« 1/72の輪-その3 | トップページ | 「スピット祭り」参加? »

2004.06.14

1/72の輪-その4

AVROさんの「スピット脱衣補完計画」がすごいことになってます(笑)。ついに、ハセガワのMk.VIIまで動員です(MkVIのキットがとんでもなかったとのことでお怒りのご様子ですが、気楽に行きましょう、気楽に!)。でも、ここまでこだわりを見せるモデラーも、なかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。何となくジョンブル魂を感じさせます。

このハセガワのMK.VIIはいいですね。レア物とされていますが、まだ手に入るんでしょうか?。私はこの時期のスピットにはあまり興味はないですが、少なくともこのボックスアートは、非常にカッコよく、シビれます。

AVROさん、がんばって下さいね~。応援してますです。

|

« 1/72の輪-その3 | トップページ | 「スピット祭り」参加? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

トラックバック有難うございます。
Mk.VIを最初に作ろうと思い立ち、タミヤのMk.VbにSMERのVIのパーツとデカールを流用しようと考えていました。
純粋なMk.VIのキットは存在しておらず、SMERのキットはエレールのMk.Vにパーツとデカールを追加したものです。
タミヤのキットは最新のキットだけあって、綺麗なスジボリにキレのあるパーツといいトコずくめなのですが、唯一どう設計したのかキャノピー部品が位置の相違&太すぎる&段差のある窓枠となっています。
単純に削り出したら今度は胴体にフィットしなくなりました。
不本意ですが放置することにした次第です。
Mk.Vのキットは他にRevell,Heller,Airfixが有りますが、Airfix以外は胴体下面の波状フェアリングを無視しており、修正が難しいのでAirfixでリベンジする予定です。
Revellは最近のキットでスジボリに各種オプションパーツが豊富なのですが、肝心な所が省略されており残念。キャノピーパーツも磨きが足りずデコボコしています。
何はともあれ、Mk.IからVIまではAirfix、VIIからXIまではハセガワ、XII以降はフジミをベースにして製作しようと企んでいます。
ハセガワのMk.VIIですが、現在では入手困難だと思います。
ヤフオクでも結構高値で取引されていましたが、パーツだけ欲しいのであれば先月辺りに発売されたMK.III'尖形翼'に延長翼のパーツが入っています。
スピットの種類は単純に計算して40種類以上有るので先が思いやられます(笑)。

投稿: AVRO | 2004.06.14 22:37

いやAVROさん、すごいこだわりですね。頭が下がります。タミヤのMk.Vbは私も持ってます。確かに部品のシャープさと比べて、キャノピーは何故かもったりしてますね。私は、AVROさんほどこだわらないので、多分コンパウンドで磨いてごまかしちゃうと思いますが…。折角の製作なので放置せず、クリアバックスに換装するって手はないですか?

投稿: Kazu | 2004.06.15 09:58

クリアバックスは昔持っていましたが捨てちゃいました。
最近ハナンツでまた注文しましたがエアフィックス用の予感がします。
あれこれ考えて漸く解決の糸口が見えました。
平日はなかなか進まないので週末に集中して製作しようと思います。

投稿: AVRO | 2004.06.19 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19026/766905

この記事へのトラックバック一覧です: 1/72の輪-その4:

« 1/72の輪-その3 | トップページ | 「スピット祭り」参加? »