« Avro Lancaster 製作記−完成しました! | トップページ | RAF Airfield Bicycle製作記−その1 »

2006.03.22

A.E.C Matador製作記−その1

Matador0322_1

小物の大物。

最近、異動の関係で何かと忙しいKazuです、皆さんこんばんは。

気がつけば、すっかり春めいてきたというのに、3月に入ってから今日が3度目の更新…。
模型の方も、Lancasterが完成して、ちょっと燃え尽き気味になってましたが、静岡まで残り2ヵ月ということもあり、先週末からディオラマの小物をいじりはじめました。

で、今作っているのが、Lancasterの横に配置する予定のA.E.C Matador。大型爆撃機等向けの給油車です。
キットは、ご存じAirfixのR.A.F. Refuelling Setに含まれているもの。以前、PE・kisimotoさんのブログでも紹介されていたものです。
蛇の目飛行機ディオラマでは定番ですが、小物という割には大型でなかなか大物の面構えです。

今回は、さっくり仕上げたいので、ウィンドシールドに透明プラバンをはめ込み、前輪のステアリングをちょっと切ったほかは、素組みです。

給油車とはいっても、いわゆるタンクローリーなので、そこそこの大きさですが、合いはなかなかバッチリ。ストレスなく組み上げることができました。

塗装は、ボックスアートではやたら黄味が強い絵になっていますが、色々調べるとどうやら濃い茶色のような色だった模様です。
セミグロスブラックでシャドーを入れ、ベースにレッドブラウンを吹いた後、レッドブラウン+ダークアースで明部を強調し、最後にさらにレッドブラウン+ダークアースにバフを加えたものでハイライトしました。

Matador0322_2 Matador0322_4 Matador0322_3

この後、ライトやバックミラーの細部を加工して、デカールを貼り、ドライブラシで突起部を浮き立たせて完成の予定です。

ところで、パ〜ルさんがB.M.W. R75を超絶工作でディティールアップしておられますが、そんな根性のない私は、エッチング+キャストメタルの自転車キットを購入しました。

メーカーは、Lancasterのディティールアップパーツを出しているFlightpath社。ここは、飛行場関連アクセサリーも色々作っています。
自転車セットには、男乗りの自転車のほか、女乗りのものも用意されています。タイヤがキャストメタルで、その他はエッチングパーツで仕上げるという構成です。

Matador0322_5 Matador0322_6 Matador0322_7

A.E.C Matadorが完成したら1台作ってみますので、またレビューします。

|

« Avro Lancaster 製作記−完成しました! | トップページ | RAF Airfield Bicycle製作記−その1 »

A.E.C Matador」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
マタドール、面白い形のトラックですね。退色した感じの塗装がばっちり決まっています。
当時の軍用トラックに珍しいフロントの形ですが、やっぱりエンジンは座席の後ろ側or下にあるんでしょうか。
このキットの存在知りませんでした。出来も良さそうなので探してみますよ。

投稿: あんぐら | 2006.03.22 22:35

うわっ、英国トラックですね~。こう言っては失礼かもしれませんが、豚鼻でブサイクですよね。でも、こういうトラック、私好きです。ワーキングカーっていう感じで。確か、イタリア軍にも似たようなトラックが・・・。う・・・ん。72も面白そうですねっ。

投稿: 小春好 | 2006.03.22 22:54

フューエルトラックはなかなか良いディティールですね。
客車のようなキャビンが印象的です。
それにしてもシャドウを残しての塗装上手いですね。
私は真似をしようと頑張ってもやっぱりシャドウがオーバーペイント
色に潰されてしまいます。
ところで、フライトパスの自転車、良さそうですね。
一セットに4台分入っているのでしょうか?タイヤは多めのようですが。
制作記事楽しみです。レディースを見てみたいなあ…。(独り言)

投稿: P | 2006.03.22 23:09

こんばんわ
燃え尽きたとおっしゃる割にはなんかいい感じの仕上がりですね。
写真映りもあるのでしょうが塗装が綺麗に思えて、一人でランカスターとの競演を夢想してしまいます。
航空機のジオラマは以外にベースとの相性がキモかなと最近思ってます。
私はどうしてもベースと機体が浮いてしまうんですよね。
今回のkazuさんの制作を参考にしようと思ってますので更新楽しみにしてます。

投稿: TOMO | 2006.03.22 23:12

こんばんは
RAF給油セット、よさそうですね。
付属のフィギアはやっぱり軟質プラなのでしょうか?
給油車のタイヤの色が実に微妙でよいですね。黒ではないのですね。なるほど。
エッチングの自転車は...見ただけで悶絶しました。

投稿: ドカ山 | 2006.03.23 01:52

こんばんはー

働く車らしい汚れ具合がイイですねええ
とても働き者の車に見えますねえ

うおう
自転車のキット欲しいいいいいいい

思ったら
エッチングの自転車て
こんなのおいらには作れないっすううう(´・ω・`)

投稿: しょぼんぬ | 2006.03.23 03:21

> あんぐらさん
コメント、ありがとうございます。
ブサイクな顔をしたトラックですよねえ、マタドール。
エンジンは、座席キャビンの真下についているようです。
このキット、パーティングラインが目立つのと、一部にプラが回りきっていない部分があることとを除けば、組み安いキットです。
最近、模型屋でよくみかけるので、ぜひトライしたみてください。

投稿: Kazu | 2006.03.23 11:25

> 小春好さん
コメント、ありがとうございます。
そうなんです、豚鼻でカッコよくはないんですが、無骨な感じが働き者という雰囲気を醸し出してますよね。
イタリアのトラックにもこんな顔したのがありましたねえ。
72/76のミニAFVは、さっくり作るにはいいサイズです。
今度お試しください。

投稿: Kazu | 2006.03.23 11:28

> Pさん
コメント、ありがとうございます。
プリシェイディングは、下の黒の発色と上に吹く塗料の濃度に影響されると思います。
私の場合は、下の黒にクレオスのセミグロスブラックを使っていますが、発色はなかなかいいと感じてます。
上に吹く基本色は、薄く薄く溶いて、何度かに分けて吹くとうまくシャドー部分が残ってくれます。
一度で仕上げようとせずに、ゆっくりまったり色を置いていくという感じです。
で、
自転車は視力との戦いになりそうですが、元のキットがシャープなだけに、PさんのディティールアップBMWに負けないように作らないといかんなあと思ってます(笑)。

投稿: Kazu | 2006.03.23 11:34

> TOMOさん
コメント、ありがとうございます。
ベース!
そうなんですよ、これがネックなんですよ…。
もともと、昔中坊のころにディオラマ(当時はジオラマ)をちょっとかじった程度なので、地面や草地の表現をどうしようか悩むことしきりです。
いろんな作例を見ながら、ブレストはやっているんですが、腕がついていくか、甚だ自信がありません。
今月中にはベースに着手しようと思ってますけど…。

投稿: Kazu | 2006.03.23 11:37

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
これはプラキットなので、フィギュアのセットのように塗料のノリが悪い材質ではありません。同梱されているフィギュアも、普通に塗装できそうです。
ただ、エアフィックスなので、軟質なプラであることには変わりませんが(笑)。
自転車は、私も組み立てられるかどうか、自信がありません。
小人さんのお手伝いがほしい今日この頃です。

投稿: Kazu | 2006.03.23 11:41

> しょぼんぬサマ
コメント、ありがとうゴザイマス。
働き者の車はイイですねえ、私もロバのような軍用車はスキです。
で、
自転車は、狩ってみたはいいものの、私も組み立てられるか全然自信がありませんよおおおお。

投稿: Kazu | 2006.03.23 11:42

flightpathってこんなものまで出していたんですね。
ペダルまでついていったいこの世界はどこまで細かくなっていくんでしょう?どれもこれも72とは思えない世界ですね。

投稿: toy | 2006.03.23 16:35

> toy暗黒卿閣下
コメント、ありがとうございます。
Flightpathは面白いものを出してますよ。
親ブランドのD.J.Parkinsのサイトで確認してみてください。
http://home.clara.net/djparkins/djpmasterframe.htm

Flightpathのほか、Firing Lineというブランドでも、ユニークなソフトスキンを発売してます。ちなみに、ここは、ダイレクトにオーダーも受け付けてくれます。
で、
自転車は、ホントこんなに細かくしてどーすんのよというディティールですが、作ってディオラマの脇役で使うことを考えると、ちょっとtoo muchな感じですねえ。まあ、今週末にでも作ってみます。

投稿: Kazu | 2006.03.23 17:23

こんばんは!初めておじゃまさせていただきます。
このトラックいいですね~ そういえば最近このBox見かけたような気がします。私もディオラマには興味あるんですが、知識が無い上いつも本体を作って満足してしまいます。

投稿: ヒロシ | 2006.03.25 00:20

タンクローリーに自転車ですかあ・・・どんなジオラマになるのかな?
今後の展開がとても楽しみです。
胸がワクワクしますよ。
しっかし、このタンクローリー、72に見えないなあ・・・。

投稿: 笛吹 | 2006.03.25 12:13

> ヒロシさん
コメント、ありがとうございます。
こちらでは、はじめましてですね。
私もディオラマは経験がないんですよ。
で、今、静岡での展示に向けて、色々アイディアを検討中です。
マタドール・トラックは、この後、クリアがけして、スミ入れ、ドライブラシの予定です。
これからも、よろしくお願いしますね。

投稿: Kazu | 2006.03.25 20:18

> 笛吹さん
コメント、ありがとうございます。
ディオラマはまだどうなるか、皆目見当がつきませんよ(汗)。
このトラックが72にみえないのは、実はよくできたキットなんです。
シャーシなどはかなりの部品数があります。
やはりエアフィックス、自国の製造品には思い入れがあるんでしょうか。
自転車は、現在組み立てに難儀してます(泣)。

投稿: Kazu | 2006.03.25 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/9212366

この記事へのトラックバック一覧です: A.E.C Matador製作記−その1:

« Avro Lancaster 製作記−完成しました! | トップページ | RAF Airfield Bicycle製作記−その1 »