« Avro Lancaster 製作記−その4 | トップページ | Avro Lancaster 製作記−その6 »

2006.02.15

Avro Lancaster 製作記−その5

今日は画像はアップしないKazuです、皆さんおはようございます。
最近、仕事の方もちと忙しく、更新が滞りがちで失礼しております。

で、画像をアップしない理由は、銃座を作成している途中で、細かなパーツを入れていた箱を落っことして、アイリスの銃身パーツを3本ほど折ってしまい結構凹んでいるからです。パーツはすべて発見しましたが、瞬間接着剤がちょっと古かったため修正も今一つピリッとせず、やや停滞気味です。

おまけに、エッチングなどで銃座にディティールを加えたばっかりに、クリアパーツとの合いにも問題が発生…。パーツの内側を削りこまなければならなそうです。

画像に収める気力もなく、ちまちま修正作業を繰り返しています。やはり大型機は、大変です。

ところで、静岡関連の記事を、ポータルの方に随時アップしています。
重要なご連絡もありますので、Blog Modelersのメンバーで静岡に参加される予定の方は、しっかりとお読みください。

|

« Avro Lancaster 製作記−その4 | トップページ | Avro Lancaster 製作記−その6 »

Lancaster」カテゴリの記事

コメント

たいへんでしたね。    でも、
Kazuさんが、小物の入った箱を落っことして、
ゆかに散らばったパーツを探している姿がなかなか
イメージ出来ませんよ。いつも整理整頓が行き届いている感じですので。
私は粗忽者なのでそうしたことは日常茶飯事。
床をはいつくばる姿も最近では堂に入ったものです。

投稿: パ〜ル | 2006.02.16 00:29

> パ~ルさん
コメント、ありがとうございます。
いやいや、私もかなり粗忽者でございます。作業中は、机の上が大混乱しております。
で、
今朝も、銃座をチェックしているときにうっかり落として、また2本銃身を折りました。買い足しケテーイでゴザイマス(涙)。

このレジンの銃身、ディティールはいいのですが、あまりにもろいので、あとから差し込んで固定できるようにした方がよさそうです…。

投稿: Kazu | 2006.02.16 08:57

こんばんは
銃身パーツはレジンだったのですね。
なるほど、衝撃には弱いのですね。
まったく余計な心配なのですが、静岡への搬送にも神経を使いそうですね。
私はとりあえず真鋳パイプにしときます。
まぁ忙しいときほど焦っていしまいますので、まずはゆっくり休んでから
再開されてはいかがでしょうか?⇒まんま自分に言い聞かしていますが(苦笑)

投稿: ドカ山 | 2006.02.16 23:50

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
ええ、レジンなので、衝撃にはきわめて弱いです。
強度を考えれば真鍮パイプがベターながら、ディティールは捨てがたい…。
で、昨日昼休みにアキバのホビステに走り、銃身を買い足してきました(笑)。今度は、後づけにします。
忙しいのは忙しいのですが、製作モティベーションは結構盛り上がってたりします。
2月中完成を目指して、今週末はがんばって進めようと思っています。

投稿: Kazu | 2006.02.17 09:11

kazuさんドンマイっす。
実は私もコンステレーションの主翼上面の一番目立つ大きなアルファベットが、2文字もぐちゃぐちゃになってしまってかなり凹みました。
修復に一文字30分は格闘してましたが、模型はそんな困難を乗り越える事も制作の楽しみかなと思いました。
主翼の「A」の文字が少しゆがんでますが・・・。
私も明日から静岡用の制作に入りますが、アドバイスよろしくお願いします。

投稿: TOMO | 2006.02.18 17:06

> TOMOさん
コメント、ありがとうございます。
おかげさまで何とかモティベーショんを維持してます。
銃身も、一旦取り外して最後に差し込むように工夫しました。
で、
コンステレーション、すげえスピードでできましたね。
(私には完徹モデリングをやる体力はありません…。)
というか、君、ホントに身体に無理かけるとイカンゾ!

投稿: Kazu | 2006.02.18 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/8669545

この記事へのトラックバック一覧です: Avro Lancaster 製作記−その5:

« Avro Lancaster 製作記−その4 | トップページ | Avro Lancaster 製作記−その6 »