« 多事笑論 | トップページ | ロンドン訪問記-その4(RAF Museume編) »

2005.07.28

ロンドン訪問記-その3(番外編2:狩ってしまいました)

私:「あのう、アレ、入ってます?」
店の人:「え、アレって何ですか?」
私:「アレですよ、ハセガワの…」
店の人:「ハセガワの何ですか?」
私:「72のやつですけど…」
店の人:「ああ、ランカスターですね」
私:「で、入ってます?」
店の人:「入ってますよ」
私:「おたく、何時までやってましたっけ?」
店の人:「8時までです」
私:「え、これから行きます!」

と、オフィスの廊下の隅で携帯使って会話した後、そそくさと仕事を片付け、こそこそと「お先で~す」と会社を抜け出して向かった先は、ここ

で、今日到着のこれを狩ってしまいました。

hasegawa_lanc1

そう、ハセガワのAvro Lancaster B Mk.I/Mk.III です。もともと好きな機体ですが、模型雑誌などで今月下旬発売と記してあったので、居ても立ってもいられず、ちょっと割引してくれるホビーステーションに7時40分に到着。即購入しました。

hasegawa_lanc2

部品は、ごっちゃりあります(汗)。4発機を買ったのは、実に30年ぶりくらいかも(当時は、買ってもらったというのが正確ですが)。しかし、ハセガワの最新作、さすがに精緻なモールドです。

居ても立ってもいられなかった理由は、これです。

Lancaster

ダックスフォードでみたランカスターです。この印象があまりに強く、イマジネーション湧きまくりでした。

ということで、カトーさん爆鮫銀、追加エントリお願いします(大汗)。トーネードではありませんが、本家に追加ということで。

|

« 多事笑論 | トップページ | ロンドン訪問記-その4(RAF Museume編) »

London Visit」カテゴリの記事

コメント

おっ、買いましたかランカスター!
1/72とはいえ四発機、パーツ数けっこうありますね。
実機を見た後だと作る気ムンムンなのでは??

よ~し、オイラはそのランカスターを迎撃すべく、2機目のMe262を作るぞ(・∀・)ノ
今度はノヴォトニーの機体にしよっと♪

投稿: るーぷあんてな | 2005.07.28 23:43

わははははははは。

重爆を狩ってしまったと聞くたびに笑いが止まらないのはなぜでしょう。
こんばんは。

まずは追加エントリーありがとうゴザイマシタ。

爆鮫銀を立ち上げた当初、「ハセのランカスターは誰がやるんでしょうねぇ。」みたいな発言をKazuサンがされていたことをよーく覚えていますヨ。
まさか
Kazuサンご本人がエントリーなさるとは思いもしませんでした。
それにしてもバラバラ殺人級にパーツが多いですね。
次はその大きさが分かるような写真をリクエストしてみますよ。

ちなみに
同じ四発重爆のB-17Gの胴体を
「オレよりちっちゃいし。w」

ウチの家内に見せたら、
(゚Д゚)ハァ
と言われてしまったわけですが、
Kazuサンの奥様的にはどうなのでしょう。

投稿: カトー | 2005.07.29 00:31

こんばんわ。

ここは大人の風格漂うインターネッツですね。

しかしまあ、ランカスターの実物は、写真でも迫力ありますねえ。
昔、図書館の司書さんに無理を言って、
幸福の谷間を読んだ記憶が蘇ります。

と、いうか爆撃誘導任務にあたったH2Sレーダ搭載のモスキートを作ろう、と思って何ヶ月くらいたったんだろうおれ…とつぶやいてみますですよ。
搭載機について判らないので、当分先でしょうけれど。

投稿: Mach0.9 | 2005.07.29 00:41

ひゃー、また生写真だ!! さすが戦勝国。
ランカスターはこの後飛ぶのでしょうか?
さぞかしいい音なのでしょうね。
チョット先に写っている赤いボディーに白いタンクの
車も、とても素敵です。

それはそうと、キットはすごいボリュームですね。
普段はパーツ30個以下のキットばかりですから、
ただただ驚くばかりです。

投稿: 白鷺洋書 | 2005.07.29 00:50

ふうううううううう悔しくなんかないもん!!!!
ひっく、ひっく
うぇええええん。
欲しがりません完成までは。

投稿: kala-pattar | 2005.07.29 01:44

こんばんはー

うむむむむ
本物を見たのなら
キットを買ってしまいますよねええええ
おいらは
も少し様子を見てから買うっすよおおお

投稿: しょぼんぬ | 2005.07.29 02:04

> るーぷあんてなさん
コメント、ありがとうございます。

やる気マンマンなんですが、パーツ数はあまりの多さにビビッてます(汗)。
なんせ普段20パーツくらいの単発機しか作ってないもんで。

ノヴォトニーのMe262などで迎撃されたら、あっという間に撃墜されそうな悪寒ですよ(笑)。

投稿: Kazu | 2005.07.29 18:45

> カトーさん
コメント、ありがとうございます。

わはははは。こちらも笑うしかない状態です。まずは今晩にでも仮組みしてみますかね。

完成してからの(すればの話ですが)置き場所は、頭の痛いところですねえ。
ただ、奥さんもランカスターの実物が飛ぶのを見て、その壮大さに感動していたので、今回の購入は大目に見てくれてます。

ただ、今後重爆ラッシュで製作できるとは思えませんが(笑)。

投稿: Kazu | 2005.07.29 18:49

> Mach0.9さん
コメント、ありがとうございます。

ここは、大人というかオヤジの雰囲気プンプンのブログですいません。

「幸福の谷間」というのは、確かフランス文学だったような…。読んだことがないので、お恥ずかしいですが、ランカスターとどう関係するのか、教えていただけませんでせうか?

モスキートは、ゆるゆると期待してますよ。

投稿: Kazu | 2005.07.29 18:56

> 白鷺洋書店長さん
コメント、ありがとうございます。

生写真というか、やはり実物を見るとモティベーションが違いますね。

このランカスターは、この後離陸して、スピットファイアとハリケーンと編隊を組んで、戦勝60周年記念のフライトでバッキンガム宮殿のうえを飛んで、また戻ってきました。飛んでいる姿は、美しい巨鳥という感じで、印象的でしたよ。

マーリン・エンジンも四発となると、なかなかの音が出てました。

小物にチェックが入る辺り、相変わらずですねえ(笑)。

投稿: Kazu | 2005.07.29 18:59

> kala-patterさん
コメント、ありがとうございます。

まあまあ、タミヤの48には大きさといい、部品数といい到底かなわないと思いますので、弟分として暖かく見守ってやってください(笑)。

ただ、今回、ランカスターを作りたいと思った底流には、タミヤの48があるのは事実ですねえ。当時の模型少年には、憧れのキットでしたよ。

投稿: Kazu | 2005.07.29 19:02

> しょぼんぬさん
コメント、ありがとうゴザイマス。

以前しょぼんぬさんも航空祭の実機レポートをされていたと記憶していますが、実機を見るのが一番気合が入りますねええええ。

で、

今回は勢いだけで狩ってしまいましたよおおお。ついでにハナンツにデカールやらエッチングパーツも注文してしまいましたよおおお。

投稿: Kazu | 2005.07.29 19:06

こんばんわ。

幸福の谷間って、イギリスの夜間爆撃隊の青年たちの鬱な日々を描いたお話だったと思いますよ。

一機を二組のクルーで運用していて、
友人同士だった機長が、鬱な戦争の日々を過ごすのですが、ついに片方が未帰還となってしまう、というような。

投稿: Mach0.9 | 2005.07.29 19:26

こんばんは
Kazuさんたら、やる気満々ですねえ(笑)
って言うか、大丈夫ですか?大物エントリー?
てな訳で、私もハリファックスでボマーコマンドの一翼をになおうかと思います(大丈夫か?俺こそ...)

投稿: ドカ山 | 2005.07.29 23:09

> Mach0.9さん
あ、ご連絡、ありがとうございます。
そうですか、今度探して読んでみましょう。

投稿: Kazu | 2005.07.31 10:39

> ドカ山さん
どうも、コメントありがとうございます。
ええ、ヤル気は満々なんですが、ご指摘の通り、大物続きで大丈夫かどうか、やや焦り気味です(笑)。

え、ウェリントンに続いてハリファクスですか!!!
ウェリントンとハリファクスとランカスターを並べるのも面白そうですね。他にもスターリングなどもあるといいですねえと煽ってみるテスト。

投稿: Kazu | 2005.07.31 10:49

こんばんは
もう発売になったのですね、今日は仮組みされたのでしょうか?
映画を見た帰りに、登場する乗り物を作りたくなって模型屋さんに寄ってしまうのと同じ心理でしょうか、実物を見たらもう止まらないですよね。
私は箱が大きすぎるので隠すのが不可能です(笑 

投稿: mikami | 2005.07.31 20:51

> mikamiさん
コメント、ありがとうございます。
ええ、早速仮組みしてます(笑)。

さすがハセガワ、合いはいいですよ。大きさもB4サイズ1枚分はあり、私にとっては超大物です。

まもなく記事をアップします。

投稿: Kazu | 2005.07.31 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/5205016

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン訪問記-その3(番外編2:狩ってしまいました):

» 複葉機師弟対決(仮) [KATO'S BLOG]
こんばんは。ヴィクター護衛隊として、レベルのトーネードGR.1なんて準備したいなぁ、と最近金曜日恒例になっている、なごやほびーすぽっとへ礼拝に行ってまいりました。があいにく店頭にはドイツ仕様のECRしかありませんでした。残念。というわけですので、トーネードは手持ちのハセ... [続きを読む]

受信: 2005.07.29 21:45

« 多事笑論 | トップページ | ロンドン訪問記-その4(RAF Museume編) »