« 楽しいミニAFV-マーモン・へリントンMk.III製作記−完成しました! | トップページ | Hawker Hart 製作記-その2 »

2005.06.12

祝!ドカ山さん&カポウさん、スケビ掲載!

もう皆さんご存知だと思いますが、この度、ドカ山さんのスクアとカポウさんのグッピーが、スケビ最新号(7月号)の静岡レポートに掲載されました!トライアングルさんのあんじんさんのカタリナも掲載されています。

いやあ、初参加で2作品掲載、これを快挙といわずにいられましょうか、いやいられはしまい(反語。すず黄さん調)。

ドカ山さん、カポウさん、ホントおめでとうございます!
また、Blog Modelersの名前がスケビ誌上に掲載されたことも、めでたいめでたい!
来年も、この勢いでがんばりましょうと鬼が笑うことをいってみたりしますよ。

ところで、皆さんにもう一つ、お伝えすることがあります。

Blog Modelersが掲載されるタミヤニュースは、7月10日発売(8月号)ですよ。

こちらも楽しみにしてくださいね。

で、ミニAFVに癒しを求めていた私も、飛行機戦線に復帰です。

銀塗装の課題でソ連機祭りの参戦中のICMのI-1とJANO-CON参戦中のエアフィックスのHawker Hartを、一気に進めてます。

I-1はほぼ素組みですが、Hartは久々の複葉機ということもあり、機体にディティールを加えながら士の字まで持ってきました。
Hartは古いキットなので、何となくプラがささくれますが、アルテコと溶きパテを駆使して、隙間を埋めてます。車輪のパーツが片方なかったので、アキバのホビーステーションで買った、レジンの第一次大戦機用のものに換装しました。

梅雨入りで、ブラシが吹きにくくなりましたが、次のステップはベースホワイトを吹いて、表面チェックです。

HartandI-1

|

« 楽しいミニAFV-マーモン・へリントンMk.III製作記−完成しました! | トップページ | Hawker Hart 製作記-その2 »

Blog Modelers」カテゴリの記事

コメント

Kazuさん、こんばんは
Blog Modeleresもちょっとはメジャーになりましたね(笑)
これからもネタ系の作品でがんばります(苦笑)
ところで、飛行機戦線復帰作、実に良い感じですね。繊細な複葉機はKazuさん風味炸裂ですね。楽しみです。

投稿: ドカ山 | 2005.06.12 23:18

I-1の表面の表現がすごいですね。銀色になるのがたのしみです(・∀・)ノ
ハートもなんだかかわいらしい機体ですね。楽しみが2倍2倍、(・∀・)イイ!!

投稿: るーぷあんてな | 2005.06.13 01:35

こんにちは。
ハートは鮫のようなボディですね。つんと尖ったスピナーがカッコイイですね。
エアフィックスの製品にしては上翼が随分薄いように見えますが、
削ったりしているのでしょうか? 
I-1はこの角度から見ると激しいモールドがはっきり分かりますね。
直線で構成された無骨なフォルムにとてもよくあうテクスチャだと思います。
塗装が楽しみです。

投稿: 白鷺洋書 | 2005.06.13 09:37

こんにちはー。

やっぱりAviation Flashにはヒコーキ模型が似合いますね。
そしてハート、カコイイですね。なんだか機械なのに人間味があるというか。
Kazuサンの作品はいつも私が知らないヒコーキばかりなので、とても勉強になります。しかも品があるというか。

ブログを初めて以来、ミナサマの影響で作りたい模型が増えるばっかしで困ってます。完成品はあいかわらず増えないのに。(笑)

投稿: カトー | 2005.06.13 11:06

> ドカ山さん
いつもレス、ありがとうございます。
ドカ山さんとカポウさんの力作のおかげで、クラブ名がスケビに掲載されることになり、感激です。これからを、ウケねらいでがんがってください。

戦線復帰したものの、Hartは結構手強いですねえ。
最初は、素組みでさっくりいこうかと思ったんですが、いかんせん古いキット、ディティールは皆無で、なんやかんやと付け加えてると、それなりに時間を取られます。上翼と下翼をつなぐ桁のパーツの長さなども、結構テキトーで、さらなる工作が必要そうです(泣)。

投稿: Kazu@昼休み | 2005.06.13 12:51

> るーぷあんてなさん
ども、コメントありがとうございます。
I-1は、ICMらしく繊細かつ大胆なモールドですよ。銀を塗ってどの程度ギラつかせることができるか、チャレンジします。

Hartは、後年のハリケーンを彷彿とさせる機体ですが、製作は結構手がかかってます。この時代の複葉機は、光るところはキラッと光らせたいですねえ。

投稿: Kazu@昼休み | 2005.06.13 12:56

> 白鷺洋書店長さん
いつも、コメントありがとうございます。
I-1とHartは機体のラインが好対照で、興味深いです。I-1が角張った男性的なフォルムであるのに対して、Hartはどちらかといえば丸みを帯びて女性的(ツンとした女性っぽいですが)。銀塗装でどうイメージが変わるか、自分でも楽しみです。

Hartのスピナーは先端に真鍮パイプ埋め込んで、もっと尖らせる予定です。ただし、上翼はキットのままのうすうすです(削るとササクレるんです…)。

投稿: Kazu@昼休み | 2005.06.13 13:06

> カトーさん
どうも、コメントありがとうさんです。
ぐずぐずと癒しだ愛だと言い訳をしてきましたが(笑)、ようやく本業に復帰しました(といいつつ、ミニAFV愛のつまみ食いは続けるつもりですが)。

Hartは、Hawker社で初めて(?)成功した機体で、様々な派生型があります。このHartのデザインを踏襲して、シドニー・カムが後年、ハリケーンを設計しました。
キットはエアフィックスの40年選手で、細部はちょっと厳しいものがありますが、雰囲気重視で行こうと思ってます。

投稿: Kazu@昼休み | 2005.06.13 13:12

こんばんはー

HartとI-1は
凄く対照的な機体ですねえええ

Hartにはハリケーンの面影が感じられて
(・∀・)イイ!! ですねえええ


投稿: しょぼんぬ | 2005.06.14 00:10

> しょぼんぬさん
いつも、コメントありがとうゴザイマスううう。

HartとI-1は全く異なる設計思想で作られているようで、面白いですよおおお。

やはり、ハリケーン好きのしょぼんぬさんには、Hartはアピールしたようですねえええ。

投稿: Kazu | 2005.06.14 16:22

kazuさん
スケビー掲載ってすごいですね。
ミーハーな私はうらやましいかぎりです。
絶対3冊は買っておばあちゃんにも見せてあげます。

写真のホーカー・ハート。また渋いですね。
kazuさんのそんなところが大好きでたまりません。

私も負けてはいられません・・・と言いたいところですが。
最近は大負け続きで、何もいえません。

投稿: TOMO | 2005.06.15 22:17

> TOMOさん
お久しぶり!スケビ、おばあさまにぜひお見せしてください。

模型作りに勝ち負けなんてありませんよ。
自分で楽しくモデリングすることが大事なんで、マイペースでやってくださいね。

投稿: Kazu | 2005.06.16 11:38

スケビ、やっと見ましたよー。
なんだか改めて妙にウレシいですよー。
おじさんの爺さんと婆さんはもうこの世の人ではないので、お仏壇にお供えするですよー。

ところでハートってカコイイですね。
またkazuさんテイストタップリなすばらしい作品を期待してます!!

投稿: もでりんぐ割烹 | 2005.06.16 21:42

> カポウさん
おはようございます。
スケビ、おじいさまとおばあさまにお供えして差し上げてください。

Hartには、皆さん結構反応されますね。実は、最近入手した画集に、ヒマラヤの上を飛ぶHartの絵が載っているんですが、これがカコいいんです。

絵とともに、進捗アップします。

投稿: Kazu | 2005.06.17 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/4527920

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!ドカ山さん&カポウさん、スケビ掲載!:

« 楽しいミニAFV-マーモン・へリントンMk.III製作記−完成しました! | トップページ | Hawker Hart 製作記-その2 »