« A.E.C Matador製作記−その1 | トップページ | お題バトンがやってきました… »

2006.03.26

RAF Airfield Bicycle製作記−その1

Bicycle0326_0

英国の銀輪。

年度末で相変わらずドタバタしているKazuです、皆さんこんばんは。
気がつけば、静岡まで2ヵ月を切ってますね(汗)。
でも、ちっとも進まないディオラマ計画の小物の準備…。

今日は、この前の記事でご紹介した自転車を組んでみました。

このキット、見た目は複雑ですが、実は組みやすいです。タイヤは、メタルのタイヤにスポークのエッチングパーツを張りつけるだけ。

胴体のフレームも、エッチングパーツを重ねて構成します。唯一難しいのはフェンダーですが、カッティングマットの上で筆をおしつけてコロコロさせれば、適度なカーブがつきます。
で、すべてのパーツを瞬着で固定し、メタルプライマーを吹いたのがトップ画像です。

あ、Matadorは、デカール貼りまで終えて、Lancasterと記念ショットです。

Bicycle0326_1 Bicycle0326_2 matadorlancaster0326

そういえば、この方からバトンが来ているのですが、恐妻家の私には重たいお題ですので、じっくり考えて回します(汁)。


|

« A.E.C Matador製作記−その1 | トップページ | お題バトンがやってきました… »

RAF Bicycle」カテゴリの記事

コメント

なんですか
この・・・コインの上に作品を置くというのが
流行ってるのでしょうか?
「目」がぁぁぁー SHSにはヘッドルーペ持参で行こうかなぁ

投稿: P.E・kisimoto | 2006.03.26 23:19

凄い凄い。エッチングでここまで立体感をだせるのですね。
かわいいなあ。これに合うフィギュアが欲しくなりますね。
エアのRAF人形セットにある自転車隊員などは使えないですかね。

ところで、とうとう琴線に触れるヘッドルーペを発見しました。
ただ少々お高いので買うか買わぬか、値段の交渉中。
静岡ではそれをして自転車を見てみたいなあ。

投稿: パ〜ル | 2006.03.26 23:44

ばーいしこー♪ばーいしこー♪
凄いッすねえ。こういうモノが商品化されているところ自体に驚きですが、組み立てた姿が立派に自転車している所も凄いです。
私もそろそろ老眼カウントダウン状態ですが、今のうちに細かい奴を作っておこうと思いました(苦笑)

投稿: ドカ山 | 2006.03.27 00:34

パールさん&Kazuさんのワンコインシリーズ・・・(笑)なんだか、ショックウエーブ2連発みたいな・・・。御二人共、恐ろしい御腕です。今風に言うと、マジヤバです。&最近の模型界のこのスーパーディティール状況・・・。そちらもスゴイですよね~。もはやミニスケの表現力は一昔前の35並・・・。そんな気が致しますっ!

投稿: 小春好 | 2006.03.27 01:55

> P.E・kisimotoさん
コメント、ありがとうございます。
これ、実はそんなに作るの難しくありませんでした。
「目」がしんどいのは、私も同じですが(笑)。
繊細な雰囲気が出るので、グッドですよ。
でも、小物ばっかり作って、どう並べるのかが悩みの種ですが…。

投稿: Kazu | 2006.03.27 11:58

> パ~ルさん
コメント、ありがとうございます。
いやいや、私のはキットを組んだだけなんで、パ~ルさんのバイク工作の足元にも及びませんよ。
そう、問題はこれを活かすフィギュアをどう手当てするかですね。今、手持ちのRAFフィギュアの中から候補者選定中です。
ヘッドルーペ、楽しみです。入手されたらレビューしてくださいね。

投稿: Kazu | 2006.03.27 12:05

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
意外と簡単に組めるんですよ、この自転車。
確かに商品化するセンスも大したもんだと思いますし(やっぱり、ぐっときて買っちゃいますもんね)。
キモは、新しい瞬間接着剤を使って、つけすぎないことのようです。
ところで、ドカ山さんが老眼のカウントダウンというには、まだお若いのではないですか(笑)?

投稿: Kazu | 2006.03.27 12:11

こんにちはー。

なんと
まあ。

エッチング製のキットということで、個人的にはかなーり興味あるのですが、最近は皆様超絶で、もうついていけません。(笑)
それにしても、飛行機だけでなく、こうした小物もしっかり揃えられているあたり、暗黒卿のアンテナの感度の高さに感服でゴザイマスよ。

投稿: カトー | 2006.03.27 12:14

> 小春好さん
コメント、ありがとうございます。
マジヤバなのはパ~ルさんの技量で、私の場合は、キットを見つけ出したことぐらいです(汗)。
でも、このキット、やたらめったら複雑になっていなくて、エッチングパーツとして組みやすいものです。
確かに、ミニスケールのディティールの再現度合いは、隔世の感がありますねえ。
目と腕がついていくのにも限界があるような気がします…。

投稿: Kazu | 2006.03.27 12:15

> カトー暗黒卿閣下
コメント、ありがとうございます。
実は、最近じぇんじぇん飛行機のキット買ってないんですよ(笑)。
色々揃えてはいるんですが、どう料理し、どう盛りつけるのか、色々悩みはツキマセヌ…。
このキットは、Big EDを駆使するカトー卿なら、組立てもちょろいもんだと思いますよ。切ってはるだけで、曲げるところはあまりありませんし。
一台どうですか(笑)?

投稿: Kazu | 2006.03.27 12:18

米粒に字を書く人たちの集会場はここですか?
これなら場所をとらずに家庭円満でございますね。
なんか作ってみたくなってきたバイク乗りの私。

投稿: toy | 2006.03.27 16:54

> toy暗黒卿閣下
コメント、ありがとうございます。
いや、これは組み立ては、そんなに難易度高くないです。
基本的に切って貼るだけなので、いいピンセットがあればしっかり組めます(そういう意味では、米粒に絵を書くのはパ~ル先生ですねえ)。
で、
場所をとらず家庭円満とは、まさに至言!
家内も「かわいい」と喜んでおりましたが、ディオラマのアイテムと説明し、ディオラマのベースを作ることを話すと機嫌が悪くなりました(笑)。

投稿: Kazu | 2006.03.27 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/9273224

この記事へのトラックバック一覧です: RAF Airfield Bicycle製作記−その1:

« A.E.C Matador製作記−その1 | トップページ | お題バトンがやってきました… »