« 静岡、いよいよあと1ヶ月ちょっとになりました! | トップページ | 静岡まで1ヶ月を切りました! »

2005.04.10

Eastern TBM-1C Tarpon製作記-完成しました!

ようやく完成しました。
製作期間は約1ヵ月半ですが、ハセガワのキットということもあり、さすがにパーツの合いなどはバッチリ。
で、今回は塗装に力を入れてみました。

機体上面は、以前の記事でご紹介したものから、あまり変わっていません。

油絵の具のバーント・シエナとチャコール・グレイで油染みを加え、エナメルのライト・シーグレー+クローム・シルバーで、機首と翼前縁にチッピング(銀ハゲ)を施した程度です。
実機写真を見ても、ターポンはアベンジャーほど酷使されなかったようで、塗装の剥がれも比較的少ないようです。
ただ、後から翼のラウンデルのデカールに、ちょっとシルバリングが発生してしまいました。残念…。

下面は、油絵の具のチャコール・グレイとオレンジ・レッド・シェードを混ぜたもので、チッピングというかウェザリングを施しました。とくに実機でも汚れの目立つ脚収納庫周りに重点的にウェザリングしましたが、あまり汚れがハデにならないように注意したつもりです。
といいつつ、エナメルのフラット・ブラック+レッド・ブラウンをシャブシャブに薄めたもので再現した排気管や機銃口のスス汚れは、ちょっとやりすぎたかもしれません…。

Tarpon04091 Tarpon04092 Tarpon04093 Tarpon04095 Tarpon04094 Tarpon04096

今回は、細部にも少し手を入れてみました。

Tarpon04097 Tarpon04098 Tarpon04099

まず、機体下面のランディングライトは、ネイルアート用のフェイク・ダイヤです(大小100個ぐらいで、600円でした)。
奥さんについていってもらって原宿で購入したのですが、ちょうどいい大きさのものをはめ込みました。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、キラキラしていい感じです。

同じく機体下面の八木アンテナ(これ、当時、日本よりもアメリカやイギリスで活用されてたんですねぇ)は、プラストラクトの0.3mmプラ丸棒を組み合わせて作りました。
最初は、同じ径の真鍮線でトライしたのですが、長さの調整が難しいことに加えて、瞬着での接着もうまくいかなかったのでプラ材に切り替えたところ、なかなかいい形におさまりました。

脚柱は、余分なデカールでコーションデータを貼ったのち、釣り用の糸おもりでブレーキパイプを再現してあります。

排気管は、キットのモールドをドリルで掘り込んで、焼鉄色で塗装しただけです。

Tarpon040910 Tarpon040911 Tarpon040912

エンジン周りは素組み。
パイピングなどしてみようかと思ったんですが、めんどくさくなったので、塗装でメリハリつけておしまいです。プロペラの縁にも銀ハゲを少し施してあります。

コクピットでは、第二風防にクリアバックスを使いました。
プラ材でフレームを作ってから、クリアバックスのキャノピーを最上部で左右に切断し、ゴム系のボンドで固定してあります(アップにすると工作の雑さが目立ちますねぇ)。

機体後方の窓は、ターポン独自のドーム型。キットのパーツをそのままつけると機体と段差がでるので、溶きパテを何度か盛って平滑にしてあります。
ドーム型窓の前にある細い棒も、再現してみました(何だかわかりません)。

それ以外の工作としては、翼端灯をクリア化し、アンテナ線をパンストの糸で張ったことぐらいです。

できあがると、とてもグラマラスな機体で、塗装は十分楽しむことができました。
静岡に持って行く予定ですので、合同展示会に来られる方は実物を見てください。

|

« 静岡、いよいよあと1ヶ月ちょっとになりました! | トップページ | 静岡まで1ヶ月を切りました! »

Tarpon」カテゴリの記事

コメント

完成オツカレサマでした!
なんて素晴らしいターポンでしょう!
各種の塗装テクニックを駆使して実に重厚な仕上がりですね。
Kazuさんが本気出すとマジで怖いです(笑)
静岡で実物を拝めるのが楽しみです。

静岡までまだ一月ありますが、もう一機いかが?と煽ってみるテスト(笑)

投稿: ドカ山 | 2005.04.10 18:14

こんばんは。
mr.colorのスペアボトルに比べてもかなり大きい機体のようですが、
それ以上に大きさを感じる仕上りにみえますね。
アンテナなどの自作パーツが効いているのは言うまでもありませんが、
やはり、塗装(塗色)がとてもよいのだと思います。
退色表現や、排気、硝煙汚れなどが主張しすぎるのではなく
バランスがとられているところは実に素晴らしいと思います。
日程はまだ決められないのですが、是非静岡には皆さんの作品を
みに伺いたいと思っております。実物を見るのが楽しみです。

投稿: デリシャス☆白桃。 | 2005.04.10 22:26

> ドカ山さん
おほめいただき光栄です。

本気出したわけじゃないんですが(笑)、今回は、塗装に凝りました。
うまくいったかどうかはさておき、色々な塗装手法をトライしてみるのは、なかなか面白いですね。

で、

もう1機チャレンジするかどうかは、考え中です…。

投稿: Kazu | 2005.04.11 09:13

> デリシャス☆白桃さん
身に余るお言葉、恐縮です。

上にも書きましたが、まとまったかどうかはさておき、今回は色々な手法をトライしてみました。

ちょっとAFVモデラーチックな仕上がりかもしれません(ドライブラシまでは行いませんでしたが)。

静岡、よろしければ、ぜひともお越しください。
詳細等、わからないことがあれば、私のメアドまでお問い合わせくだされば助かります。

お会いしたいですね。

投稿: Kazu | 2005.04.11 09:16

ジツシです。

こんちは。むむむ、ターポンだ、ターポンがおる。搭乗員4名をパンパンに乗せて楽しそうに泳いでいる姿が目に浮かびますよぉ。

やはり模型は塗装で全てがキマルってことを思い知らされますよぉ。工作は手を抜いても塗装は手を抜いちゃダメなんでしょうねぇ。

航空機の汚しってのは模型ばえする汚しを目指した方がいいみたいですねぇ。afvバリバリの方向性よりは、このターポンみたいな感じの汚しが最高にあいますねぇ。ドライブラシはafvでも最近は余り主流ではないようですので、フィルタリングで済ませるのが吉かもしれませんよぉ。

投稿: ジツシ | 2005.04.11 18:18

> ジツシさん
こんばんは。
ターポンの実物って、見たことあります?

飛行機の汚しは、僕も考えさせられます。
昔、AFVを作っていたころ(20年以上前ですが…)、やたら泥、煤、錆汚れを強調して、えせリアルさを追求した経験がありますが、飛行機の場合は、外人モデラーのように、あまりにリアルにやるのはどうかと悩んでいます。

僕にとっては、飛行機は美しくあるべしというイメージもあるんですね。

そうですか、ドライブラシっていうのは、すでに過去の技法になりつつあるんですね。
勉強になりました。

投稿: Kazu | 2005.04.11 20:03

こんばんはー。
完成ですねー。お忙しい中ご苦労様です。

ていうか、

アップの写真が実機写真と見まごうばかりの出来なんですが。
最近、小さいAFVを作っていて思ったのが、戦車は塗装のセオリーがある程度確立されているのに対し、飛行機って”こう塗ればOK”みたいな物ってなかなか無くて、難しいですよね。

非常に参考になるです。
ソードフィッシュの時も驚きでしたが、このターポンも実物を見られるのがたのしみっす。

投稿: 男爵 | 2005.04.11 22:57

こんばんはー

完成おめでとうアンドお疲れ様でゴザイマスー
お見事な塗装ですねー
飛行機の汚し塗装はこの位が丁度良いみたいですねえええ
激しく参考になりますううう

八木アンテナですが
プラ製なのですね
0.3mmプラ丸棒でおいらもチャレンジしてみますよおおお

投稿: しょぼんぬ | 2005.04.12 01:06

Kazuさん、初めまして。こんばんは。あまりのすばらしさにコメントを書きたくなってしまいました。JWと申します。72には見えないです。アキュの48と言っても通用するのでは・・・。私のハセアベンジャーは翼を切って放置されています。とてもこんなに上手く出来ませんが、完成させます。

投稿: JW | 2005.04.12 20:36

> 男爵さん

どうも、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

ターポンは、機体も大きいので、塗装は色々試行錯誤できて、楽しめました。

キットの素性もいいので、ディティールアップも映えたような気がします。

静岡で、実物見てさらにコメントいただければ幸いです。

投稿: Kazu | 2005.04.12 21:48

> しょぼんぬさん
こんばんは~。
コメント、ありがとうございますううう。

汚しの具合は微妙で難しいっすねえええ。
私も昔、Yak-3で汚しすぎた経験がありますが、今回は、まずまずでしたよ。

八木アンテナは、最初0.2mm真鍮線でトライしたのですが、瞬着のご機嫌が悪くてうまくくっつけられなかったのと、長さをそろえて切るのがうまく行かなかったのとで、断念したっす。

プラ棒だと接着は流し込み系でできるし、定規で押さえて左右の幅をそろえると、プラ棒が互いに適度にめり込むので、見た目がよくなりましたよ。

最後に、ご機嫌斜めの瞬着を爪楊枝の先で接着部分にちょんとつけて、スプレーで無理やり硬化させました。

投稿: Kazu | 2005.04.12 21:56

> JWさん
こちらこそ、はじめまして。
ようこそお越し下さいました。

お名前は、toyさんのブログで存じあげていましたよ(ハナンツでの大人買い、うらやましいっす(笑))。

実は、私もターポンで翼を切ることを考えたんですが、やっぱり翼を広げている方が飛行機らしいので、やめた経緯があります。

私の72はさておき、アベンジャーはアキュレイトの48といい、最近出たトランペッターの32といい、キットに恵まれてますね。

がんばってアベンジャー完成させてくださいね。

これからも、よろしくお願いします。

投稿: Kazu | 2005.04.12 22:03

そうなんですよね。私も切って畳んだ状態とか見たりしていたら、やっぱり翼はピンと伸びていた方が良いな・・・と思いました。しゃあない、接着しなおしますか。静岡で拝見できないのが残念です。私は静岡県在住ですが、毎年その週は出張が入っています。仕事を変えるか部署が変わらない限りは行けないんです・・・(泣)

投稿: JW | 2005.04.12 23:55

> JWさん
そうですか、静岡にお住まいですか。模型王国、うらやましいかぎりです。
でも、ホビーショーでお会いできないのは残念ですね。

ところで、JWさんはウェブサイトやブログは開設しておられないのですか?
(もし開設しておられるならば、すみません、URLをご教示ください。)

投稿: Kazu | 2005.04.13 09:58

Kazuさんこんにちは。私はサイトもブログも持っていないんですよ。やりたい気持ちはあるんですが、中々1年中忙しくて・・・。年々忙しくなってまして、プラモ製作の方もままならない状態です。大体年、90日ぐらいは出ています。明日からも4日間ですが出張です。すみません、お邪魔ではないですか?

投稿: JW | 2005.04.13 17:44

> JWさん
邪魔なんて、とんでもない。どんどん遊びに来てください。

なかなか仕事と趣味の両立は難しいですね。
私も、最近忙しく、ブログの更新もままならないのが実情です。

でも、空いた時間を見つけ出して、作るからプラモは楽しいのかもしれませんね。

投稿: Kazu | 2005.04.14 10:28

Kazuさん今日は。さっき出張より戻りました。そう言っていただけるとうれしいです。時間がある時はお邪魔致します。今後ともよろしくお願いします。

投稿: JW | 2005.04.17 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/3639044

この記事へのトラックバック一覧です: Eastern TBM-1C Tarpon製作記-完成しました!:

» 日本人が身投げした [湯けむり模型日記]
ジャッパーン すいませんごめんなさいごめんなさいすいません申し訳ないもうしません [続きを読む]

受信: 2005.04.20 22:09

« 静岡、いよいよあと1ヶ月ちょっとになりました! | トップページ | 静岡まで1ヶ月を切りました! »