« Gloster Sea Gladiator製作記−その4 | トップページ | Blog Modelersの新メンバーをご紹介します! »

2005.11.25

Gloster Sea Gladiator製作記−完成しました!

SeaGladiator1125_1

N5531/H “Hope”

日本シリーズでの阪神4連敗という衝撃の事態で生じた怒りと悲しみのおかげで、ダークサイドの力が炸裂したKazuです、皆さんこんばんは。
暗黒界の力を受けて、私としては異例の速さの1ヶ月という短期間で、Matchbox 1/72 Gloster Gladiator改造Sea Gladiator Mk.I (Fighter Flight Malta)、完成です。マルタ防衛隊の1機、N5531/H 愛称"Hope"を再現しました。

今回使用したのはご存じマッチの大雑把なキットですが、本家とあってプロポーションはずんぐりむっくりしたGladiatorの力強い雰囲気を捉えていると思います。
しかし、細部はさすがに厳しいものがあるので、コクピットをAirwaveのエッチングパーツでディティールアップしました。マッチのキットはGladiator Mk.I なので、2翔プロペラのみしかパーツがありません。Sea Gladiatorにするために、Heller のキットから、3翔プロペラをコンバートしています。エンジンは、真鍮線や真鍮パイプを使って適当にディティールを加えてあります。

SeaGladiator1125_2 SeaGladiator1125_3

メインの改造点として、Sea Gladiatorにするため、機体下部にアレスティング・フックを取りつけました(マルタの Sea Gladiatorには、下面にディンギーパックは取りつけられていないようです)。エグゾーストパイプと翼下機銃も、真鍮パイプに交換しています。アンテナは、Fairey Swordfishなどにみられるピンと立った1本のものとしました。なお、マッチのキャノピーは古さのせいかクラックが入っていたので、こちらもエレールのキャノピーに交換しましたが、ちょっと高さがありすぎたかもしれません(汗)。

SeaGladiator1125_5 SeaGladiator1125_4

塗装は標準的なFAA塗装ですが、RAFから急遽借り受けた機体であることを考慮して、下面は大戦初期のRAF黒白迷彩としました。この辺りの解釈は諸説あるようですが、模型映えをねらって上下翼とも黒白で塗り分けています(1/48 ローデンのキットの解釈に従いました)。張り線には、鮎釣り用の0.165mmの黒テグスを使用。一部の直線的な部分には、ガンブラックで黒染めした0.2mm真鍮線を張っています。翼間支柱は、最近噂のStrutzに交換して強度を確保しました。

SeaGladiator1125_6 SeaGladiator1125_7

反省点は、ちょっとFAA迷彩部分にウェザリングを施しすぎたこと。一応、外人モデラーの塗装効果を狙って、パネルラインなどにスモークでシャドーを入れたのですが、塗料の希釈度合いが濃く、近くで吹きすぎたせいもあり、ちょっと汚しすぎました。何度か修正を試みましたが、これ以上は全部塗り直しになってキリがないので、マルタ防衛の激戦に酷使された機体という設定にして、これでよしとしました。
機体下面では、白色部にはごく薄いグレーでシャドーを、黒色部にはつや消しのジャーマングレーで軽くハイライトを入れています。

さあ、次いってみよ〜(これ、言ってみたかったんです)。

|

« Gloster Sea Gladiator製作記−その4 | トップページ | Blog Modelersの新メンバーをご紹介します! »

Gladiator」カテゴリの記事

コメント

KAZUさんこんばんは。お疲れ様でした。良いじゃないですか~。小さい機体が大きく見えます。コクピットのディテールアップも効果大。ウェザリングも私的にはいい塩梅だと思います。是非生で見たいですぅ。

投稿: JW | 2005.11.25 20:29

こんばんはー
完成おめでとうゴザイマスー
暗黒の力に満ちた完成品からは
只ならぬオーラを感じるのでゴザイマス
翼下面の黒塗装のウェザリングは
激しく参考になりますう

激戦で酷使された雰囲気が良く出ていて
とてもステキなのでゴザイマス

次回もマルタですか?
らんかすたあああ???(・ω・)

投稿: しょぼんぬ | 2005.11.25 20:48

こんばんはー
完成おめでとうございます、もう早出来てしまったのですね。
以前にも書きましたが私はこういう作風も大好きでございます。自分では中々まとめることが出来ないのでこの塗装はじっくりと参考にさせていただきますー。

投稿: mikami | 2005.11.25 23:25

こんばんわ。
完成おめでとうございます。

いつもながら、きっちり手の入った良作ですねえ。
粗製濫造のおいらは、穴掘って隠れてしまいましょうか。

やはり、怒り、悲しみと言ったモチベーションが重要なのですね。
と、いうことは来年の阪神が二歩ン尻ー図で肺僕あれ?…あーあー、ちょっとIMEの調子が悪いようです。何か、変換が上手く行かなくなったような…

展示会でぜひ実物を拝見させてください。
決して、おいらのブツとは並べないようにしてw

投稿: Mach0.9 | 2005.11.25 23:38

こんばんは。

完成オツカレサマでゴザイマシタ。
塗装に関しては、これくらいクドくないと外人風にならない悪寒すよ。
それに、クドいかどうかにはこだわらないのが外人風の基本じゃなかろうかと。(笑)
とりあえず、下面の白黒塗りは激しく参考にさせてもらいますね。

コクピットとエンジン周りのディテールあーんど雰囲気に激しくプレッシャーと感じつつ、
遣唐使のバトン、確かに受け取りましたよ。

撮影はEF-S60mmマクロ、絞り開放って感じですか?

投稿: カトー | 2005.11.26 02:22

こんばんは。
写真もいいですが、実物はすごい迫力でした。
単に飛行機と言うだけではない、ストーリーが感じられました。
下面の白黒マーキング、とてもメリハリがあって素敵ですが、
これを見ると、Queen の「伝説のチャンピオン」プロモーションに
出ているフレディーの衣装を思い出してしまうのは私だけですか?

投稿: パ〜ル | 2005.11.27 00:07

お見事ですね。ここまで、やられたらマッチのグラ君も本望ですね。写真で見る本物の厳つさが完成品から伝わってくるようです。
次も楽しみにしています。

投稿: 高○ | 2005.11.27 00:15

こんばんは
本日はトライアングルさんの展示会にてお世話になりました。
生で拝見でき、緻密な作りこみと上品さが良くわかりましたよ。やっぱり複葉機には繊細さが重要と再確認しました。
ウエザリングも迫力満点でいい塩梅だと思いました。参考にさせていただきます。

投稿: ドカ山 | 2005.11.27 00:24

kazuさんこんばんは。昨日はお会いできて光栄でした。kazuさんの3機を拝見でき、モチベーションが上がりました。あれくらいの完成度を目指して今後も精進したいと思います。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: JW | 2005.11.27 02:27

> JWさん
コメント、ありがとうございます。
本日、ヤボ用でレスが遅くなり、すみませんでした。
ウェザリングは、まだまだ改善の余地ありです。しかし、塗装は奥が深いですねえ(笑)。

投稿: Kazu | 2005.11.27 21:58

> しょぼんぬさん
コメント、ありがとうございます。
本日、ヤボ用でレスが遅くなり、すみませんでした。
今回は黒も白も、原色を使っていませんが、それがよかったみたいです。
次は、コンペの借金返済が近いので、ストランレアに行ってみたいと思っていますよおおお。

投稿: Kazu | 2005.11.27 22:01

> mikamiさん
コメント、ありがとうございます。
本日、ヤボ用でレスが遅くなり、すみませんでした。
自分的には塗装はまだまだですが、ご参考にしていただければ幸いです。
しかし、ウェザリング、汚くなるちょっと手前で止めることの難しさを痛感してますよ(笑)。

投稿: Kazu | 2005.11.27 22:04

> Mach0.9さん
コメント、ありがとうございます。
本日、ヤボ用でレスが遅くなり、すみませんでした。
展示会ではお世話になりました。楽しい時間を過ごさせていただきました。Machさんの作品群は粗製濫造なんてことなく、とても個性が強かったと思いますよ。
で、阪神惨敗は、模型に集中するいいきっかけだったかもしれません(涙)。

投稿: Kazu | 2005.11.27 22:10

> カトーさん
コメント、ありがとうございます。
本日、ヤボ用でレスが遅くなり、すみませんでした。
遣唐使バトン、しっかりアンカーにつなぎましたよ(笑)。エデュアル度の高い精緻な作品、期待しちゃいますよん。
で、マクロレンズは、じぇんじぇん使いこなせず、四苦八苦状態でゴザイマス。

投稿: Kazu | 2005.11.27 22:13

> パ~ルさん
コメント、ありがとうございます。
本日、ヤボ用でレスが遅くなり、すみませんでした。
展示会では、お世話になりました。私の作品より、パールさんのBu133の方が、メッセージ性ははるかに強かったですよ。
いい刺激をいただきました。私もBu133やらないとなあ…。

投稿: Kazu | 2005.11.27 22:16

> 高○さん
コメント、ありがとうございます。
本日、ヤボ用でレスが遅くなり、すみませんでした。
マッチのキットは、手はかかりますが、出来上がればいい味が出ると思います。
次は、他のメーカーのキットにしたいんですが、順番待ちの方もマッチなんです(鬱)。

投稿: Kazu | 2005.11.27 22:20

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
本日、ヤボ用でレスが遅くなり、すみませんでした。
展示会では、お世話になりました。生ファイアブランド、衝撃的でしたね。安芸製作所のキットといっても通用しそうでしたよ。
また、色々教えてください。

投稿: Kazu | 2005.11.27 22:24

> JWさん
またまたコメント、恐縮です。
こちらこそ、展示会ではお世話になりました。
JWさんのウォーラス、大変いい刺激になりました。次回作は、ストランレアにしたいと思っています。
これからも、色々とご指導ください。よろしくお願いします。

投稿: Kazu | 2005.11.27 22:27

こんばんわ。
展示会にお二人でご来場いただき、ありがとうございました。
なんつーか、いーですねー。

ヴァーノン、良かったですよ。飛行機模型の、良い姿でした。
どこにおいてあっても恥ずかしくない、知性あるもの。
そして110本の執念と言うか、オーラを感じるのです。

投稿: Mach0.9 | 2005.11.27 23:08

> Mach0.9さん
またまたコメント、恐縮です。
展示会、大成功だったようで何よりです。お疲れ様でした。それからホント、お世話になりました。
家内ともどもしゃしゃり出て、すいませんでした(笑)。
ヴァーノンは細部が粗々なので、シゲシゲ見られると恥ずかしいのですが、お褒めいただき恐縮です。また、ゆっくりお話ししましょう!

投稿: Kazu | 2005.11.28 10:31

ジツシです。

いや~ん、阿修羅男爵のような迷彩カコイイでーす、うっとり。

複葉機は模型としては一番映えそうな感じですねぇ。フィギュアをからめるとものすごく人間味を出せるジャンルじゃないかと思ったりしてまーす。1/32くらいから徐々にスケールダウンして試していってみたいですよぉ。1/72は…わたしには小さすぎですよぉ。

お見事でーす。まじかでみてみたいかも、うずうず。

投稿: ジツシ | 2005.11.28 16:12

> ジツシさん
コメント、ありがとうございます。
そうなんです、現在、フィギュアとの絡みを模索中です。
ここにきて、ディオラマやりたくて、やりたくて…。
また、製作記事をアップしますので、ご意見・コメントいただければと思います。
よろしくお願いしま~す。

投稿: Kazu | 2005.11.28 21:22

プリシェーディングも奥が深いですよね。ですが、お写真を拝見する限りほどよく雰囲気醸し出してると思います。完成本当にお疲れ様でした。Gladiatorも海軍型ってだけで、もぅやられてしまいました。ジオラマも楽しみにしています。

投稿: magus | 2005.11.30 14:28

> magusさん
コメント、ありがとうございます。お久しぶりですね。
プリシェーディングっていうんですか?髭剃り前に使うローションかと思いましたよ(←あほ)。
冗談はさておき、マッチのキットだけに苦労はしましたし、塗装はなかなか納得いきませんでしたが、出来上がるとそれなりに愛着が出るから不思議です。
ディオラマは、magusさんほどアイディアも出ないので、いろいろ思案中です。
追って、随時記事にしようと思ってます。

投稿: Kazu | 2005.11.30 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/7309824

この記事へのトラックバック一覧です: Gloster Sea Gladiator製作記−完成しました!:

» mayonaka枢機卿ロンドン来訪のお知らせ [1/72 RAF & FAA KIT REVIEW Mk.III]
愉快なロンドン♪愉快なロンドン♪ 来たる12/04に蛇の目枢機卿であらせらるmayonaka枢機卿がロンドンに遊びにいらっしゃるとの極秘情報を入手。監禁することにしますた。 監禁ツアー潮 [続きを読む]

受信: 2005.11.30 02:23

« Gloster Sea Gladiator製作記−その4 | トップページ | Blog Modelersの新メンバーをご紹介します! »