« ああ… | トップページ | あああ… »

2005.10.24

Gloster Sea Gladiator製作記−その1

Gladiator1024_7

暗黒面からの誘い。

怒りと悲しみを力に変えて。阪神タイガースのあまりの弱さに、今日はダークサイドの力がみなぎります。

この方この方から煽られたお誘いを受けた遣唐使もとい剣闘士。一気に作業してしまいました。

もとのキットは、この方のエレールこの方のライフライクとかぶらないように、本家マッチボックスの1/72。箱絵は猛烈にカッコいいです。
が、中味はマッチのわけのわからん整形色。このグラディエーターは、赤とベージュの2色整形プラです。どういう色彩感覚なんでしょう…。
コクピットもほぼがらんどうなので、Hannants謹製Airwaveブランドのエッチングパーツでディティールアップしてみました。

Gladiator1024_2 Gladiator1024_4

で、一気にコクピットを組み上げ、塗装。胴体を貼り合わせて、下翼、尾翼、主脚もつけてしまいました。暗黒面に引き込まれたせいか、Vernonのあとの単発機は、えらく手軽な感じがします。なので、ちょっとサイドパネルを開けてみました。

Gladiator1024_5 Gladiator1024_6

今日は、ほぼ士の字まで進みました。この後、アレスティング・フックを取り付けて、Sea Gladiatorに改造します。
塗装は、マルタ防衛戦で活躍した3機のSea Gladiator、"Hope"、"Faith"、"Charity"のうちの"Charity(N5519)"で行ってみようかと考えています。

Gladiator1024_1 Gladiator1024_3

しかし、塗装はこの赤プラを隠蔽するところからだな…。

|

« ああ… | トップページ | あああ… »

Gladiator」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
画像を見た瞬間アメリカザリガニかと思い
ビックリしました。
最近暗黒三人集が飛ばしに飛ばしまくっていて、
すっかり周回遅れな気分です。しかも揃って素晴らしい
出来なので参ってしまいます。
エアウェイブらしい青っぽいエッチング、結構薄いのに
かなり立体感を感じますね。
浮かして接着されているのですか?
以前シュトルヒを作ったときにエアウェイブ謹製の
エッチングを使ったのですが、このようなボリュームは
全く出なかったことを思い出します。
おかしいといわれる配色ですが、これはこれでとても
綺麗ですね。放射線やチェッカーなどで彩ると
チョットしたアクロバット機に仕立てられそうですね。

投稿: パール | 2005.10.25 00:26

こんばんは。

これはなかなか良く出来たアクロ機...
って、ちょっと待ってくださいよ遣唐使じゃないっすか速過ぎっすよ速杉もう遣唐使っすか。
うむむ。
『模型どころではゴザイマセン』だなんて、よく言えたものですねえ。
すっかり油断していましたよ。(怒

Airwaveのエッチングは確かエレール用だったと思うのですが、なかなかどうしてピッタリ合うものなのですね。
機首のグラジエータのラジエータもエッチングですか?

遣唐使の巻、私は最終ランナーになりそうなので、
マターリと行くっすよ。

そして、ハナンツでGladiatorのエッチングパーツを検索すると、もう一種類出てくるのが1/48 ローデン用のエデュアルド製エッチングパーツ。
ふふふふ...。

とりあえず張り線ならぬ伏線をはっておきますよ。

投稿: カトー | 2005.10.25 10:06

N1159
ふふふ

投稿: トーイー | 2005.10.25 11:38

キタキタキタキタ!
グラディエーターキター!!
ヴァーノンで燃え尽きたと思ったら、
早速再開ですか。
他の暗黒卿の皆様の手前、どのようにアレンジされるのか興味津々だったのですが、いきなりすごいインパクトです。
オールドキットにエッチングパーツは浮きまくるのでは思いましたが、ばっちり決まってますね。
これは楽しみだ。

投稿: ドカ山@昼休み | 2005.10.25 13:14

こんばんわ

なんてかっこいいイタリアンレーサー!
kazuさんもイタリアーノに宗旨換えかしらん?
赤いボディに、羽布張り生成りの主翼…
と、思い込んでしまいましたよ。
なんとゆーか、恐るべしマッチボックス。

とゆーか、
素組では 作 業 量 が 物 足 り な く なってきましたね!
びし!Σm9・∀)

危ういバランスを保つ3人の暗黒卿。
いま、一頭抜け出した筆頭暗黒卿に、北の巨人と若き暗黒卿はどう応じるのか…

などと無責任に楽しんでみますね。

投稿: Mach0.9 | 2005.10.25 20:22

> パール店長さん
コメント、ありがとうございます。アメリカザリガニとの例え、言いえて妙ですね(笑)。
ご指摘のとおり、エアウェイブのエッチングパーツはかなり薄いです(少なくともエデュアルドと比べると薄いと思います)。
が、そのまま使って、特別なことはしてません(汗)。唯一、スロットルレバーの基部だけプラバンでかさ上げしてます。
この配色は、現物ではカナーリ微妙ですよ(笑)。

投稿: Kazu | 2005.10.26 08:46

> カトーさん
コメント、ありがとうございます。阪神のあまりの弱さに、何か他のことをしていないと変になってしまいそうな精神状態で、一気に製作してしまいました(泣)。
エアウェイブのエッチングはエレール用なので、あまりピッタリ合いませんよ。でも、72なので細かいことはいいっこなしという感じです。機首のラジエータはエッチングです。キットパーツのごつい表面を削ってから貼りつけました(まだ厚すぎたかも)。

遣唐使の巻、カトーさんはゆるゆるで結構ですよ。それ以外に、ゴータとかゴータとか作らないといけませんもんね(笑)。

投稿: Kazu | 2005.10.26 08:54

> ダース・トーイー卿閣下
N5519ですよ。ひょっとしてかぶってます?(笑)。

投稿: Kazu | 2005.10.26 08:55

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。別の理由で燃え尽きそうでゴザイマスよ。
他の暗黒卿の方々は、技・スピードともスバラシイので、ついていくのが大変でゴザイマス。
これから、もちっと細部に手を入れていきたいと思ってますので、このまま素直には完成しないですよと、予め言い訳してみますよ(笑)。

投稿: Kazu | 2005.10.26 09:01

> Mach0.9さん
コメント、ありがとうございます。イタリアンレーサーといえば聞こえはいいですが、結構キモイ取り合わせです。素組みで物足りないのではなく、素組みでは色々足りないのです(笑)。

暗黒卿レースでは、ダース・トーイー卿がもう頭2つくらい抜け出てるんですよ。それに、私がもたもたしている間に、ダース・カトー卿が一気に抜いていく可能性もあるし。
暗黒卿稼業も大変でゴザイマス。

投稿: Kazu | 2005.10.26 09:08

こんばんはー

赤色が甘酸っぱそーな感じで
美味しそうな色具合ですねえ

資料本は腐乱す語の本なのでせうか?

投稿: しょぼんぬ | 2005.10.26 19:31

> しょぼんぬサマ

おいしそうですが、作るのは大変ですよ。
で、
資料本は、お腐乱すのWing Mastersですううう。

投稿: Kazu | 2005.10.26 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/6554292

この記事へのトラックバック一覧です: Gloster Sea Gladiator製作記−その1:

« ああ… | トップページ | あああ… »