« 水祭り!その3 | トップページ | 水祭り!その5 »

2006.08.24

水祭り!その4

Yukikaze0823_1

雪風、発進!

お盆休みをはさんだ時期ということで仕事はさほど忙しくないのですが、休みを取っている同僚が多いため却って日中の雑務が多く、すっかり更新サボってましたKazuです、皆さんこんばんは。

この方が、予想通りストランレアでスパートをかけはじめ「ヤバイなぁ」と思いつつも、はまりましたウォーターライン(笑)。1/700 アオシマの駆逐艦雪風、カナーリ楽しんで作ってます。

資料本など皆無なので、モデルアート誌の作例がお手本。ただ組み上げるのも面白くないので、ちょっと手を入れてみました。

まず、キットの舷側に0.1mmのプラペーパーの細切りを貼り付けて、外板の継目を再現。ちょっとオーバースケール気味ですが、のっぺりしたキットの艦体側面に変化をつけます。一応、リベット打ちの要領で、継目をつなぐボルトも表現してあります(ほとんど見えないけど…)。
次いで、エッチングの舷外電路(っていうんですよね)を貼り付け、0.5mmのピンバイスで舷窓を開けます。
ただし、今回製作する雪風は1945年当時のものとするので、一部を残して舷窓が塞がれた状態に。窓の蓋には、球ぐり(0.6mm)で打ち抜いた0.1mmプラペーパーを針の先でつついて、舷窓の上に貼り付けていきました。

Yukikaze0823_2 Yukikaze0823_3 Yukikaze0823_4

それから、艦橋などの製作に入っています。
艦橋は、キットのパーツをエッチングでディティールアップ。とはいうものの、1/700のエッチングって細かすぎ…。
いくつかのパーツはピンセットで飛ばしてしまい、他のパーツで代用しています。例えば、艦橋上部左右につく手旗信号台(だと思う)のパーツは一つは飛ばして、もう一つはちゃんと組めなかったので、ホースリールのパーツでそれらしくしてます。
魚雷発射管も、作例をみて、ちょっとディティールを加えました。
で、艦橋や煙突の一部や魚雷発射管などを艦体につけたのがこの状態です。

Yukikaze0823_5 Yukikaze0823_6 Yukikaze0823_7

しかし、ウォーターラインをエッチングでディティールアップするってのは大変な作業で、老眼が進む私の視力では一日1時間が限界です(泣)。
でも、たまには違うジャンルに取り組むのも、目先が変わっていいかも。なかなか楽しんで作ってます。
雪風は、まずは作ってみることに重点を置いて、やっていきたいと思います。

|

« 水祭り!その3 | トップページ | 水祭り!その5 »

IJN Yukikaze」カテゴリの記事

コメント

出てくる単位が全部1/10ミリ以下なんですけど。。。。。
これはストランレアもこれで行くってことなんすか?恐ろしや恐ろしや。
目下リベット打ちと膨大なプラ削りに萎えそうです。

投稿: toy | 2006.08.24 12:36

なんじゃこりゃああああああ。
Kazuさん、やはりアナタこそ暗黒卿と呼ばれるにふさわしい。

そういえばウォーターラインについて、
模型ではない、1/700の船を建造するのだああああ!

どっかの雑誌に書いてあったことを思い出しました。

なるほど、こういう世界だったのですね。

投稿: カトー | 2006.08.24 14:01

こんばんは。
予想以上の細かさですね。
まずは精度のいいピンセットを
買わねば・・・って感じですね。
凝って作ってみようにも
船はまったく詳しくありません。
小学生の頃駆逐艦の本を読んで
駆逐艦ばかり作ってました。
(もちろん出来は小学生レベル・・・)
凝りだすと大変なことになりそうですね。
キットの数は膨大だし・・・・。
がんばってください。

投稿: JW | 2006.08.24 18:26

> toyさん
コメント、ありがとうございます。
1/10mm以下は大げさですが、72の飛行機と比べてもかなり細かい作業ですねえ。
ストランレアは、もっとテキトーに行きますので、ご安心を(笑)。

投稿: Kazu | 2006.08.24 18:36

> カトーさん
コメント、ありがとうございます。
暗黒のあまり、目がくらみそうでゴザイマス(笑)。
やっぱWLのプロは、ちょっと飛行機モデラーとは違いそうですよ。
まあ、できるかぎりやってみますう。

投稿: Kazu | 2006.08.24 18:49

> JWさん
コメント、ありがとうございます。
ピンセット、ご指摘のとおりです。
でもいいピンセットより、いい毛抜きの方が部品を飛ばすリスクが小さいような…。
凝りだすと大変そうですが、私も駆逐艦が好きで、実はもう1個キットを買ってしまいますた(笑)。

投稿: Kazu | 2006.08.24 18:51

こんばんわぁ

エッチングやらなんやら大変なことになっておるでわないですか!
特に
>球ぐり(0.6mm)で打ち抜いた0.1mmプラペーパーを針の先でつついて…
なんて常人には真似できないのでは…

投稿: 躍人 | 2006.08.24 20:13

> 躍人さん
コメント、ありがとうございます。
ええ、大変なことになっておりますです、ハイ(笑)。
エッチングの組み付けが瞬間接着剤のご機嫌次第なので、なかなか順調にはいきません。
でも、0.1mmプラペーパーの貼り付けは、書いているほど難しくないですよ。一度お試しあれ。

投稿: Kazu | 2006.08.25 08:51

おやぶ~ん^^ナニやら楽しそうな模型始めてるじゃないすかー。
ピトロードじゃなくてアオシマって選択がkazuさんらしいですねぇぇえ。

私も巡洋艦が止まってますけど、艦船は楽しいですよホント。
好みや、資料が集まってる時期を再現する当たりハマったら大変なんですが、
ヒトサマの製作記は楽しんで見られますwので頑張ってくださいね!期待しておりまする~^^

投稿: magus | 2006.08.25 10:30

> magusさん
コメント、ありがとうございます。
ピットロードではなくてアオシマってのは、模型屋にアオシマしかなかったんすよ(汗)。でも、両社のキットの違いもよくわかっていないので無問題です。
艦船模型、昔から興味はあったんですが、今回チャレンジしてみてホント奥が深そうなことがよくわかりました。
プロの方から見ればお恥ずかしいかぎりですが、楽しく作りたいと思ってます。

投稿: Kazu | 2006.08.25 11:40

うおお~っ!
何と、きめ細やかな作業!

繊細にディテールアップされた、武勲艦「雪風」が出来上がってくる過程が
順を追って拝見できる訳ですね。
大変楽しみです。

投稿: Hood | 2006.08.25 11:51

> Hoodさん
コメント、ありがとうございます。
艦船模型がお得意のHoodさんに順を追って見せるのは恥ずかしいですよ(汗)。
でもまあ、のんびり作っていきますので、しばしお付き合いくださいませ。
加賀とホーネットも楽しみにしてますよ。

投稿: Kazu | 2006.08.25 12:58

こんばんはー
いきなりの艦橋どアップは凄いですね。
毛抜きの話ですが化粧品用のが良いような感じですよ。
私は無印の毛抜きが安くて使い勝手が良いので使用しています。

投稿: mikami | 2006.08.25 22:48

うぉーっ!こりゃ凄いですねえ
いきなり、全開くれてますね。さすが帝王は違う(謎
最近は良く見えないのではなかったのですか?
さては拡大鏡を導入しましたね。
いやはや、こいつも楽しみでございます。

投稿: ドカ山 | 2006.08.25 23:09

こんばんわ。

す、涼しそうな画像ですね…
見ているだけでたらーりたらりと脂汗がry

ついでなので涼しい海面もいっしょにいかがでしょうか?
波乗り雪風で

投稿: Mach0.9 | 2006.08.25 23:59

> mikamiさん
コメント、ありがとうございます。
毛抜きは、私も美容用のものを使っていますが、小さい部品だとピンセットよりしっかり保持できると思います。
っていうか、これはパールさんから教わったんですが(汗)。
まあ何とか小さな部品もくっつけてます(笑)。

投稿: Kazu | 2006.08.26 20:39

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
いや、ルーペは使ってません。肉眼です(きっぱり)。老眼ともいいます(笑)。
眼鏡ナシの方が、細かいところがよく見えるのですよ、実際。
艦体の工作は、ほぼ終了しましたよ。

投稿: Kazu | 2006.08.26 20:41

> Mach0.9さん
コメント、ありがとうございます。
お久しぶりですね。
で、海面は実は準備してたりして(笑)。
天一号作戦出撃時を再現したいと思っています。まあ、海面はまだ先ですが。

投稿: Kazu | 2006.08.26 20:44

1/700スケールは老眼の進んだ私たちオジサンには辛いですね。私も普段はメガネでヘッドルーペを使用してますが、ここぞという時にはメガネもヘッドルーペも外して肉眼でやってます。
目と対象物の距離は約10センチです(汗)

あの髪の毛(別に呪いの髪の毛ではありませんよ…笑)艦船モデルには重宝すると思いますよ~
頑張ってくださいね!

投稿: ヒロシ | 2006.08.27 00:56

> ヒロシさん
コメント、ありがとうございます。
そう、肉眼勝負ですっ!私も対象物との距離は、約10cmですっ!
ドールの髪の毛、ありがとうございました。
細さが抜群で、艦船の張り線によさそうですね。
がんばって張ってみます!

投稿: Kazu | 2006.08.27 18:05

kazuさん

 雪風いいですね。1/700でここまで工作する人はなかなかいませんよ。でないと、完成する艦が少なくなりますからね。

 ところで、球ぐりというものはどこで手に入るのでしょうか。私もこのような道具が欲しいとずっと思っていました。教えてください。

投稿: アルファ | 2006.08.28 13:29

> アルファさん
コメント、ありがとうございます。お久しぶりです。
1/700は実は30年以上前に作って以来(汗)なんで、どこまでディティールアップするか悩ましいのですが、目先が変わって、まあ楽しくやってます。
(元々パールさんに教わったのですが)ご質問の球ぐりですが、実は彫金用の工具で、私はネットでドイツ製の「ナナコ」というもの(12本セット)を買いました(東急ハンズなどの彫金用工具のところにも置いてあると思います)。
ちなみに、シェブロンが出している「ビーディングツール」は同様の機能のものですが、ナナコの3倍強の価格設定です(機能的により優れているのかもしれませんが)。
リベットを打ったり、打ち出したりするにはナナコで十分だと思いますよ。ご参考まで。

http://www.tool-net.jp/old/tool/engraving/beading-tool.htm
http://chevron-japan.web.infoseek.co.jp/btool-contento.html

投稿: Kazu | 2006.08.28 14:16

Kazuさん

ナナコの工具ですね、どうもありがとうございました。
東急ハンズの皮具コーナーにも行ったんですが、
大きなサイズの物しかなく困っていたところです。
ところで、この工具をばら売りで買うとグリップは
どうするんでしょうね。これだけでも買えるのかな。

早速、ネットで注文することにしてみます。

投稿: アルファ | 2006.08.30 18:28

> アルファさん
うむむ、多分ばら売りは、すでにグリップを持っている人を対象にした販売戦略だと思います。
ただし、このグリップ、やや大き過ぎて必ずしも使い勝手はよくありません。
toyさんは、改造してカルコに差し込んで使っておられるようです。
http://toy1.blog23.fc2.com/blog-entry-64.html

投稿: Kazu | 2006.08.30 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/11578632

この記事へのトラックバック一覧です: 水祭り!その4:

« 水祭り!その3 | トップページ | 水祭り!その5 »