« 急告!キリ番企画再びのお知らせと新企画! | トップページ | 複葉機祭り「エピソードIII 張り線の復讐」始動しますよ! »

2005.08.28

Vickers Vernon製作記-その2

今日はずいぶん暑さも和らいで過ごしやすい一日でしたがお元気ですか、Kazuです皆さんこんばんは。

この方がロケットスタートを図る一方で、この方も急速な追い上げをみせるなか、私もこの週末はVernonを弄ってみました。

Vernon08271

まずは、椅子10個。鉄道模型用の網目板を使って、籐の椅子っぽくしてみました。10個作るのマンドクサかった…。

Vernon08273

これは、網棚とカーテンの素材。網棚は「黒い金網」というメッシュですが、これ、多分ガンブラックで黒染めしただけのようで、黒塗りは剥げるわ、手は汚れるわで、次回から使う気はありません。
カーテンの素材は、ワインのボトルについている鉛箔です。これを適当にまとめて、カーテンっぽくします。

Vernon08272

で、構造材を再現し、真鍮線でカーテンレールを作り、網棚とカーテンをそれらしく取り付けて出来上がった機内内装はこんな感じ。

Vernon08281

コクピットのメーターパネルは、D-Styleです。この方のテクニックをまねて、プラバン・プラ棒などから作りました。

Vernon08284

ウッドブラウンで塗装し、クリアオレンジで木目のようなものを書いてみましたが、あまり効果なかったようです。操縦ハンドルは、キットのものを加工しました。

Vernon08285

機内の塗装色はワカラナイ…。まあ、旅客機なので、客席部分は銀色にしてみました(ただし、確証は一切ありません、あしからず)。ダークグレイを下塗りして、一応、黒立ち上げしてあります。

Vernon08286

コクピット部分は、木目のまま。側面部品をテキトーにつけてあります。

Vernon08283

今週末の作業は、ここまで。この後シートを塗装して取り付け、機体を完成させる予定です。

|

« 急告!キリ番企画再びのお知らせと新企画! | トップページ | 複葉機祭り「エピソードIII 張り線の復讐」始動しますよ! »

Vernon」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
おおっずいぶんと進みましたね!
イス10個、お疲れ様でした!
複製?他のキットからの流用?とイスについては色々と想像していたのですが、結局全部作ったのですね。
ワインの鉛箔、実に良い風合いですね。しわの感じが素晴らしい!
結構な作業量だったのではないかと想像しますが、楽しんで作られたような感じがしますよ(笑)

投稿: ドカ山 | 2005.08.29 00:29

こんにちはー。

ロケットスタートが失速しつつある私がノコノコとやってまいりましたよ。

客席、まさか網目板で作っちゃうとは。そんな材料があるとも知りませんでした。勉強になります。
それにしても旅客機らしい雰囲気のある内装になってまいりましたね。

私はというと、上翼の上半角の決め方が思いつかず頓挫中です。

あまりゆるゆる言っているとKazuサンとtoyサンに置いてきぼりにされてしまう悪寒。
お二人の経験にはかなわないのですから、考えてないで、とにかく手を動かすしかないっすね。

投稿: ドラきち | 2005.08.29 09:43

> ドカ山さん
コメント、ありがとうございます。
はい、久々に、模型作りしたってな感じです。色々な素材を使って内装に手を入れていると、何か昔作っていたAFVを思い出しました。

このままペースダウンせずに進めるといいんですがねえ(笑)。

投稿: Kazu | 2005.08.29 09:57

> ドラきちさん
内装は、結構雑です。機体を合わせるとよく見えないというのが、すでに言い訳になっています(笑)。

上翼の上半角、確かに微妙ですよね。私が参考にした図面のファイルをメールでお送りしたので、参考にしていただければと思います。

お互い、ゆるゆるといきましょうね。

投稿: トラきち | 2005.08.29 09:59

こんにちは。
この機体の内部写真とか残っているのですか?
凄い説得力です。網目板というのは素材的には
プラなのでしょうか、金属なのでしょうか?
鉄道模型の世界もかなり奥が深いですね。
これだけ作り込んであると機内灯をつけたくなりますね。

投稿: 帰ってきた白鷺洋書 | 2005.08.29 12:20

> 白鷺洋書店長さん
コメント、ありがとうございます。

私の探したかぎりでは、機体内部の唯一の資料はこの画像だったりします(笑)。

http://www.imperial-airways.com/Interiors_vickers_vimy_comm.html

どうも第一次大戦直後の飛行機なので、(おそらく)機内灯はなかったんではないかと思います(ということにしています)。

網目板は、おそらく洋白製です。真鍮よりは曲げ加工が楽で、直径8mm程度の棒に巻いてカーブをつけ、籐のような感じにしてみました。

私は素材に困ったとき、鉄道模型屋さんを除くことが時々あります。何かしら代替素材が見つかります。この板は、仕事でたまたま銀座に行った際に、天賞堂の模型フロアで見つけました。今度、のぞいて見てください。

投稿: Kazu | 2005.08.29 14:18

やってますね。
デルタ出版のゴールデンエイジの本に内装の写真が出ていた覚えがあります。この頃の飛行機は今より優雅な内装が売りですねえ。HP.42のキットが見つかったらぜひやってみたいです。

投稿: toy | 2005.08.29 16:26

> toyさん
コメント、ありがとうございます。
機体貼り合せたら、ほとんど見えなくなるんですけどねえ。
でも、まあ自己満足の世界でやってます。

HP42のキットって、コントレールのばQでつか?

手の入れがいがありそうですね(笑)。

投稿: Kazu | 2005.08.29 17:49

>HP42のキットって、コントレールのばQでつか?
そのとおりでございます。
10年以上前に挑戦して、あまりのへなへな具合に敗退した過去がございます。リベンジを誓って探してるんですがないですねえ。

投稿: toy | 2005.08.30 14:36

> toyさん
あいかわらず、恐ろしいものを作ろうとしていますね。今度、しむらにあるかどうか聞いてみます(笑)。

投稿: Kazu | 2005.08.30 15:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vickers Vernon製作記-その2:

« 急告!キリ番企画再びのお知らせと新企画! | トップページ | 複葉機祭り「エピソードIII 張り線の復讐」始動しますよ! »