« 東欧パワーをみた! | トップページ | 「オレ流」張り線講座【基礎編】 »

2004.10.31

Fairey Swordfish Mk.I 製作記-その3

久々にキットにさわれたので、メカジキを少し進めました。
久しぶり(1ヵ月半ぶり!)の製作記更新です(汗)。

ようやく士の字になりました。ただし複葉機なので、ここからが大変です。

Swordfish10311 Swordfish10312 Swordfish10313

コクピットは丸見えなので、それらしくディティールを加えました。
シートベルトや操縦桿をテキトーに付け加えています。
内部の塗装は、先にフラットブラックを塗って、その後に光の当たる方向からエアクラフト・グレイグリーンを吹きました。一応、明暗差を出したつもりです。

あとは、機体側面のディティールを追加したり、翼のランディング・ライトをクリアパーツのランナーで再現したり、目につく辺りに手をいれています。

レベル(マッチボックス)のソードフィッシュは、Mk.IIIがベースになっています。
とにかくアバウトなキットなので、Mk.Iっぽくいじったほか、一部にスジ彫りやリベットも追加しています。
パーツの合いは決してよくないので、パテ盛りに手間取りました。

でも、手を入れてもキリがないので、ぼちぼち次のステップに入る予定です。
次回は、皆さんお待ちかねの「張り線講座(?)」、行ってみよー。

|

« 東欧パワーをみた! | トップページ | 「オレ流」張り線講座【基礎編】 »

Swordfish」カテゴリの記事

コメント

ソードフィッシュ、キター。塗装前でも無骨な感じがすてきです。
張り線講座、楽しみにしてます。

投稿: toy | 2004.11.01 00:01

ついに士の字になりましたね。 1/72でここまでイジるなんて流石です。 私はタミヤの1/48をストレートに組むのですら四苦八苦してますから(汗)

次はいよいよ張り線ですか、ワクワク。 

投稿: あるば | 2004.11.01 07:46

toyさん、コメントありがとうございまっす。

まだまだ途中ですんで、これから一杯ヤマがあると思います。

ソードフィッシュは無骨な機体ですが、レベルのキットも無骨で、
手を焼く部分がたくさんあります(笑)。
妙に凝ってたり妙にあっさりしてたり、何とも形容できないキットです。

早く完成させて、toyさんのアルバコアと並べてみたいですね。
がんがります!

投稿: Kazu | 2004.11.01 10:22

あるばさん、コメントありがとうございますです。

48のメカジキの弟分として、72のメカジキもかわいがってやって下さい。
72のキットは、ごちょごちょイジってもあまり効果がありません(泣)。
ほとんど自己満足の世界ですが、ついイジってしまうのはモデラーの性ですかねぇ。

ところで、張り線については、「講座」などとエラそうに書いたものの、
きっと適当になりますので、あまり期待しないで下さい(汗)。
ただ、公開を前提にプランを組めば、少し順序だってできるかもしれません
(今までは、行き当たりばったりで張ってましたから(笑))。

これも、モチベーションを高めるための計画のひとつですかね。

投稿: Kazu | 2004.11.01 10:30

kazuさん、こんにちは
いつものように、緻密な加工がステキです。
私も自作パーツを追加したりしますが、私の場合『付けました』で終わってます。丁寧さ加減が雲泥の差ですね。
いつも大変参考になります。この調子でガンガッテくださいまし。
肌色っぽく見えますが、ピンクサフェーサーですか?

投稿: ドカ山 | 2004.11.01 12:10

ドカ山さん、コメントありがとうさんでゴザイマス。

緻密に見えるだけで(画像もピントあってないし)、結構テキトーなんですよ。
スケール・イフェクトを考えて、何となく「らしく」見えるように製作してるだけです。

ところで、サーフェーサーについてご質問をいただきましたが、サーフェーサーまでいってません(笑)。
というか、今回はプラの地色がグレーなので、サーフェーサーは吹きません(きっぱり)。

ドカ山さんに刺激されて、艦攻ということで、やや強めのウェザリングを施す予定ですので、下地処理にはこだわらないことにしました。

投稿: Kazu | 2004.11.01 13:29

メカジキ、良いですね。私もタミヤが72で出せば作りたいですね~。
張り線講座、期待しています。私も参考にさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。私のゴス、一応張線の下ごしらえできました。モノコン頑張りましょ~!

投稿: 腹~・ポッタ~ | 2004.11.01 18:40

腹~・ポッタ~さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

ゴスホーク、着々と進んでいるようですね。
張り線の下ごしらえなど順調なご様子、何よりです。
引き続きガンガって下さい。

張り線講座は、大したものにならないと思いますので、期待しないで下さい(大汗)。

こんな稚拙なやり方で張っているということで、笑ってやって下さいまし。

投稿: Kazu | 2004.11.01 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/1824006

この記事へのトラックバック一覧です: Fairey Swordfish Mk.I 製作記-その3:

« 東欧パワーをみた! | トップページ | 「オレ流」張り線講座【基礎編】 »