« Eastern TBM-1C Tarpon製作記-その3 | トップページ | 静岡、いよいよあと1ヶ月ちょっとになりました! »

2005.03.27

Eastern TBM-1C Tarpon製作記-その4

1週間どころか2週間も更新できずにいるKazuです、皆さんこんばんは。
どうも最近、期末やら組織変更やらで何かとの飲み会も多く、ブログの更新がまったくできない状態が続いており、失礼しています。

それでも、皆さんのブログはROMはしてるんですが、なかなかコメント書き込みまでいかず、申し訳なく思っております。

とはいえ、Tarponは、PE・kisimotoさんではありませんが、毎日少しずつぺろぺろ弄ってました。

で、

現在、こんな感じです。

とりあえず、半ツヤクリア吹いて、エナメルのダークブラウンでスミ入れをすませました。
それから、苦手のキャノピーフレームもほぼ終了(めんどくさいんだ、これが)。

最初のフレームが太すぎたので、ちょっと細めに加工しなおしました。
え、マスキング?…してません。

透明デカールにインテリアグリーンを吹いて機体色を上塗りしたものを細切りにして、モールドに沿って貼ってフレームを再現しました。
最初のトライアルが太すぎたので、デカールフィットで一度全部はがして、再度貼り直しました。

ま、こんなもんでしょう。

ということで、画像はこんな感じです。

Tarpon03272 Tarpon03271 Tarpon03273 Tarpon03274 Tarpon03275 Tarpon03276

透明なキャノピー・パーツは、ファルコンの第二風防です。塗装はまだできてません…。
それと、キャノピーの円形部分は、これから筆塗りです(メンどくさい…)。

次のステップは、お待ちかねのチッピング。油絵の具の登場となります(予定です)。
4月早々には完成させたいと思ってます。

|

« Eastern TBM-1C Tarpon製作記-その3 | トップページ | 静岡、いよいよあと1ヶ月ちょっとになりました! »

Tarpon」カテゴリの記事

コメント

kazuさんも「ぺろっ作」ですか?
アベンジャー(ターポンと言うのはどうも違和感がある)退色表現決まってますね。大きな機体なので見ごたえありそう 例会?合同展示会で見るのを楽しみにしていますよ。
それと静岡の事をそろそろ打ち合わせしないといけませんね。
ご連絡お待ちしています。

投稿: PE・kisimoto | 2005.03.27 23:29

こんばんは。お忙しそうですね。
私もかなりはまっておりまして、模型いじる時間がありません。
ターポン、いけてますね!Kazuさんの作風はいつも上品な感じなんですが、バリバリに褪色塗装させても品のよさを感じるのは何故だろう?(笑)
私は今回クリアバックスに泣かされてますが、
問題なく装着できると良いですね。
完成が楽しみです。

投稿: ドカ山 | 2005.03.28 00:05

ジツシです。

お久しぶりでーす。そろそろ完成がみえてきましたねぇ。窓枠デカールって!あーた、その手があるんですかぁ!! ええ、わたしは必死にキャノピーをマスキングしましたよぉ、当然円形の方も。早速その技盗ませて頂きたいんですが、…でもわたしにはできそうもないですよぉぉぉ!! デカール貼り苦手なんです、はい。:-P

ドカ山さまも仰っているようにKazuさまの作品には気品がありますよぉ。わたしになりに分析するとその最大の要因はデカール貼りが上手すぎる!という結論に達しました。今回のキャノピーデカールはそのスキルがあって初めて実現できるものですよぉ。窓枠にデカールなんて…神業です。

投稿: ジツシ | 2005.03.28 01:03

こんばんは。
お忙しいようですね。僕の方はこれからぼちぼち忙しくなってきそうな気配です。

ターポン、ステキです。
展示会で現物を見させて頂いたのですが、皆さん仰っているようにkazuさんの作風はどことなく上品ですよね。
やっぱり、完成品ってその人の癖とか結構出る物ですよね。

油絵の具は戦車で試しに使って見ましたが、勝手が違うのでまだよく解ってないです。Kazuさんがどのように料理されるのか楽しみです。

投稿: 男爵 | 2005.03.28 01:58

こんばんはー

迫力がありますねえええ
チッピングあんど油絵の具で
もっと迫力が出そうですねえええ
完成が楽しみでゴザイマスー

投稿: しょぼんぬ | 2005.03.28 03:07

> PE・kisimotoさん
どーも、ご無沙汰です。
実は、昨日のトライアングルさんの例会までに完成させてお見せしたかったんですが、色々あって間に合いませんでした。昨日もプライベートのヤボ用で、湘南台にも遊びにいけずじまいです(汗)。

静岡の件、ご指摘の通り、ぼちぼち打ち合わせをはじめないといけませんね。いつも後手後手でご心配かけてすみません。

手がすいたら、また相談させてください。

投稿: Kazu | 2005.03.28 21:19

> ドカ山さん
お久しぶりです、お元気ですか?
お互い、模型をじっくり弄る時間がないのはつらいですね(泣)。

ターポン、おほめにあずかり光栄です。
でも、実物はそんな大したものではないような気がします(笑)。
クリアバックスは一番シンプルな第二風防なので、何とかなりそうです。

ところで、例のDVD(変なものじゃありません。FAAのヤツです)、入手しましたよ。今度お会いするときにお持ちします。

投稿: Kazu | 2005.03.28 21:24

> ジツシさん
こちらこそ、ご無沙汰です。

作品に気品なんてとんでもない、デカールもごく普通に貼っているだけですよ。

マークセッターとマークソフターの組み合わせで貼っています。
キャノピーの枠も、細切りデカールをセッターで固定して、乾いてからソフターを上塗りすれば、がっちりモールドになじみますよ。

今度、お試しあれ。

投稿: Kazu | 2005.03.28 21:28

> 男爵さん
どーも、お久しぶりです。
さすがにちょっと忙しくなってきました。
作品は上品とは思ってませんが、今回の褪色表現は、ちょっとチャレンジしてみました。

次は、油絵の具でどう綺麗に汚すかが課題です。
がんばってみます。

投稿: Kazu | 2005.03.28 21:31

> しょぼんぬさん
コメント、ありがとうございますううう。

ターポンは、やはりデカい。置き場所に困ってますよ。

チッピングでしくじらないように、慎重にいきますよ。

でも、実はちょっと疲れてきてたりして(笑)。

投稿: Kazu | 2005.03.28 21:34

こんばんは。
素晴らしいです。
忙しい中でも手抜きなく確実に仕上げるところは
本当に見習わなくてはいけません。
機首のスジボリも彫りなおしたように見えますが、
そうした妥協のないところが高い完成度に
繋がっているのですね。
仕上がりが楽しみです。

投稿: デリシャス☆白桃。 | 2005.03.29 00:17

うは~、カコ(・∀・)イイ!!
オイラも大戦機を作るときに真似したいと思います。

投稿: るーぷあんてな | 2005.03.29 01:30

> デリシャス☆白桃さん
おほめいただき恐縮です。

機首部分は確かにスジ彫りしましたが、結構ずれてたりします(汗)。
そんなに大した作業してないですよ。

でも、見た目がカッコいいようにしたいという思いだけはあるかなあ(笑)。

身にあまるコメント、ありがとうございました。

投稿: Kazu | 2005.03.29 23:09

> るーぷあんてなさん
ご無沙汰です。
おほめいただき、光栄です。

少しでもご参考になれば幸いです。
でも、るーぷさんほど、繊細に作ってませんよ。

投稿: Kazu | 2005.03.29 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/3461764

この記事へのトラックバック一覧です: Eastern TBM-1C Tarpon製作記-その4:

« Eastern TBM-1C Tarpon製作記-その3 | トップページ | 静岡、いよいよあと1ヶ月ちょっとになりました! »