« ロンドン訪問記-その3(番外編2:狩ってしまいました) | トップページ | ロンドン訪問記-その5(Duxford Air Show編) »

2005.07.31

ロンドン訪問記-その4(RAF Museume編)

あまりの暑さに夏バテ気味のKazuです、皆さんこんばんは。

何だかんだとぐずぐずしてましたが、ようやく画像の整理が半分ほどできましたので、今日はロンドン訪問記のその4、Royal Air Force Museum編をお送りします。

さて、Royal Air Force Museumはイギリスにいくつかありますが、今回訪れたのは、ロンドン中心部から地下鉄で30分ほど北に行ったColindaleという街にある、Royal Air Force Museum-Londonです。
これが、入り口の風景。

RAFMUSEUM

博物館はとにかく広く、大小100機以上は展示されていると思います。展示場は、Histric Hangers、Bomber Hall、Milestone of Flight、Battle of Britain Hall、Grahame-White Factoryの5つに分かれています。
このうち、最後のGrahame-White FactoryにはVickers VimyやSE5aなど、第一次大戦期の複葉機が多数展示jされていますが、今回は工事中とのことで見学できませんでした。

さて、たくさんの画像をどのようにご紹介したらいいか色々考えた末に、Yahoo!フォトを利用してみました。ごちゃごちゃ書き連ねるより、これが一番イメージをつかんでいただけると思います。

http://photos.yahoo.co.jp/kazuki1008jp

のアドレスの、RAFM Photo Galleryをクリックして、のぞいてみてください。簡単にコメントを添えましたが、スライドショーで見ていただけると、少しは博物館をツアーしている気分を持っていただけるかもしれません。

ところで、今回のロンドン訪問で刺激を受けてソッコーで購入したランカスター、仮組みしました。

やはりデカイ…。

隣のスピットが、かなり小さく見えます。

Lancaster1 Lancaster3 Lancaster2

最新キットだけあって、合いはバッチリです。ただし、コクピットはよく見える割にはあっさりとしているので、資料を集めて少しゴチャゴチャ感を出そうと思っています。
4発あるエンジンは、1個1個が、スピットファイアのようです…。こんな大物長らく作っていないので、ちょっとじっくりいってみようと思います。

【連絡事項】

キリ番企画ですが先週末まで待ったところ結局100000番および100001番のご申告はなく、99999番のご申告のみとなりました。ご申告されたのは、岡山県在住のOさんです。したがって、レギュレーション通り、99999番の方の繰り上がり当選ということで、100000番の賞品をお送りしたいと思います。

Oさんは、模型製作はされますがコンペはちょっとということですので、強制エントリは見送りとさせていただきます。Oさん、近々にブツをお送りいたしますので、よろしくお願いいたします。

なお、99999番および100001番の賞品は、111111キリ番企画に持ち越しとさせていただきます。


|

« ロンドン訪問記-その3(番外編2:狩ってしまいました) | トップページ | ロンドン訪問記-その5(Duxford Air Show編) »

London Visit」カテゴリの記事

コメント

いい写真を見させていただきました。
ユーロファイター、最新鋭機だけあってキリッとしたかっこよさがありますね。
Me262やヴィクター、疾風、ヴァルカン、スピットF24、う~んいつか実物を見たいぞ!!

ランカスター、今日模型屋でパーツを見ましたが、やっぱりデカイですね。
全幅はスピットの3~4倍くらいありますね。大変そうだ~(・∀・;

投稿: るーぷあんてな | 2005.08.01 00:50

こんばんは
イギリス土産の写真、楽しませていただきました。百聞は一見にしかず、写真や模型作例では伝わらないたたずまいのような物を感じられた事でしょうね。ランカスター速攻で購入されたのも判るような気がします(笑)
余談ですがトビラ写真のパーキングロットにフォーカスがたくさん止まっていてちょっと嬉しい。

投稿: ドカ山 | 2005.08.01 01:27

こんばんは。
納得のボリューム!!どうもありがとうございます。
やはり実機の持つ迫力はすごいですね。
キャメルのプロペラの積層木目とか、BEb2の張り線、ターンバックル部
とかユングマンの張り線基部カバーの感じとか、無塗装銀の鏡面具合
とか…。登場するマネキン諸君も含めて大変参考になります。
ちょくちょく見させて頂きたいです。

投稿: 白鷺洋書 | 2005.08.01 03:50

ゴキゲンな写真集ですね^^ブログモデラーズ垂涎の実機だらけ、夢のような空間と時間を過ごされたことでしょう、私もいつか訪問したいなぁ。

PS: Ki-100:5式戦は愛称はないです~
   疾風はKi-84:4式戦です。

投稿: magus | 2005.08.01 12:52

> るーぷあんてなさん
コメント、ありがとうございます。
実物見るのは、やはりいい刺激になります。なお、magusさんからご指摘いただきましたが、画像は、疾風でなく五色戦が正解です。訂正させてください。

ランカスターは、部品の多さに辟易してますが、ブロックごとに組み立てて、全体像を作り上げるのは、また楽しそうですよ。

8月完成を目指します(と、できもしないことを言ってみたりしますよ)。

投稿: Kazu | 2005.08.01 13:05

> ドカ山さん
ホントは、ハンターやバッカネアや、最近話題のトーネードもあったんですが、どうも自分の興味がない機体だと写真も撮り忘れてしまいました。

逆に、ストランレア、タイガー・モスやライサンダーは、結構細部の写真も撮ってたりします(笑)。

フォードのFocusは、ロンドンの街中をたくさん走ってましたよ。イギリス固有のメーカーがなくなって、大衆車はフォードかフランス車(ルノー、シトロエン)で決まりという感じです。

投稿: Kazu | 2005.08.01 13:09

> 白鷺洋書店長さん
ユングマンは店長さん向けですよ(笑)。基本的にドイツ機は店長さんにウケていただければ幸いです。

しかし、こうやって実機みると、蛇の目機とドイツ機と設計思想が全く異なるのがよくわかります。

ドイツ機の方がパイロットにやさしいように思える一方、蛇の目機は、(スピットやハリケーンを除き)駄っ作機と呼ばれることがある通り、「趣味の世界」で設計しているものが多いような気がします。

アルバムのリンクを右上に貼りましたので、よろしければちょくちょく見にきてください。

投稿: Kazu | 2005.08.01 13:13

> magusさん
コメント、ありがとうございます。
お恥ずかしい、ご指摘通りです。疾風は確かに四式戦ですね。ファイルを修正しておきました。

この「五式戦」、博物館の唯一の日本機なので、地味な塗装の割に注目度は高かったようです。欧州にも日本機ファンはいるみたいですね。
ハナンツでも、「飛燕(Hien)はあるか」とハセガワとファインモールドのキットを見比べていたおじさんがいましたよ。

投稿: Kazu | 2005.08.01 13:19

こんにちは。

これ、楽しすぎです。
まだ全部鑑賞しきっていません。
行ったり来たりして遊んでます。
それにしても、
世界にはこんなに楽しそうなところもあるんですねぇ。
まさしく地上の楽園ですね。
ホンキでいつかは行ってみたいぞ、と。

Kazuサンの作業机、結構広々としているんですネ。
これならもっと大きいのもイケそうですネ。(笑)

投稿: カトー | 2005.08.01 14:39

> カトーさん
コメント、ありがとうございます。
ええ、まさに地上の楽園でしたよ。私は奥さんほったらかしにして、写真撮影とディティールのチェックに励んでおりました。買い物だと30分で疲れるんですが、3時間以上いても、まったく疲労しませんでしたよ。
いつかぜひ行ってみてください。

で、机の上はこれで目一杯っすよ。B4サイズのカッティングマット置いて、スプレーブースをセットしたら、もうPCも資料も置くスペースはありません。ですので、資料本は、いつも足元、まだ切り出していないパーツは、箱に入れて椅子の後ろと、部屋のスペースを駆使して作業しておりますです。

投稿: Kazu | 2005.08.01 16:13

こんばんは。
ヴァルカンはじめ大型機まで室内展示とは、さすがに趣味の国イギリスですねえ。これを見てしまったら、10年ぐらいはモチベーション上がりっぱなしですね(笑)。
ランカスター、大きいですねえ。過去のKazuさんの製作記からすると、シャドーほか丁寧に重ね吹きをされるようなので、塗料もたいへんそうです。

投稿: ウイングバック | 2005.08.01 20:41

> ウイングバックさん
コメント、ありがとうございます。
10年生きてるかどうかわかりませんが、1年はモティベーションを維持できそうです。

ところで、ランカスターの塗装、色々試してみたいと思ってます。キットは素組みに近い状態で組めそうなので、塗装でがんばってみたいと思います。

投稿: Kazu | 2005.08.01 21:00

こんばんはー

いきなりハリケーンがお出迎えなのですね
素晴らしいのでゴザイマスー

ホントにイロイロな機体があって
(;´Д`)ハァハァ しますねえ
ヴァンパイアがキュートでゴザイマスううう

ランカスターは想像以上の大きさですね
模型店で見てみようと思ったら
売り切れてましたよおおお(´・ω・`)ショボーン
大人気なのかなああ?

投稿: しょぼんぬ | 2005.08.01 23:09

> しょぼんぬサン
コメント、ありがとうゴザイマス。
そうなんすよ、いきなりハリケーンとスピットファイアがお出迎えですよおお。

ヴァンパイア、確かにキュートですね。作ってみたくなりましたよ。ていうか、見た機体は全部それなりにインプリケーションがあって、作りたくなりますよ。

ランカスター、デカいですよ。でも、見なれてくると、「大したことねえな」なんて思えてくるから不思議ですよ。

投稿: Kazu | 2005.08.02 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/5249394

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン訪問記-その4(RAF Museume編):

« ロンドン訪問記-その3(番外編2:狩ってしまいました) | トップページ | ロンドン訪問記-その5(Duxford Air Show編) »