« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004.05.30

Model Gallery Vol.2に画像アップ継続中

引き続きModel Gallery Vol.2に画像をアップしています。Curtiss P40NとHawker Tempest Vをアップしました。どちらも新作ではありませんが、枯れ木も山のにぎわいということで…。

P40N1 P40N4 Tempest1 Tempest3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.27

「紅の豚」雑感

とくにアニメ・ファンということではありませんが、「紅の豚」は好きです。確か、公開時のキャッチコピーは糸井重里さんによる「カッコいいとは、こういうことさ。」とかいうものだったと思いますが、紅の豚(Porco Rosso)はとにかくかっこよかった。声優は、豚が森山周一郎さん、マダム・ジーナが加藤登紀子さんで、それぞれいい雰囲気でした。この時代(1920年代)の飛行機は、人間の技量と飛行の技術が、最も助け合って飛んでいたような気がして、機械と人間が対等であった最後の時代というイメージを持っています。最近、とくに複葉機・高翼機にハマッているのも、この辺りが背景にあります。

ずいぶん前(3月だったと思います)に、flydayさんから「『紅の豚』の赤い飛行艇、是非upしてください」というコメントを頂いていましたので、遅くなりましたが、作品画像をアップします。

103_0315 103_0316 103_0317

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.05.26

Model Gallery Vol.2に画像アップ中です

静岡ホビーショーで並べた1/72プロペラ機(単葉)の画像を、Model Gallery Vol.2にアップ中です。ご興味のある方は、のぞいて見て下さい(適宜、画像は付け加えていきます)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.25

「翼よ!あれがパリの灯だ」

なんてカッコいいタイトルですが、実はまた、レア物キットを購入してしまいました。今回は、Frog 1/72のRyan NYP "Spirit of St.Louis"とMonogram 1/72のBoeing F4B-4です。"Spirit of St.Louis"は、いうまでもなくチャールズ・リンドバーグが大西洋無着陸横断飛行に成功した機体です。「翼よ!あれがパリの灯だ」というジェームズ・ステュアート主演の名画で一躍有名になりました。実は、Testorの"Spirit of St.Louis"持ってるんですが、シリアル・ナンバーや"Spirit of St.Louis"の文字が、キットにモールドされていて、今一つ作る気になれなかったところ、60年代のFrogのキットをネットで見つけ、購入したもの。この時代のFrogのボックスアートは秀逸で、"Spirit of St.Louis"も思わず「かっこえ~」と思ってしまうのは私だけでしょうか?
SpiritofStLouis ← かっこえ~。これからパリに向かうんですね。

MonogramのBoeing F4B-4は、モノ・コン参戦用です。すでに、Curtiss Goshawkで参加を申し出ていますが、このF4B-4と、別に入手したCurtiss P-6E Hawkの1/72トリオで参加したいと思ってます(こんなちまちま飛行機ばかりでいいのかとも思いますが、主催者のとりさん・ダッズさん、よろしくお願いします)。Monogramは凸モールドですが、下手に筋彫りなんかしない方がいいと思ってます(どうせうまく筋彫りなんてできないし、1/72の複葉機ではよくわからないしと開き直る)。
F4B-4 ←かわいい艦上戦闘機です。P-12Eの海軍版ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.24

という感じで、即コミュニケーションができます!

トラックバックを送った矢先に、早速AVROさんのウェブログで取り上げて頂きました。ありがとうございます。AVROさんこそ、レア物キットを丁寧に製作されていて、読んでいて勉強になります。私はレシプロ機が専門なので、AIRFIX 1/72のWESTLAND WHIRLWINDの製作記など興味深く読ませて頂きました。これからも、よろしくお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モデラーの皆さん、ウェブログはじめませんか?

このサイトは日記風のウェブログ形式で運営していますが、モデラーの方々には、まだあまり馴染みがないようです。そんななかで、RAFのマニアックな機体を製作してらっしゃるAVROさんからコメントを頂いたので、トラックバックしてしまいます。モデラーの中にはすばらしいHPを運営しておられる方も多いですが、ウェブログ形式でモデラー同志の情報交換や意見交換がもっと行われるようになるといいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.05.21

第15回モデラーズクラブ合同作品展参加ルポ その4

昨日は何かと忙しく、ルポをアップできませんでした。今日は、合同展示会2日目の模様をお伝えします。

5月16日(日)は、前夜から続くあいにくの雨。前日の失敗は避けるべしと、早めに起床しチェックアウトをすませて、勇んで専用駐車場に向かいましたが、すでに第一・第二駐車場とも満杯…。やむなく再び一番遠い第三駐車場に停めましたが、前日食した「入船鮨」の向いに静岡タクシーの事務所があったことに気づいていたので、僕が車を停めている間に、Yakkoちゃんがタクシーをつかまえてきて、8時45分には無事会場入りしました。雨ということもあり、朝のうちはお客さんの出足はよくありません。しかし、お客さんが少ない分、モデラーの方々とは有意義な交流ができました。とくに、1/72専門の先輩方からは、貴重なご意見を頂きました。ひやめし会のIさん、浜松松風会のSさん、お向いにブースを構えておられたBOTCHERS.のIさんとは「1/72飛行機はもっとがんばらないといけない」などと気勢を上げていました。皆さん、各々のブースで、小粒でキリリとした素敵な作品を展示しておられましたよ。

昼前になると、客足も伸びてきます。先日、Mark Glidden氏のことをご紹介しましたが、意外だったのは、多くの外国人のモデラーが1/72に興味を示して下さったこと。とくに、カップルで来られた外国人モデラーは、彼女に逐一作品のバックグラウンドなどを説明してあげているのです。家族やパートナーの理解があって初めて楽しめるプラモデル製作ですが、彼らのそういう姿勢を見て改めてその重要性を感じさせらました(うちの場合は、Yakkoもまぁ理解してくれていると思ってますが…)。

午後になると、Model Artの方が来られて、「Kazuさんは、AirfixやRevellのキットも、ハセガワやタミヤと同様に仕上げてますね。今度、作例とかお願いできませんか」との恐れ多いコメントを頂いてしまいました。あくまで週末モデラーなので、ご期待に添えるかどうか何ともいえないとお答えはしておきましたが、年に1、2回程度なら、トライしてみてもいいかななんて考えています。こんなんでいいんかという意味で、僕の作品をアップしてみます(これもピンぼけですが…)。展示作品は、順次ギャラリーにもアップしていく予定です。

102_0296 103_0304 103_0309 103_0312
103_0316 103_0320 103_0323 103_0332

夕刻には、約束していたIKEさんともお会いすることができました。IKEさんは、2日間かけて丹念にクラブのブースを回ってこられたとのこと。ご自分でもSweetの1/144の零戦を丁寧に工作されており、ルーペ付きの展示作品は、多くの参加者が覗き込んでいたと思います。

続きを読む "第15回モデラーズクラブ合同作品展参加ルポ その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.19

第15回モデラーズクラブ合同作品展参加ルポ その3

初日の午後に、Nakamuraさんがすばらしいハーレー・ダビッドソンを持ち込まれ、ようやくブースが形になりました。一緒に来てくれたYakkoも「すごいわねぇ」といっていましたが、すばらしい力作です。会場を訪れていた方々も口々にできのよさをほめておられました。Nakamuraさん、お疲れさまでした。これが、そのハーレーの画像です。塗装がビシッと決まってますね。ちなみに、あの長谷川製作所の長谷川社長がひょっこりROSANAのブースに立ち寄られましたが、その際、「これはすばらしい作品ですね、どちらのキットですか?」とご質問されたのに対して、Nakamuraさんが苦笑しながら「タミヤさんです…」と答えておられたのは、ちょっとした笑い話です。

1 2

続きを読む "第15回モデラーズクラブ合同作品展参加ルポ その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.18

第15回モデラーズクラブ合同作品展参加ルポ その2

5月15日(土)当日ですが、前日の抹茶割りがたたったのか朝寝坊して、起きたら7時35分!あわててシャワーに入って朝飯をすませ、ホテルを出たのは8時35分。ツインメッセまでは15分もかからない場所でしたが、会場に近くの道路はすでに大渋滞…。出展クラブ専用駐車場も、会場近くのものは満車状態で、結局一番遠い第三駐車場(ポリテクセンター)にようやく停めることができました。

が、メッセまで遠い!男の足でもゆうに20分はかかりそうで、結局タクシーを拾って、会場入りです。他のブースはもう多くのメンバーが揃っているなか、9時少し前に、こそこそとブースに入りました(お隣の「くるま馬鹿 うに屋」と「Pura.Pura」の皆さん、大変お世話になりました!)。

好天に恵まれ、すごい人手です。私が出展した1/72のちまちま飛行機でも、皆さんじっくり見ていって下さいます。小さな女の子が「みんな、ちっちゃい~」と言ってしげしげと見ていたのが印象的でした。とくにお子様たちには、「紅の豚」の戦闘飛行艇が人気だったように思います。ROSANAのブースの模様は、こんな感じです。

rosana rosana2

続きを読む "第15回モデラーズクラブ合同作品展参加ルポ その2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.05.17

第15回モデラーズクラブ合同作品展参加ルポ その1

何回かに分けて、初めて参加した第15回モデラーズクラブ合同作品展について感じたことを書き連ねたいと思います。最初は搬入について。クラブの主催者が急遽体調を崩されてしまって参加者が減ってしまい、作品数が足りなくなりそうでしたので、あわてて昔作った作品も持ち出しました。

5月14日(金)の午後6時頃、Yakkoちゃんと東京を発ち、8時半に静岡のホテルに到着。その後、9時頃にツインメッセの会場に搬入に向いました。会場では、もう手馴れたモデラーの方々が次々に搬入しておられます。こっちはどこに車を止めていいのやらもよくわからず(搬入用駐車場は満杯状態)、何とか近くの路上に車を停めて、何とか作品を搬入しました。会場では、皆さん、ブース作りに凝るわ凝るわ、雛壇あり、ポールからつるす飛行機あり、海面あり、岩山あり、もう圧倒されっぱなしです。新米参加者は、こそこそと唯一持参した下地の布を広げて、1/72のちまちま飛行機を淡々と並べるのみです。それでも、10時頃には一応レイアウトは終了、何とかホテルに戻りました。

続きを読む "第15回モデラーズクラブ合同作品展参加ルポ その1"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

合同作品展を終えて

とりあえず、先週末(15、16日)のROSANAで出展した、静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同作品展を無事終えました。詳細は別途アップしますが、多くのモデラーの方々と交流することができ有意義な時間だったと思います。

この手の展示会には初めて参加させて頂いたわけですが、1/72飛行機、とくにプロペラ機というのは、実は展示会ではマイナーなんですね。確かに1/48や1/32というビッグスケールの方が展示会では華がありますし、1/72の小さなちまちました飛行機だと数を並べないといけないような気がしました。ウェブの世界向きなんですかねぇ、1/72は…。

とはいえ、多くの方々から激励のお言葉とアドバイスを頂き、感謝感激の2日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.13

零戦キャノピー、

できたもんね。これで22機完成(ということにしておこう…)。合同展示会では、ズラッと並べます。趣味の模型制作ですので、出きの良し悪しはご愛嬌ということでお願いします。画像の方も、徐々にアップしていきたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.11

零戦のキャノピー

気がつくと零戦32型のキャノピー、まだできてませんでした…。でもって、あわてて製作中です。もともとキャノピーの塗り分けが下手なことに加えて、零戦って何でこんなにキャノピーのフレームが多いんだろう。こういう場合は、透明デカールの上にまず機内色をエアブラシして、そのうえに機体色(飴色ってどんな色なんだかわからないので、灰白色とか灰緑色とかをテキトーに混ぜました)を塗り重ね、これを細切りにしたものでちまちまフレームを再現するのが、僕のやり方です。手間かかるんだけど、マスキングしてフレームの太さがまちまちになるより、見た目はましかなと思っています。

どなたか、キャノピーのうまい塗り分け方を伝授して下さる方はいらっしゃいませんか?とくに、1/72だと、40男の目にはちょっときつくなりつつあるんですよね、細かすぎて…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.10

展示会出品リスト

今週末の静岡ホビーショー合同展示会の作品が(ほぼ)できあがりました。僕自身、初めての展示会出品ということで、今まで作りためたものもあわせて、20機ほど衆目にさらしてしまいます(もう逃げられないっ!)。まぁ出戻り週末モデラーが楽しんで作ってきたわけですから、こんなものだろうと思いますが、展示会場でいい刺激を受けたいと感じています。

静岡に行かれる方で、ご興味があればぜひ声をかけて下さい。模型クラブROSANAの展示スペースは、玄関から入って突き当たりの男子トイレの前です。恥ずかしげもなく出品リストを掲示します(このウェブログでアップしている作品もありますが、全部1/72プロペラ機です)。

続きを読む "展示会出品リスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.08

追い込みです!

来週末の静岡ホビーショーでの合同展示会に向けて、追い込みに入っています!今日は久しぶりに模型にかかりきりの夜で、完成目前になっていた4機に取り組み中。明日中に、ハセガワの零戦32型とブリュースター・バッファロー、タミヤのメッサーシュミットBf109 E-3と晴嵐、ファインモールドの紅の豚(Savoir S.21F)、MPMのフォッカー D.XXIと一気に5機仕上げる予定です。

長い夜になりそうです。がんばるゾ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.06

連休明けて…

ゴールデン・ウィークも終わりました。連休が明けたものの、この連休の間は、ウェブにも模型にも触らずじまい。5月2日には甲子園球場に行き、阪神・ヤクルト戦を観戦(9対3で阪神の圧勝!)。その翌日は、六甲山牧場に行ってチーズフォンデュを食した後、百万ドル(?)の夜景を楽しもうと思ったものの、天気が急変し霧で何も見えず。翌4日は朝から雨で、早々に東京に戻ってきました。5日はちょっと仕事して、今日から通常稼動です。

今週末は展示会に向けて、ほとんどできている作品のブラッシュアップ(零戦32型、ブリュスター・バッファロー、Savoir S.21F<紅の豚です>、Messerschmitt Bf109 E-3、晴嵐)と、うまくいけばFiat CR32 Falcoの完成に漕ぎつけようと思っています。

ところで、4月22日にご紹介したAirfixのHawker Hartのキットがイギリスから到着しました。さすがにデカールは厳しいものがありますが、その他は問題なさそう。展示会の後の課題は、Hawker兄弟(Woodcock、Demon、Fury、Hart、それからHurricane Mk.I)の製作ということになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »