« ぼよよんと光あるところに影がある「番外編」ですよ | トップページ | 楽しいミニAFV-マーモン・へリントンMk.III製作記−完成しました! »

2005.06.05

楽しいミニAFV-マーモン・へリントンMk.III製作記 その2

今日はのんびり模型製作日和のKazuです、みなさんこんばんは。

息抜きにはじめたマーモン・へリントンMk.III装甲車、なかなか楽しんでますよ。

昨日今日で、基本塗装は終えました。まず、1200番のサフにベースホワイトを加えて、繊細なモールドをこわさないようにエアブラシで吹きます。で、一応、キズや気泡をチェック。ほとんど気泡はありませんが一部に発見されたので、パテを押し込んでペーパーがけ。

MH06054 MH06055 MH06056

今回は、水性アクリルでの塗装にチャレンジしました。

サフの上から、錆止めに見立てたMr.カラーの土地色(133番)をうすくスプレーし、下地を作ります。
そのうえから、タミヤアクリルのデザートイエローを基本色として吹きます。
その後、デザートイエローにバフを加えてトーンを上げた色をパネルラインやくぼんだ部分を残すようにしてスプレーし、最後にデザートイエロー+フラットホワイトでハイライトします。

MH06051 MH06052 MH06053

何となく砂漠の埃っぽい雰囲気が出てませんか?タイヤも、かなり白っぽいタイア・ブラックで塗ってます。
手前の機関銃は、ブレンガンです。アンテナには三角形の旗をつけて立てる予定です。

次のステップは、スミいれ(ウォッシング)とチッピング。ミニAFV、やみつきになりそうです。

|

« ぼよよんと光あるところに影がある「番外編」ですよ | トップページ | 楽しいミニAFV-マーモン・へリントンMk.III製作記−完成しました! »

Marmon-Herrington」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
レジンのミニAFV、ムクの状態では”カワイイ”という印象だったのに、ちゃんと雰囲気が出ますね。しかし、こんなにオーバースプレーしていては、「のんびり模型製作」なんていえないのでは(笑)。

投稿: ウイングバック | 2005.06.05 18:27

え!?モウこんなにデキちゃったんですか?早すぎますよー。

旗を作るときに、アルミ箔にデカールを貼って切り出したものをピンセットでウニャっと丸めたりすると、はためいていない時の垂れ下がった感じに作れるです。

元々カタい板みたいな旗はそんなことする必要無いっすけど・・・

投稿: かぽう | 2005.06.05 23:16

こんばんはー。

うむむ。こんなに手早く出来ちゃうモノなんですかー。
雰囲気タップリですし、なによりスケールが72というところがイイですねぇ。

私も潜水艦の模型を作ってみて思ったのですが、たまにはタイプの違う相手というのもホント楽しいですよネ!
と迂闊なことをいってみますよ。

投稿: カトー | 2005.06.06 00:39

こんばんはー

うむううう
カコ良いですねえええマーモン
クラシカルな姿がステキですねえええへリントン
砂漠な英国車両は三角形の旗がポイントですよね
写真集を見ていると
マチルダやらハニーなんかは
かなり長いアンテナに三角旗を付けてますよねえええ
修学旅行名物のペナントみたいでゴザイマスううう

投稿: しょぼんぬ | 2005.06.06 03:48

こんにちは。
カッターマットの目盛りが細5ミリ太10ミリだとするならば、
5−6センチの装甲車にしてこの密度、そしてエッジの立ち方、すごいなぁ〜。
旗竿(?)の太さなどもかなりこだわったような気がします。
早く完成が見たいです。

投稿: 白鷺洋書 | 2005.06.06 16:35

> ウイングバックさん
コメント、ありがとうございます。

それが目先が変わって、オーバースプレーが苦にならないんですよ。
それに、サイズが小さいんで、あっという間に塗れてしまいます。水性アクリルを使ったので、念のため昨日から乾燥させてますが、このお手軽感は、飛行機モデルにはちょっとないかも。
で、病みつきになりかけてます(笑)。

投稿: Kazu | 2005.06.06 17:49

> かぽうさん
コメントあんどアドバイス、ありがとうございます。

旗は、実は硬い板みたいなのか、普通のなのか、よくわからんのですよ。実車写真も見てないし、メーカーの作例から硬めのものに(勝手に)決めました。

ま、息抜きモデリングなんで、考証はなしということで(笑)。

投稿: Kazu | 2005.06.06 17:54

> カトーさん
コメント、ありがとうございます。

> なによりスケールが72というところがイイですねぇ。
> 私も潜水艦の模型を作ってみて思ったのですが、たまにはタイプの違う相手というのもホント楽しいですよネ!

72の潜水艦、ありますね、レベルの。これ作れば、一緒にお風呂に入れますし一晩中抱いて寝ることもできますよ。迂闊ですねえ(笑)。

投稿: Kazu | 2005.06.06 17:59

> しょぼんぬさん
コメント、ありがとうゴザイマス。

> 砂漠な英国車両は三角形の旗がポイントですよね

かぽうさんのところでも、書きましたが、この三角旗、硬いんですか、柔らかいんですか?
あまりこだわりませんが、わかってたら教えてくださいませえええ。

投稿: Kazu | 2005.06.06 18:04

> 白鷺洋書店長さん
コメント、ありがとうございます。

そうですねえ、大きさはトミカのミニカーくらいしかありませんが、エッチングパーツのおかげで、エッジはかなりシャープです。

アンテナ(旗竿)は、0.2mmの真鍮線を軽くしごいて、少しだけたわませてあります。
水性アクリルは、塗膜がうすく線の太さには影響が出ないようです(その分、はがれやすいんだと思いますが)。

投稿: Kazu | 2005.06.06 18:10

ジツシです。

金属プライマ実際に吹くと塗料のノリもよくて水性でも気になりませんよォ。その上からサフ吹きでOKデース。タミヤのサフは金属プライマ成分が入っているなんて噂もありますからafvの人はタミヤサフ愛用している方も多いですねェ。ただ表面がざらざらするんで完全につや消し用です。しかしafvに1200番ってのは正直驚きですが。:-P

しかしafvとは思えない塗膜の薄さですねぇぇぇぇ。気品を感じますよぉぉぉ。確かにエッチング多用しているキットは薄く吹かないと潰れちゃうんですが、経験上、潰れたことがないんで思い切り厚く吹いてマース。ここらへんが野暮ったくなる理由なんでしょうねぇ。わたしもこれからはafvでも塗膜に気をつけるようにしますよぉ。

投稿: ジツシ | 2005.06.06 18:48

> ジツシさん
コメントそれからアドバイス、ありがとうございます。

何分こんなちっちゃいAFV弄るのは中坊以来なのと、あまりにも繊細なモールドなのとで、サフはかなり薄めて3度に分けて吹きました。ベースホワイトを混ぜたのも、厚くならないようにしたかったからです。

基本色に久しぶりに水性アクリルを吹きましたが、タミヤアクリルは完全にツヤが消えますね。一応トーンをそろえるためにツヤ消しクリアでトップコートする予定ですが、そのままでも十分いけそうです。

また色々と教えて下さいませ。

投稿: Kazu | 2005.06.06 19:27

こんばんは
AFVはチンプソカンプソなので素人っぽいコメントをして見ますよ
これは72には見えません。35かと思いました。

投稿: ドカ山@残業中(涙) | 2005.06.06 20:57

> ドカ山さん
残業中に恐れ入りますです。

もとのキットがいいんですよ。72を35に見せるテクニックは、トライアングルのWildRiverさんくらいしかできないです。

最近、72AFVハマリ気味で、しょぼんぬさんに教えてもらったサイトなど物色してますよ。

投稿: Kazu | 2005.06.06 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/4421643

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しいミニAFV-マーモン・へリントンMk.III製作記 その2:

« ぼよよんと光あるところに影がある「番外編」ですよ | トップページ | 楽しいミニAFV-マーモン・へリントンMk.III製作記−完成しました! »