ゼロ戦のカウルのテカリは、持つとこないので指で握ってたら、手の脂で出たみたいですよ。元はつや消しで塗ってたんですが(笑)。
菊水、唾でますねえ。八海山作戦とか酔鯨作戦とかだと、涎が出ますねえ(笑)。

投稿: Kazu | 2006.09.15 10:34

> 躍人さん
コメント、ありがとうございます。
毎日お酒呑んで、テキトーに飯食ってますよ(笑)。お褒めいただき、光栄の至りです。
海面は、ネットで色々と作例を拝見して、見よう見まねでやってみました。
でも一応、8月に海に行って実際の波がどのように立つのかも観察してきたんですよ(笑)。

投稿: Kazu | 2006.09.15 10:37

> JWさん
コメント、ありがとうございます。
水面に関する素材は、リキテックスは画材店や大きな文具店なら扱っています。
クリアグロスグレイズは、ミニチュアパークさんhttp://www.miniature-park.com/index_j.htm
の通販で買いましたが、今は在庫がないみたいです。ただしこれは、クリア塗料のビン生と2液混合エポキシ接着剤との中間ぐらいの粘度のクリアコートなので、大量に使わないかぎり他のもので代用は可能だと思います。
で、次ですが、もういっちょ駆逐艦やってたりして(汗)。

投稿: Kazu | 2006.09.15 10:46

> みやっちさん
コメント、ありがとうございます。
水面は試行錯誤でしたが、思ったよりイメージ通りできました。何となく、何度も色々な色を薄く薄く重ねると、深みが出るようです。
零観も楽しみにしてますよ。がんばってください!

投稿: Kazu | 2006.09.15 10:48

こんにちはです。
ベースが付くと、また雰囲気が変わりますね。水面の表情もいいですし、白波の具合もナカナカです。零戦もいいアクセントになってますねぇ。

しかしカッコイイ!! ウホーッという感じです(笑)。

投稿: 雪風 | 2006.09.15 10:52

> 雪風さん
コメント、ありがとうございます。
「雪風」、おかげさまでフルロールアウトしましたです。
ゼロ戦は、実は気合を入れて、脚収納扉のスジ彫りとかしようと試みたんですが、あまりの小ささにあきらめますた(笑)。
塗装は小さいので、すべての塗料を明るめにしてあります。

投稿: Kazu | 2006.09.15 11:00

いいですねぇ~
35ノット、フル疾走って感じですねぇ~
マストに何か旗をなびかせたい気分です。

しっかし悲壮な戦いに出かけて行くシーン…
模型なのにジーンとしちゃいます。

コンプリートお疲れ様でした。
皆さんどんどん艦船に感染して欲しいなぁ^^;

投稿: magus | 2006.09.16 00:49

> magusさん
コメント、ありがとうございます。
な、なぜマストの旗のことをっ(汗)!
今、実は信号旗について調べていて、相応な旗を紙で作ってつけようと思っています。
菊水作戦、日本人ならば思わずジーンときちゃいますよねえ。
で、艦船に感染した私は、次の駆逐艦を弄ってたりします(笑)。

投稿: Kazu | 2006.09.16 17:55

こんばんはー
流石というか何というか。
海まで作ってしまったのですね。

投稿: mikami | 2006.09.17 21:32

> mikamiさん
コメント、ありがとうございます。
勢いで海まで作ってしまいました。
でも、実は昔からやってみたかったんです、コレ。
まあ初回作にしては、自分なりにはOKかと(笑)。
HMEまでもう少しですが、がんばってくださいね!

投稿: Kazu | 2006.09.18 09:54

こんばんは
すごい完成度ですね
航空機を一機配備した事で
物語性がより高まりますね
艦船モデラーはあまり思いつかない方法かも知れませんよ

投稿: P.E・kisimoto | 2006.09.18 23:06

こんにちは
完成お疲れ様でした。
ものすごい作品の誕生に拍手です。
単品モノもすごいけどディオラマ仕立ての作品の完成度の高さはすごい!
バランス感覚というか、細かいところの効果を計算して一つの作品に纏め上げるセンスに脱帽でございます。
ほんとは家中ディオラマだらけだったりして...(笑)
次回作も期待してます

投稿: ドカ山@昼休み | 2006.09.19 12:59

> P.E・kisimotoさん
コメント、ありがとうございます。
季節外れの夏休みを取っていて、お返事が遅くなりました。
物語性は高まったかどうか自信はありませんが、艦船単体よりは面白みが出るかなと思い、ちょっと手を入れてみました。
艦船模型も、なかなか奥が深そうですね。

投稿: Kazu | 2006.09.22 08:18

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
季節外れの夏休みを取っていて、お返事が遅くなりました。
ディオラマは、面白いですねえ。といっても、艦船模型のディオラマは、どのようなシチュエーションがあるか試行錯誤中ですが…(苦笑)。
次回作はストランレアに戻りたいところですが、雪風でうまくできなかったところに再チャレンジする意味で、もう1隻駆逐艦をやってます(笑)。

投稿: Kazu | 2006.09.22 08:21

Kazuさん、こんにちは~~
早めにBMの方に告知したかったんですが、どちらに書き込むか分からなくって・・・すみませんでした
で、蛇の道は蛇なので、BMの方々が、リスナーに何人も・・( ^∀^)ゲラッゲラ
で、今日は8時ごろ始まりますので、よろしかったら聞いてみてくださ~~い(*^ヮ')b

投稿: TYPE-75 | 2006.09.22 17:14

> TYPE-75さん
ご連絡、ありがとうございます。
この後、実は飲み会なので、8時の放送は難しいかもしれません(汗)。
まだ続けられますよね?明後日には絶対聴きます!

投稿: Kazu | 2006.09.22 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/11892185

この記事へのトラックバック一覧です: 水祭り!その8あるいは漢たちの駆逐艦プロジェクト 雪風編:

» 愛するうみぬりタンへ [今一つ突き抜けないわけで]
はーいMach子で〜すヽ(´ー`)ノ うみぬりタンが海面の作り方を聞きたいそうです。 おいらは素材依存です。 まず、プルミエという紙粘土でベースをつくり、 あとは不透明水彩、いわゆるアクリル絵の具で彩色し、 その上... [続きを読む]

受信: 2006.12.09 00:00

« 水祭り!その7あるいは漢たちの駆逐艦プロジェクト 雪風編 | トップページ | 近況報告 »