« Westland Lysander製作記−完成しました! | トップページ | Avro Lancaster 製作記−その3 »

2006.01.29

Avro Lancaster 製作記−その2

Lancaster0129_1

RAF's heavy.

最近、静岡関連の記事をポータルにアップするのに忙しく、自分のブログの更新も滞りがちのKazuです、皆さんこんばんは。
 
AVROさんに、「ブログの更新は会社で行うのが身上」といわれたこともあり、今日は自宅で更新します(笑)。

ライサンダーで強敵Pavlaとの戦いに破れた後にチャレンジしているのが、これ。ハセガワのAvro Lancasterです。
昨年8月ごろには士の字になっていたのですが、その後、Vernon、Gradiatorなどの暗黒界との闘いや、ミニAFVへの浮気などが続いていたため、放置されていたものです。

改めて細部をチェックすると、接合部の合わせ目が十分に消えていなかったり、パテのヒケが見つかったりしたので、再度溶きパテを盛ってサンディングし直しました。タイヤは、パーツ自体が自重変形を再現していますが、ちょっとバルーンっぽくないので、ペーパーで十分にならしてあります。

Lancaster0129_2 Lancaster0129_3 Lancaster0129_7

細部のディティールアップには、ハナンツで購入したFlight Pathのエッチングパーツを使ってみました。
元々エアフィックスのキット用なので使える部分は限定されますが、各銃座や尾輪にこんな感じでディティールを加えてみました。

Lancaster0129_4 Lancaster0129_5 Lancaster0129_6

機体も大きく、あちこちに手の脂などもついてそうだったので、一度薄めた中性洗剤のお風呂に入れました。
引き続き細部の工作を進め、その次にはサーフェサーを吹く予定です。

静岡に参戦予定の作品です。

|

« Westland Lysander製作記−完成しました! | トップページ | Avro Lancaster 製作記−その3 »

Lancaster」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
製作記2回目にしてすでに士の字とは!
ハセガワのクオリティーもさることながら、Kazuさんも早業ですねえ。

>静岡に参戦予定の作品です。

ということですかそうですか。
私もハリファックス頑張ります。でスターリングはどうしよう?

投稿: ドカ山 | 2006.01.29 22:00

「休日出勤ですか?」とつっこみを入れそうになってしまいました。
こんばんは。
大きな機体に細かい作業。完成後マクロレンズで撮ると激しく
リアルになりそうな予感。
ところで、いっしょにお風呂に入ったそうですが、
乾燥はどうされていますか?中に水滴が残っていると、
キャノピー接着後内側が水蒸気で曇ったりしませんか?

投稿: パ〜ル | 2006.01.29 22:13

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
いや、去年の8月に、ほぼ士の字になってたんですよ。
で、小物が多くてうざったかったんで、なかなか進んでなかっただけです(汗)。

ハリファックス、いいですねえ。期待してます。
で、
スターリングは、キット見ましたが萎えますた…。
ありゃ、大変そうですぜ(大汗)。

投稿: Kazu | 2006.01.29 22:18

> パ~ルさん
コメント、ありがとうございます。
「休日も平日もなくがんばってます」とボケてみますよ。
で、
ランカスターはでかいので、細部をちまちまやってると、ちっとも進みません(涙)。
お風呂からあがったLancちゃんは、食卓のうえで一晩自然乾燥させて、その後も放置しています。

ご指摘のとおり、あまりあわてて作業するとキャノピーが曇るリスクがありますね。
3日間ほど空ければ、大丈夫じゃないかなあ。

投稿: Kazu | 2006.01.29 22:22

Kazuさん こんばんは

もう会社のPCからはブログの更新が出来なくなった者でございまして会社のPCを開けるのがつまらなくなってきました。
マスキングテープから測っても大きな機体ですが大きくてもクオリティが変らないのが流石ですね。

投稿: mikami | 2006.01.29 23:44

こんばんわ。
最近、気になっていたのですが、カーモデルだとボディをかならず塗装の前には洗車していたのですが飛行機はどうするのかなと?
洗っている最中にアンテナやらシートやら操縦桿やらが外れてしまいそうでウエットティッシュで軽く拭いていたのですがそれだとたまに塗装がマスキングテープに持っていかれてました。記事を見ると洗っておられているので洗うのが基本なんでしょうか?。
後、キャノピーは接着してから塗装ですか?。過去に削りかすが入ったままになった作品があります。
シートベルトのたるみ具合がいいですねー。

投稿: できやん。 | 2006.01.29 23:45

こんばんわ。

おいらは三種類の入浴パターンを持っていますよ。
切り出す前にランナーごと洗うのと、
士の字に固定する前に洗うのと、
士の字にしてから洗うのと。

ふつうは、士の字に固定する前に最後の入浴にしてます。
士の字にした後は、シャワーまで、みたいな。

っていうか、よほど密閉していなければ、キャノピー着けた後でも
問題は無いようです。あくまでおいらの体験でしかありませんが。

ベリーダンサー号も、お風呂に入れて、湯船に落っことしてしまって全水没したことがあります。
キャノピーの端に水が溜まってしまったのですが、
放置したら乾いていました。
水垢も無いようです。

とか真面目にコメントいれてみますよ。

投稿: Mach0.9 | 2006.01.30 00:33

こんばんはー

四発重爆クラスの機体になりますと
組立作業は
大胆さと緻密さが要求される気が致しますね
それにしても
この時期は
お風呂が気持ち良いですね

何となく可もなく不可もない
無難なコメントをしてみるワタクシなのです。

投稿: しょぼんぬ | 2006.01.30 03:09

相変わらずすごいですね~。
4発の爆撃機となると部品数もすごいんでしょうね。

ところで、質問したいのですが
エッチングの切り出し、整形はどのようにやっていますか?
私は切り出しをデザインナイフでやってるんですが
すぐに刃がだめになってしまいます。

投稿: ピピン@ | 2006.01.30 06:36

> mikamiさん
コメント、ありがとうございます。
会社のPCから、堂々とお返事書いてます(笑)。

4発機は、実は初めての経験なので、細部のディティールアップと全体の進行のバランスがわからず、試行錯誤の繰り返しです。
妙に細かなところにこだわったり、かなりアバウトに作ってるところがあったり、出来上がるとアンバランスな感じになる悪寒プンプンですよ(笑)。

投稿: Kazu@昼休み | 2006.01.30 13:06

> できやん。さん
コメント、ありがとうございます。

Mach0.9さんが解説されておられるので詳細は割愛しますが、私の場合、国産キット(タミヤ、ハセガワ)の場合は、まずパーツの段階で”風呂”にはいれません。離型剤はほとんどついてなさそうだからです。
しかしスジ彫りやリベットに、ヤスリやペーパーの削りカスがつまったときには、風呂か、親戚にもらった超音波洗浄機(眼鏡洗い)でカスを洗い落としています。
一方、東欧系の簡易キットは、パーツ段階で中性洗剤を溶かしたぬるま湯で離型剤を落としています。

士の字になった後(塗装直前)は、表面の汚れやスジ彫りの目詰まり具合で、洗ったり洗わなかったり。今回、風呂に入れたのは作業前に手にニベアをつけていたので(笑)、ちょっとテカテカした部分が気になったからだったりします。
皆さんがどうしておられるかはよく知りませんが、洗った方が塗料の食いつきは間違いなくいいはずです。

マスキングテープは、マスクする前におでこや手の甲で何度か貼って剥がしてを行なって糊を落とすと、塗料を持っていく危険が少ないですよ。

キャノピーはこれもキット次第で、塗装してからつけたり、つけてから塗装したりです。キャノピーに機体の一部がモールドされている場合には、つけてから接合部を修正することになると思います。
今回のランカスターの場合は、操縦席のキャノピーは塗装前の固定、各銃座のキャノピーは塗装後の固定の予定です(機体側面の窓はすでに固定して隙間をパテで埋め、ヤスリ+コンパウンドで磨いてあります)。

投稿: Kazu@昼休み | 2006.01.30 13:23

> Mach0.9さん
コメント、ありがとうございます。

あたしの場合、Machタンほど神経質にお風呂にいれませんよ(笑)。

でもたしかに、士の字後はシャワー程度でいいのかもしれませんね。水洗いで注意しないといけないのは、コクピットにデカールを使った場合ですね。剥がれたら目も当てられんですし。

投稿: Kazu@昼休み | 2006.01.30 13:27

> しょぼんぬサマ
コメント、ありがとうゴザイマス。

4発重爆クラスの機体になりますと組立作業は
大胆さと緻密さが要求される気がイタシマスよ。
それにしても
この時期はお風呂が気持ち良いですよ。

可もなく不可もないお返事をしてみますよ。

投稿: Kazu@昼休み | 2006.01.30 13:30

> ピピン@さん
コメント、ありがとうございます。
4発重爆はさすがに部品数も多く、なかなか形が見えてきません。

で、エッチングの切り出し、私もデザインナイフを使っています。すぐ刃こぼれしてしまうのはやむを得ないので、こまめに刃を変えています(逆に、必要なパーツは一気に切り出すようにしていますが、よくパーツをなくします<笑>)。

切り出した後の整形は、プライヤーにはさんで、タミヤのダイアモンドヤスリで整形します。このヤスリ、かなりスグレモノで、ちょっとしたゲートの残りはすぐに削りとれますよ。
一度、お試しあれ。

投稿: Kazu@昼休み | 2006.01.30 13:35

KAZUさんこんばんは。久しぶりの登場ですね、ランク。
「flight Path」なるエッチングは初耳です。
なんか細かい所まであって良さそうですね。
まあハセガワ用でないみたいなので、全部は使えそうもなさそうですが・・・。尾輪のディテールなど「エデュアルド」などには無いような。
私はお風呂にはあまり入れません。シャワーと歯ブラシでゴシゴシとやります。
スターリン、ドカ山さんに勧められたんですが・・・
私も「萌え~」じゃなく「萎え~」となってしまい
安請け合いして間に合わないと、大変な事に
なるので「お断り」させていただきました。
すいません~。

投稿: JW | 2006.01.31 00:24

横レス、スミマセン

>JWさん、
スターリングの件、気にしないでくださいね。
こちらこそ、ご無理申し上げまして申し訳ないです。

どなたかスターリング作りませんか?
来たれ!勇者!

投稿: ドカ山 | 2006.01.31 00:54

そういえば、以前kazuさんドカ山さんと三人で恵比寿のへんてこな模型屋さんに行った時に見た洋書がありましたけど、覚えてますか?
写真の真ん中の本がたしかそれですよ。
もしかしてそうですか?

毎度ながらkazuさんやドカ山さんのコメントを見てると蛇の目にモティベートされます。
とりあえず今は体調とコンステレーションを完成させます。

投稿: TOMO | 2006.01.31 09:10

> JWさん
コメント、ありがとうございます。
ランクは、久しぶりに放置プレイから解放して、このまま完成させてやろうと思っています(2月中の完成が目標です)。

Flightpathは、イギリスのD J Parkinsというメーカーの航空機アクセサリーのブランドです。
ここのキットやパーツはえらくマニアックで、銃座のフレーム(窓枠)なんかもついてます。すべて使えませんが、ディティールはやたらシャープです。
私はハナンツから買いましたが、こちらのサイトからダイレクトでも買えるみたいですよ。
同じD J ParkinsのFiring Lineというブランドからは、1/76の面白いソフトスキンのキットも出ていますよ。
http://home.clara.net/djparkins/djpmasterframe.htm

スターリングは、今月のマスターモデラーズに前島さんのスゴイ作例が出ていて、オレも行くぞと思ってキットの箱を開けたのですが、直後にそのままそっと蜜柑山にしまいました(笑)。

今度、二人でこっそりスターリング祭りやりましょうか(笑)。

投稿: Kazu | 2006.01.31 16:51

> ドカ山さん
たびたびコメント、ありがとうございます。

スターリングではJWさんを煽っていたのですかそうですか(笑)。

JWさんへのレスにも書きましたが、マスターモデラーズ最新号に出ている前島さんのスターリングとウェリントンは、スゴイ刺激になりました。

あの記事読んで、一気にランカスターに火がついたというのが事実です。

投稿: Kazu | 2006.01.31 16:54

> TOMOちゃん
病床からコメント、ありがとうございます。

この本は、例の恵比寿の模型屋にあったヤツと同じですが、法外な値段がついていたので、結局Squadronのセールで買いました。

まずは体調を戻して、ゆるゆると模型にも復帰してください。
人間、身体が資本ですよ。
ですので、コンステレーションは、ゆっくり待ってます。

投稿: Kazu | 2006.01.31 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/8400154

この記事へのトラックバック一覧です: Avro Lancaster 製作記−その2:

« Westland Lysander製作記−完成しました! | トップページ | Avro Lancaster 製作記−その3 »