« 「オレ流」張り線講座【基礎編】 | トップページ | ウクライナからの贈り物 »

2004.11.07

Fairey Swordfish Mk.I 製作記-その4

最近ちょっとバタバタしてたので、久々の更新です。

本当は、「『オレ流』張り線講座【実践編】」に行ってみたかったんですが、ソードフィッシュは張り線まで進まず、次回お楽しみということにさせて下さい(汗)。

メカジキは、下塗装までしかいってません。
今回は下地にベースホワイトをさっと吹いて、まず下面のスカイを塗り、その後、ダークスレートグレー、ライトスレートグレー、エクストラダークシーグレー、ダークシーグレーの迷彩に入りました。

エクストラダークシーグレー、ダークシーグレーはMr. カラーの333番と331番を吹いたんですが、ダークスレートグレーとライトスレートグレーの色調がどうもよくわかりません。

色々調色して吹いてみましたが、しっくりこないので、結局toyさんに教えていただいて、塗り直すことにしました。
ダークスレートグレーについては、マスターモデラーズVol.16のソードフィッシュ水上機型の作例記事で、121番のRLM81ブラウンバイオレットで代用されていたので、これを使おうかななどとも考えています。

さて、気を取り直して塗装再開と気合を入れた矢先、あるばさんのブログを読んでいると、ソードフィッシュの機銃パーツ云々の記事が…。

「え、機銃ってどこにつくんだっけ?」 

実は、レベル(マッチボックス)のキットは、操縦席右下にあるはずの機銃のバルジなどがすべて無視されて、ノッペラボーであることに気がつきました。

しかたがないので、図面や資料をみて、それらしくバルジをこさえ、機銃の弾道溝を彫り込みました。

Swordfish1117_1 Swordfish1117_2 Swordfish1117_6 何か昆虫を思わせます…。

ついでに、仕上げがきっちりできていない胴体の貼り合わせ箇所なども改めて整形したり、翼上面のフラップコントロールのダイアルや手すりなどをディティールアップしたり、結局のところ一から出直しとなりました。

Swordfish1117_3 Swordfish1117_4 Swordfish1117_5

この後、ようやく本格的な塗装に入ろうと思います。

|

« 「オレ流」張り線講座【基礎編】 | トップページ | ウクライナからの贈り物 »

Swordfish」カテゴリの記事

コメント

おっ!1番乗り!!
さりげ~にエレベーター、ダウンしていて良いですね~
うっ!メッサ~のバルジが…

投稿: 腹~・ポッタ~ | 2004.11.07 18:21

腹~・ポッタ~さん、間髪入れずのコメント、恐れ入ります。

メッサーのバルジみたいですが、これはCooperativa(旧Frog)のキットからスライスしてコンバートしたものです。
ちとオーバースケールかな~。

エレベーター下げは、外人モデラーがよくやっているので、ちょっとまねしてみました。

投稿: Kazu | 2004.11.07 18:26

こんばんはぁ。

 塗装の手順、参考になります。 私なんか何も考えないでインストの指定通りババッとお手軽に塗っちゃうので質感もへったくれも無いんですよねぇ(^^; 本格的な塗装後はどんな風に化けるか楽しみです。

 機銃については分かり難い所に付いてますよねぇ。 私もMA誌の製作記事で読んだ時には何処に付いているのかわかりませんでしたし(苦笑)

投稿: あるば | 2004.11.07 21:57

あるばさん、こんばんは~。
塗装は、塗り直ししてるんで、あまりいい手順じゃないすよ(笑)。
今の悩みは、迷彩のボケ幅をどれくらいにするかです。
ま、実際はテキトーになりますが…。

機銃は、盲点でした。
あわてて追加工作しましたが、イギリス機って、つくづく変ですねぇ。

投稿: Kazu | 2004.11.07 23:17

kazuさん、こんばんは
ウホッ!大工事ですねー。ここまで進んだ段階での切った貼ったはなかなか勇気が必要だったのでは?
(私はしょっちゅうですが...)
いかにも後付けしたような機銃ですね。
機体の性格からして攻撃の役に立ったとは思えませんが、照準用なのでしょうか?
丁度五合目って所でしょうか、いつもながら丁寧な工作に感服いたしました。

投稿: ドカ山 | 2004.11.08 01:04

 ソードフィッシュの前方機銃は、その辺の戦記を読むとそれなりに役立ってはいる…と言えなくはない(歯切れ悪い表現)みたいです。
 Uボート攻撃では機銃掃射に使っていますし、大戦初期の地中海戦線で空母イラストリアスを爆撃に来たスツーカを(ラッキーヒットで?)撃墜したりしているようです。
 そういえばアヴェンジャー(TBM-1C)の前方機銃も側面についてますね。位置は反対の左舷側だったかも。

投稿: えびすどん | 2004.11.08 10:14

 しまった、ネタ文だけ送信してしまいました。
 Kazuさん、改めましてこんにちは。

 ダークスレートグレー(Dark Slate Gray BS634)ですが、今はなきSDEカラーで発売されていましたね。
 夏頃には秋葉原のイエローサブマリンに在庫があった(そして一瓶押さえた)覚えがありますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 あと、こんなページが参考になるかも知れません。
 http://www.ipmsstockholm.org/colorcharts/stuff_eng_colorcharts_uk.htm

投稿: えびすどん | 2004.11.08 10:21

ドカ山さん、こんばんは。
大工事って、ドカ山さんに比べれば、かわいいもんですよ(笑)。
えびすどんも書いておられるように、機銃はそれなりに役に立つこともあったようです。
でも、誰が撃ったんだろう…。やはりパイロットだよな。

製作は五合目手前ってところでしょうか。張り線が待ってますから…。

投稿: Kazu | 2004.11.08 19:06

えびすどん、色々とご指導、ありがとうございます。

IPMS Stockholmのカラーチャートのサイトはいいですね。
何となく、FAAの飛行機のカラーイメージができてきました。

うまくいけば、今晩迷彩が完了しそうです。
SDEカラーでなくても、同じような色でいけそうです。

投稿: Kazu | 2004.11.08 19:09

こんばんはー

ダークスレートグレーの話
大変に参考になりましたっすううう
これで
カムシップハリケーン
もしくは
シーハリケーンも行けそーでゴザイマスううう

投稿: しょぼんぬ | 2004.11.09 02:32

しょぼんぬさん、コメントありがとうゴザイマス。

FAAの塗装は、奥が深いっすねええええ。
RAFの方が、だいぶわかりやすいような気がします。

エクストラダークシーグレーとダークシーグレーは、まだ違いがわかるのですが、ダークスレートグレーやライトスレートグレーは、結局雰囲気で塗ってしまいそうな悪寒っす。

おたがい、がんばって塗装しませう。

投稿: Kazu | 2004.11.10 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/1889948

この記事へのトラックバック一覧です: Fairey Swordfish Mk.I 製作記-その4:

« 「オレ流」張り線講座【基礎編】 | トップページ | ウクライナからの贈り物 »