« Avro Lancaster 製作記−その5 | トップページ | Avro Lancaster 製作記−その7 »

2006.02.18

Avro Lancaster 製作記−その6

Lancaster0218_1

プリ・シェイディング

ターレットの難航にもめげずLancaster製作のモティベーションを何とか維持しているKazuです、皆さんこんばんは。

今月中の完成を目指して、地道に作業を進めています。

Lancaster0218_5 Lancaster0218_6 Lancaster0218_2

下面の基本塗装は終了。まず、ベースとしてセミグロスブラックを下面全体に吹きました。
爆弾倉は素組みですが、まずますの雰囲気が出ていると思います。
ループアンテナは、エッチングパーツディティールアップ。
難航した銃座ですが、前部銃座はとりあえず銃身を外して機体に設置しました。弾帯も、エッチングパーツです。
この辺のパーツをつけてから、機体上面の塗装に備え、パネルラインにシェイディングを施しました。

Lancaster0218_3 Lancaster0218_4 Lancaster0218_7

問題の銃座。後部銃座は、銃身が外せそうになかったので、折れた部分を修復し、クロームシルバーで軽くドライブラシしました。ただし、上部銃座は構造が複雑で、まだ組み上げていません。

なお、今日の目玉は、400ポンド爆弾。
カーキグリーンで塗装した後、バフで埃を表現し、お遊びでチョークでの落書きを再現。白の色鉛筆の先を尖らせて書き込みました。
"A GIFT FROM DOWNUNDER"は、資料に実際に書き込まれていたメッセージ。なるべく実物に似せたつもりです。

次は、上面迷彩の基本塗装に入ります。

|

« Avro Lancaster 製作記−その5 | トップページ | Avro Lancaster 製作記−その7 »

Lancaster」カテゴリの記事

コメント

なんというか銃座のディティールがすごいです。
銃身の放熱口などは見ていたらよだれが出てきました。
塗装も順調に進んでいる模様、天気さえよければ
近いうちに完成ですね。とても楽しみにしています。

投稿: パ〜ル | 2006.02.18 23:05

こんばんはー。
細かいところやアクシデントでで難儀されているなーと見ていたら、あっという間に塗装まできてますね。
とりあえずセミグロスの下面、どんなテクが繰り出されるか楽しみです。

投稿: ウイングバック | 2006.02.19 00:27

KAZUさんこんばんは。
すべてがいい感じですね。
自分はシェーディングはあまり試したことないので
今度やってみます。
銃座などのディテールもすばらしいですね。
エッチングが効いてますね。
薄いところを薄く、シャープに再現できるので
自分もエッチングは割と使います。
さすが国産キットはカチッとしてますね。
このディテールでスターリングでも出して欲しいな・・・。

投稿: JW | 2006.02.19 01:16

進んでますね。銃身もバッチリですよーぉ。
銃座の弾帯もリアルさをかもし出してますね。
完成した生を見れないかと思うとこっちのモティベーションが下がります。
私も今回のコンステで知りしたが、72といえども4発機は取り扱いが大変ですよね。
胴体のお尻や主翼の端でビンをなぎ倒す事がよくありました。
塗装時は特に・・・がんばってください。

投稿: TOMO | 2006.02.19 15:54

影付け手法ですね
しかし、ここまでの画像・・・ダースベーダーに似てません?

投稿: P.E・kisimoto | 2006.02.19 21:14

> パ~ルさん
コメント、ありがとうございます。
ディティールはいいんですけど組むのは難物です、レジンの銃身…。
でも、目立つところなので、手を入れてみました。
塗装は、これからが勝負ですね。
シェーディングをうまく活かしたいと思います。

投稿: Kazu | 2006.02.19 22:01

> ウイングバックさん
コメント、ありがとうございます。
下面は、セミグロスブラックを先に塗ったのは、ちょっと失敗したかなとも思ってます。
黒にハイライトを入れていくより、グレー系で塗って影を入れていった方がよかったかも…。
ま、やってみます(笑)。

投稿: Kazu | 2006.02.19 22:04

> JWさん
コメント、ありがとうございます。
この後、ダークアースとダークグリーンの調色が待ってます。
褪色した感じがうまく出るといいんですけどねえ。
いかんせん大きな機体なので、色々苦労しそうです。
このクオリティでスターリング出たら、即買いますねえ(笑)。

投稿: Kazu | 2006.02.19 22:06

> TOMOさん
コメント、ありがとうございます。
確かにデカいと、取り回しに苦労しますね、
でも、このランカスター、まだ翼と胴体を接着していないんですよ。
翼の固定は、すべての塗装工程が終わってからにしようと思っています。
完成品は、どっかでお見せしますよ(笑)。

投稿: Kazu | 2006.02.19 22:10

> P.E・kisimotoさん
コメント、ありがとうございます。
うむむむ、確かにダース・ベイダーに似ているような…。
単葉重爆でも暗黒面に堕ちているとは気がついていませんでした(笑)。
影付け、うまく行くといいんですが…。
がんばってみます。

投稿: Kazu | 2006.02.19 22:12

こんばんは
うはっ!スゲー!
この大きさだとシェーディングも大変だ...
大型機は未経験なので大変参考になります。
間延びしないようにするにはそれなりのメリハリが必要なのですね。
銃身のパーツはなるほど是が非でも使ってみたくなるクオリティーですね。いやはや、大きくても隙が無く、さすがKazu隊長ですね。
私も3月にはいったら、ハリファックス行きます。

投稿: ドカ山 | 2006.02.20 00:09

こんばんは
陰付け後の塗装がが苦手なものでいつも先に塗った黒がもったいない事になっていますがこれからの塗装を是非とも参考にさせていただきますね。
どこかで見られるのですねこれが(笑
楽しみにしています。

投稿: mikami | 2006.02.20 00:19

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
そうなんです、デカいだけにどう間延びさせないようメリハリをつけるかが塗装の課題ですねえ。
銃身はディティールはいいんですが、中に真鍮線を通してほしいと思うことしきりですよ。
買い増した分は、まださわっていません。
ハリファックス、期待してますよ。
難物キットのようですが、ドカ山さんにかかればちょろいもんだと思います。
お互いにがんばりましょう!

投稿: Kazu | 2006.02.20 08:53

> mikamiさん
コメント、ありがとうございます。
つけた陰影をどう活かすか、なかなか難しいですよね。
今回は、希釈した塗料をうすうす重ね吹きする予定です。
でも、大きいので、大変かも知れませんねえ(笑)。

投稿: Kazu | 2006.02.20 08:55

こんにちはー。

他の方も言及されていますが、弾帯とか銃身とかのディテール感、たまりませんねえ。
ハァハァしてしまいますよ。

こういった小物のレジンパーツ、洗浄はどうされてます?
参考までに教えてください。

投稿: カトー | 2006.02.20 11:23

> カトー暗黒卿閣下
コメント、ありがとうございます。
レジンとかエッチングのパーツはシャープな感じですが、組み立ても大変でゴザイマス。
とくに大型4発重爆を作っていると、細部のディティールアップと全体の進行のバランスがなかなかとりづらく、結構苦戦してます。
で、
小物レジンパーツの洗浄は、私の場合、ぬるま湯の入った小さな器に入れて、家庭用の中性洗剤をたらし、しばし置いておきます。
その後、いらなくなった筆で細部をこちょこちょ洗ったのち、ペーパータオルの上に置いて自然乾燥させてます。

投稿: Kazu | 2006.02.20 12:39

こんにちはー

銃身の放熱口のディティールは
レジン様様の出来具合ですねえ
最近だとQuickboostがブヒブヒと銃身パーツを
発売してくれていて頼もしい限りですねえ

大型機の製作には
大胆さと繊細さが要求される悪寒ですねえ
おいらはも少し修行してから挑みたいと思いますう(・ω・)

投稿: しょぼんぬ | 2006.02.20 17:12

> しょぼんぬサマ
コメント、ありがとうゴザイマス。
最近の銃身は、気合入ってますねえ。
Quickboostのパーツは、まだ見たことないんですが、お狩いあげになったのでせうか?
興味アリアリでゴザイマスよ。
で、
大型機は全体と細部のバランスをどうとるかが難しく、苦労をしております…。

投稿: Kazu | 2006.02.20 17:45

ちょっと寝込んでる間に全容が現れて来ましたね。
イギリス重爆の黒は結構しっとりとしている写真が多いのでちょろちょろアクセントをつける程度で良いと思います。48を作った時にも思いましたが、広大な主翼をどう攻めるのか大変注目しておりますです。

投稿: toy | 2006.02.20 21:04

> toy暗黒卿閣下
お久しぶりでございます。コメント、ありがとうございます。
お加減はいかがでございますか?

で、ランカスターは、まだまだ先は長いですよ。
おっしゃるとおり、下部の黒はちょこちょこテキトーにハイライトを入れて、お茶を濁すかもしれません(汗)。
上面は、ダークアースもダークグリーンも調色して臨む予定です。
48に比べると、72はかわいいものですかね(笑)。

投稿: Kazu | 2006.02.20 21:21

こんばんは
相変わらずのみごとな緻密な工作!まね、できません。
翼幅が、思っていた以上に広いですね。数年前に作った古いレベルのキットより、一回り大きく見えます。
ランカス君、私もまたやりたくなりました。

投稿: 高○ | 2006.02.24 22:18

> 高○さん
コメント、ありがとうございます。
ハセガワのランカスター、レベルのリベットごつごつと比べると、いかにも洗練された感じのいいキットですよ。
ただ、私は大型機の製作になれていないので、色々四苦八苦しとります。
今日は、デカール貼りまで行きました。
詳しくは、上の記事をご覧ください。

投稿: Kazu | 2006.02.27 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/8724310

この記事へのトラックバック一覧です: Avro Lancaster 製作記−その6:

« Avro Lancaster 製作記−その5 | トップページ | Avro Lancaster 製作記−その7 »