« Gloster Sea Gladiator製作記−その2 | トップページ | 「エピソードIII 張り線の復讐」完成作品募集中! »

2005.11.14

Gloster Sea Gladiator製作記−その3

SeaGladiator1113_1

マルタ防衛。

てなわけで大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうかとソツのないご挨拶で入るKazuです、皆さんおはようございます。昨夜のうちに記事をアップしたかったのですが、最近ココログ不安定で重すぎ…。で、今朝のアップとさせていただきました。

最近皆さんもお忙しいご様子で、ブログ更新もままならない方も多いようですが、実は私もここ1、2週間、かなりタイトな日々を過ごしており、週中はもとより週末もなかなか模型をさわる時間がとれませんでした。しかし、先週末にはまとまって製作時間がとれましたので、Sea Gladiatorの基本塗装とマーキングをほぼ終了させました。

もともと赤とベージュのキッチュな色使いのキット、基本塗装に入る前に、サーフェサーを吹いて、とくに赤のモールドカラーを隠蔽すべく、丁寧にお色直しをしました(白無垢の画像は撮り忘れました…)。

SeaGladiator1113_4 SeaGladiator1113_5

今回の塗装は、マルタ島防衛隊に所属していた802 Squadronの3機(聖書で謳われた3つの美徳にちなんで、Faith、Charity、Hopeという愛称がつけられていました)のうちの1機、Hope(N5531/H)にしました。この方がすでに完成されたのがCharity(N5519/R)で、その僚機です(どなたかFaith(N5520/G6A)をやりませんか?)。

この方もおっしゃっておられるように、この3機はイタリアが第二次大戦に枢軸国として参戦し、英領マルタに攻めてきたので、FAAがRAFから急遽借りて海軍仕様にしたもの。3機でがんばってイタリア空軍を撃退し、Gladiatorの名前を一躍有名にしたものの、実機の記録写真も少なくマーキングも諸説あります。いろいろな資料本にマーキング事例として塗装図が掲載されているCharityですら、翼下面の塗装に黒白2色迷彩、銀ドープ、あるいはスカイまたはスカイグレイと様々な解釈があるようです。

N5531は1940年4月に”Hope”と愛称がつけられ41年2月に空爆で破壊されましたが、私が調べたかぎりでは一番資料がない機体。逆に資料がないのをいいことに、翼下面はRAF時代の名残として黒白2色、上面は標準FAA迷彩(上翼上面および機体上面はエクストラダークシーグレイ+ダークスレートグレイ、下翼上面はダークシーグレイ+ライトスレートグレイ、機体側下面はスカイグレイ)と、自由かつアバウトな発想で塗装してみました。

SeaGladiator1113_3 SeaGladiator1113_2

塗装については、特段変わったことはしていません。下面こそマスキングして塗り分けましたが、FAA迷彩部分はマスキングがあまりにメドイので、0.2mmのエアブラシをぎりぎりまで絞って輪郭線を塗り、その内側は低圧でブー。もともとの迷彩がかなり同系色なので、塗り分けもビミョーでオッケーとしました。
マーキングは、あり物のデカールを探し出してきてペタペタ。塗装面とのツヤが均一になっていないので、クリアを吹いて調整する予定です。
次のステップは、スミ入れとハイライト。手が遅いと、なかなか進みませんですわ(笑)。

<連絡事項>
このブログに来てくださる方々のなかには、「キリ番企画はどーなったんだ?」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
ええ、123456キリ番企画、どなたからもご連絡がありません…。ということで、企画倒れに終わりました(泣)。賞品は、別の企画に流用させていただきます。

|

« Gloster Sea Gladiator製作記−その2 | トップページ | 「エピソードIII 張り線の復讐」完成作品募集中! »

Gladiator」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
だいぶ進みましたね。こういう小さい機体をキリリと作らせたらサスガでゴザイマスね。
カコイイです!
toyさんのエレール版とはまた違った雰囲気ですね。マッチのくどいパネルラインもメリハリがついてむしろ良いほうに作用しているように見えます。

投稿: ドカ山@昼休み | 2005.11.14 12:58

こんにちは。
更新されるとズバッと景色が変わるので
見応えがあります。翼下面の白黒塗り分けは
大迫力。見応えがあります。
この機の成り立ちを読むと、確かに残りの
「Faith」を見たくなりますね。
ラストスパート楽しみにしています。

投稿: 白鷺洋書 | 2005.11.14 14:11

> ドカ山さん
いつもコメント、ありがとうございます。
マッチの運河スジ彫りは、サーフェサーを厚めに吹くと、程よい感じに収まるような気がします。
これから、シャドーとハイライトを入れていくので、塗装はもう少しじっくり行こうかなと思ってます。
1ヶ月くらいでここまできてるので、私にしては早い方かな(笑)。

投稿: Kazu | 2005.11.14 17:13

> 白鷺洋書さん
いつもコメント、ありがとうございます。
ダイナミックに風景が変わるのは、単に更新頻度が低いだけで(汗)、見応えがあるといわれるとお恥ずかしいかぎりです(大汗)。
Faith、作ってみませんか?エレールのキットがご入用ならお送りしますよ(笑)。
今のコメットに続いて、総統も、蛇の目の世界にも進出か!?

投稿: Kazu | 2005.11.14 17:16

ややや、同じ塗装でも線や細部ががっちりしているマッチのキットだと強そうに見えますねえ。自国機はフランス野郎には任せてらんないぜてな感じですねえ。ここまでくると3機並べてみたいですな。
総統にはハーケンクロイツのついたヤツもやってもらいたいです。誰か作ってちょーだい。

投稿: toy | 2005.11.14 22:17

こんばんわ。

フリーハンドでの迷彩に挑戦して失敗して、型紙で吹きなおしたおいらがやってきましたよ。
せっかちなおいらは、つい濃い目で吹いてしまって失敗を繰り返していたのですよ。

というか、オーシャングレイとダークグリーンの迷彩はカコイイでおじゃりますね。

米軍機のオリーブドラブはどうしてもダサダサに見えてしまうのですよ。

投稿: Mach0.9 | 2005.11.14 23:07

こんばんは
微妙な色の違いが絶妙ですねぇ~。
私はフリーハンドが苦手なせいか雲型塗装の機体を完成させられずに単色の迷彩が得意に成りつつあり困っています(藁

投稿: mikami | 2005.11.14 23:32

> toy暗黒卿閣下
いつもコメント、ありがとうございます。
そうなんですよ、マッチのキットは、エレールの繊細さがないかわりに、マッシブな雰囲気はぷんぷんしてます。
マルタの3機、並べたいですねえ。パールさんにはドイツに捕獲された剣闘士をやっていただくとして、ドカ山サン、やらないかな…(笑)。

投稿: Kazu | 2005.11.15 08:53

> Mach0.9タン
いつもコメント、ありがとうございます。
フリーハンドは僕も決して得意ではありませんが、型紙を作って貼るのはもっと得意ではないので、その帰結としてフリーハンドになるのですよ。
ただし、塗料はかなり薄めにして、ちょっと厚めになっても大きな被害がでないようにしています。何度か吹き重ねると、いい味がでてきますよ。
で、確かにオリーブドラブの単色米軍機は、あまりカッコよくないですねえ…。

投稿: Kazu | 2005.11.15 08:58

> mikamiさん
いつもコメント、ありがとうございます。
Machタンのところでも書きましたが、迷彩のマスキングが苦手なので、必然的にフリーハンドになるのですよ(汗)。2Bの柔らかい鉛筆で薄く輪郭線を書いて、その上をなぞるようにブラシで吹いていってます。
当然ブレるのですが、細かいことは気にシナイ方向でやってます(笑)。

投稿: Kazu | 2005.11.15 09:02

こんばんはー。

手前の激戦が終わったので、巡礼に参りましたよ。
重厚な雰囲気の塗装と、モールドの雰囲気がマッチしておりますねえ。
調色はどうなさったのですか?

私もそろそろ遣唐使戦線に参戦しますかねえ。
シーはやりませんよシーは。Dサンのためにも。

投稿: カトー | 2005.11.15 20:55

こんばんはー

マッチのキットも
kazuさんの手に掛かると
お見事な出来でゴザイマスね
もしかして
マッチの奴もイイキットなのでは

思ってしまいますよおおお

マルタが微妙に流行ってる悪寒すねえ
マルタ祭りですか?

投稿: しょぼんぬ | 2005.11.16 00:55

> カトーさん
ご巡礼、ありがとうございます。
塗装は結構テキトーだったりするんです(汗)。
スカイグレイは、ライトグレイ+スカイ+グランプリホワイトで調色して吹きましたが、ちょっと白すぎたので、上からスーパークリア(グレイトーン)+クリアブルー数滴で、トーンダウンしています。
エクストラダークシーグレイは、クレオス333番に、上記のスカイグレイを数滴落としてトーンを上げ、ダークスレートグレイは、クレオス122番のRLMブラウンバイオレットに、同様にスカイグレイを落としています。
ダークシーグレイは、クレオス331番にグランプリホワイトを混色し明るめに、ライトスレートグレーも、ブラウンバイオレットにグランプリホワイトを混ぜています。
下面の白は、グランプリホワイトのまま。黒は、タイヤブラックに少しグランプリホワイトを混ぜています。

遣唐使戦線、参戦お待ちしております。
ていうか、最近のカトー卿の製作スピードを見ていると、一気に抜かれる悪寒ですよ(笑)。

投稿: Kazu | 2005.11.16 09:45

> しょぼんぬサマ
いつもコメント、ありがとうゴザイマス。
マッチの英軍機は、ガサツですが、雰囲気はいいと思いますよおおお。繊細さではエレールの比ではありませんが…。
で、
マルタが微妙に流行ってますねえええ。誰か、敵役のCR42とか作ってくれませんですかねえええ。

投稿: Kazu | 2005.11.16 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/7094389

この記事へのトラックバック一覧です: Gloster Sea Gladiator製作記−その3:

« Gloster Sea Gladiator製作記−その2 | トップページ | 「エピソードIII 張り線の復讐」完成作品募集中! »