« モノ・コン、できました… | トップページ | あけおめ! »

2005.01.03

Curtiss Goshawk FIIC-2 製作記

といっても、突貫工事で作業していたので、製作途中の画像を撮影していません(汗)。
一応、記録しておきたいので、製作記を整理しておきたいと思います。

キットは「ご機嫌最高モノグラム」という評判通り、(凸モールドとはいえ)表面のディティールも、合いもすばらしく、とても組みやすいものです。
皆さんよくおっしゃいますが、この時代のモノグラム複葉機シリーズは、ホント名作と呼ぶに相応しく、このGoshawkも1968年生産(!)とは思えない精度です。

今回はモノグラム・テイストを大事にしようと思い、ほぼ素組みで仕上げています。
それに元々小さな機体なので細かく手を入れても、余り効果は期待できないだろうという考え(言い訳?)もあります。

手を入れたのは、ウインドシールドをその辺にあったプレゼンテーション資料のカバーシート(塩ビ?)で作りかえ、張り線を張ったこと程度。
エンジンのディティールは素晴らしく、ドライブラシだけでこんな感じに仕上がります。
デカールはほとんどダメでしたが、リキッド・デカール代わりに木工ボンドを薄めて塗って、何とか修復して貼りました。上からクリアを重ね吹きして定着させています。

Goshawkdetail1 Goshawkdetail3 Goshawkdetail2

モノ・コン出品に向けて製作したGoshawkですが、(最後は締め切りに追われたといえ)楽しく作ることができました。ダッズさんに感謝です。

|

« モノ・コン、できました… | トップページ | あけおめ! »

Goshawk」カテゴリの記事

コメント

Kazuさん、あけましておめでとうゴザイマス。今年もヨロシクです。
ゴスホーク、詳細画像を拝見しました。
いつもながら丁寧な仕上げですね。
見るたびに、模型作るのもう止めようかと思ってしまいますよ(苦笑)
ともあれ、JANO-CONも頑張っていきましょう

投稿: ドカ山 | 2005.01.03 15:56

ドカ山さん

コメント、毎度ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

JANO-CONは、頑張りたいと思います(まだ1年あるし(笑))。

投稿: Kazu | 2005.01.03 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/2455785

この記事へのトラックバック一覧です: Curtiss Goshawk FIIC-2 製作記:

« モノ・コン、できました… | トップページ | あけおめ! »